クルドラ

メルセデスベンツAクラスの値引き相場レポート【グレード別・2024年3月最新】実販売データから合格ラインを算出!納期、リセール情報も

最終更新日 2024/2/27

メルセデスベンツのエントリーモデルとなるAクラス。既に4代目となり、マーケットでも高い存在感を放ちます。

グローバルでは、同じセグメントのベンチマークであるVWゴルフをついに販売実績で上回りました。昨年セダンも追加となりバリエーションが充実したAクラスですが、そんなAクラス購入を考えている方が一番気になっているのが”どのくらい値引きが可能なのか“だと思います。

この記事を読めばわかること

  1. Aクラスの効率的な値引き交渉のやり方
  2. グレード毎の適正な値引き額
  3. ライバル車はワールドクラスのCセグメントが揃う
  4. Aクラス同士を競合させるコツ
  5. オプション値引きとオマケしてもらう方法

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないような情報が手に入るかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がメルセデスベンツの営業マンをしているので現場のリアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とAクラスのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2024年3月最新】

Aクラスの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉35万30%
ライバル車を出して交渉30万20%
特に交渉なし18~21万0~5%

値引き難易度:緩い リセール価値:C+

攻略の決め手はゴルフとの競合。ヤナセ店とシュルテン店を競合させるのも有効。

4代目Aクラスも発売から4年が過ぎ、マイナーチェンジも経て後期モデルへと進んでいます。そのため値引きについても、話の分かる商談が増えています。メルセデスベンツディーラーとなれば敷居が高いイメージを持つ方もいるでしょうが、近頃はFFベースのラインナップも充実し、営業マンも国産車からの乗り換え、競合などは手慣れたもの。

遠慮せずにガンガン行きましょう。商談レポートには30万円を超える特大条件が引き出せたものもありますよ。

モデル後期に入っていることを前提に粘れば好条件は必ず引き出せます。

管理人

「BMW1シリーズの条件を伝えると、かなり値引きしてくれた」

「車両本体値引きはそこそこでも用品サービスが大盤振る舞いだった」

などの口コミが上がってきています。

グレード別の値引き相場

ハッチバック

グレード車両価格(税込)値引き相場
(付属品含まず)
A180498万円27万円
A200d558万円30万円
メルセデスAMG A35 4マチック754万円34万円
メルセデスAMG A45 S 4マチック+922万円36万円

セダン

グレード車両価格(税込)値引き相場
(付属品含まず)
A180 セダン505万円28万円
A200d セダン570万円30万円
メルセデスAMG A35 4マチック セダン761万円34万円

管理人

ワンポイント


納期が改善される車種が多く新車を買いやすくなっています!

新年セールは割安に購入するチャンス!
"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、購入者への聞き取りなどの上位30%の平均で算出しています。

グレードやオプションによって差が出ますし、目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで調整しましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本!

自動車市場で高い人気なのはSUVミニバンで、国産Cセグメントのハッチバックやセダンは実は風前の灯。カローラやマツダ3が残る程度で、今このクラスを考えるなら輸入車の方がはるかに選択肢があります。
Aクラスのライバル筆頭は、BMW12シリーズアウディA3Aクラスと同じくセダンボディを持つところではライバルガチ勢でしょう。

その他にも北欧の雄ボルボV40、フランス勢ではプジョー308など確かに現在このクラスは輸入車が充実しています。これだけあればご自宅や職場の近くにあるディーラーから、競合車種をピックアップできるので商談もしやすいでしょう。その分、しっかりと回って納得いく値引きを勝ち取りたいですね。

管理人

ライバル車を出すことにより競争意識を煽り“どちらにするか本気で悩んでいる“と思わせれば、気持ちを変えさせるため更に値引きを引き出せる場合もあります。

参考に次の記事も読んでみてくださいね。

購入者の声

「BMWと競わせてうまくいきました」

東京都 男性 40代
グレード:A180
値引き額:車両本体25万
サービス:オプションから20%値引き

BMW1シリーズボルボV40Aクラスのどれかを買おうと考えていたんですが、近くにあったベンツのディーラーで試乗してみてAクラスに決めました。値引きは最初から20万円とまあまあのものをいただいたのですが、目標が25万だったので粘って交渉することに。

「実は妻がボルボがいいんじゃない?って話しててどちらにしようか迷っている。私自身はよくしてくれるあなたから買いたいんだけど」
と営業マンの気持ちに訴える作戦に出たところ、明らかに表情に変化が…

営業マンが「これ以上は私では決済できないので店長に相談してみます」と奥で5分くらい話した後戻ってきて25万円までなら値引けます。これが限界なのであとは下取り車を3万高くします」とのこと。

オプション値引きも含む総額では37万円引きまで出て、妻も大喜びのとても満足できる買い物になりました!

Aクラス同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、経営資本の異なるメルセデスベンツ店同士競わせる方法も有力です。

メルセデスベンツディーラーといえば一昔前はヤナセで決まりでしたが、現在はメルセデスベンツJAPANが整備するシュテルン系のディーラーが増えています。ヤナセはヤナセですが、シュテルンについては地場の自動車屋さんといった感じで独立資本の販社が多いです。

従ってシンプルにはヤナセvsシュテルンのディーラーで同士競合が分かりやすですが、しっかりと調べればシュテルン〇〇vsシュテルン〇〇競合もいけますので忘れずに!

行ける範囲の経営資本の異なる複数店舗を回って他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えればさらに条件が良くなることも期待できます。

管理人

手間も掛かりますが多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。
そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

購入者

「Aクラス同士の競合が効いた」

愛知県 30代 男性
購入したグレード:A200d
値引き額:25万円
サービス:ボディコーティング

感想:以前から付き合いのあるヤナセAクラスの見積もりを取ったところ、値引きは15万円。。。

ヤナセは厳しいと聞いたこともあり、それでは妻のOKがもらえないため別系列のシュテル系のディーラー2店で見積もりを取りました。

良い方は20万円まで出たので、近所の方に戻って「あっちは25万まで値引きしてくれたよ。今のままなら向こうで買っちゃうよ?」と多少話を盛って伝えてみると、営業マンも「いや~わかりました。こちらもご近所さんを取られたくないですし、同じ25万円までアップします。さらに即決ならボディコート5万円をサービスします。これからもお付き合いよろしくお願いします!」とダメ押しまで獲得できました!

面倒くさがらずに足を延ばしてよかったです。

オプション値引きはマストです!


オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイント

営業マンにお願いするだけなので手間もかかりません。Aクラスの場合は選択用品価格概ね25%程度目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「最後にこのオプション品を”おまけ”で付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとした純正アクセサリーなら付けてもらえることもあります。

具体的には…

純正防水シートカバー
パフュームアトマイザー
コンフォートシステムハンガー
コンフォートシステムテーブル
純正ウェットティッシュホルダー
折りたたみ収納ボックス

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙いましょう。具体的には取付工賃がかからないものを選ぶのがポイント

また、ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒メルセデスベンツAクラスの厳選おすすめオプションはどれ?

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

 

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

管理人

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ」などと勝負を賭ける方法もあります。
ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせ値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は6か月と思いのほか短め?

世界的な半導体不足やロジスティクス網の停滞などから、新車の納期が異常に長く掛かっていましたが、一部では生産や工場稼働が軌道に乗りはじめたメーカーもあります。しかしメルセデスベンツBMWなど欧州メーカーはロシアとウクライナの戦争の影響もあり、未だ厳しい見通しです。

Aクラスについては通常にオーダーを入れると半年程度納期になりそうです。それでも1~2年などと言われるメルセデスベンツのSUV系モデルに比べればまだマシな方でしょうか。

納期が気なる方は各ディーラーの保有している在庫車を狙いましょう。先行オーダーで輸入しているモデルは、比較的ウレ線のカラーやオプションになっていて選びやすく、系列の違う複数店を回れば1か月程度での納車も夢ではありません。

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

Aクラスの魅力はココだ!

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

メルセデスベンツのエントリーモデルであるAクラス。「小さなメルセデス」として大いに話題となった初代モデルの誕生から早4半世紀が過ぎ、現行モデルは2018年に発売となった4代目Aクラスです。

Aクラス2代目までが独特な二重フロア形態を持つ風変わり(?)なBセグメントハッチバックでしたが、先代にあたる3代目からCセグメントへとステップアップ。5ドアハッチバックに加えセダンも用意し、そのフォルムはVWゴルフなどをライバルとする正統派なものへと転身しました。

4代目のエクステリアの特徴は、昨今のメルセデスベンツ流デザイン言語に則ったもので、過度なキャラクターラインなどを控え、シンプルながらも面の構成で魅せるデザイン。もっともこれは日本でもマツダは既にその路線を極めつつあり、BMW最新モデルなどを見てもこれが世界的なトレンドだと感じられます。

フロントマスクは逆スラントしたグリル形状に、吊り上がった薄いヘッドライトがシャープな印象を与え、シャーク(鮫)マスクと呼ばれています。
ハッチバックセダンの違いですが、2730mmホイールベースは両車共通。一方、全長セダン130mm長く、独立したトランクルームはハッチバックよりも容量50リッター広くなっています。

マイナーチェンジで内外装をブラッシュアップ

2023年初頭にAクラスマイナーチェンジが実施されていて、エクステリアにも変更を受けています。前後バンパーリアディフューザーアルミホイールのデザインが変わり、さらにボンネット中央にはパワードームと呼ばれる2本のラインが設けられ存在感が高まりました。
またAMGラインパッケージを装着した場合のフロントグリルは、従来の四角いドット模様ではなく、“スリーポインテッドスター”形状のドットがちりばめられている凝りようです。

引用:https://www.webcg.net/

インテリアも正に現在のメルセデス流と言えるタブレット2枚並べたような横長ディスプレイ、ジェットエンジンのタービンを模したエアコン吹き出し口など、上位セグメントのモデルと同じ意匠となっています。こちらはマイチェンのタイミングで、従来センターコンソールにあったインフォテインメントシステムを操作するタッチパネルが廃止され、小物入れへ変更。また、ステアリングはリムに静電容量式センサーが組み込まれる3本ツインスポークホイールへと換装されました。

現行Aクラスがデビューしたときに話題となったのが、”MBUX(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)”を搭載したこと。これはAIを取り入れた自然対話式音声認識インターフェイスのことで、エアコンオーディオカーナビなどの操作や設定が普段しゃべっているような声色で可能となります。「ハーイ、メルセデス」とCMでも盛んに流れていましたね。
こちらもマイチェン最新世代へとアップデートされ、地図を表示したままオーディオ操作が行えたり、カメラ画像ルート案内を重ね合わせて表示する”ARナビゲーション”も使えたりなど操作性が向上しています。

パワーユニットには1.3ℓ直4ガソリンターボ2.0ℓ直4ディーゼルターボ2機種を設定。いずれもマイナーチェンジ前と同じスペックで、トランスミッションもガソリン7段DCTディーゼルには8段DCTが引き続き搭載されています。

クラスのグレードと価格

現在販売されているAクラスグレード構成車両本体価格は以下のとおりです。

ハッチバックセダンともにガソリンディーゼル搭載モデルを1車種ずつ揃え、計4グレード展開となります。2022年モデルまでPHEV(プラグインハイブリッド)のA250eが設定されていましたが、今後は不明ながら2023年の現時点では一旦カタログから消えています。また、4MATICと呼ばれる四輪駆動の設定もありません。

現ラインナップでもっとも安価なモデルハッチバックA180。かろうじて500万円を下回るスタートプライスになっています。但し、実際のところはAクラスの魅力であるMBUXなどの最新インフォテイメントシステムARナビゲーションなどを備えようと思えば、すべてメーカーオプションとなるため追加費用が掛かります。ちなみに前述の2つのオプション代は計71万円。さらにカッコ良いAMGラインも選びたいとなればアッという間に600万円に迫ろうかという価格になります。

Aクラスと言えど、やはり安くはありませんね。

AMG仕様のAクラスは性能も価格も別次元!

メルセデスベンツ・ラインナップの常ですが、AクラスにもAMGモデルが用意されています。
AMGエントリーモデルとなる”AMG A35 4MATIC”はハッチバックセダン両方に設定。ハッチバックにはさらに強心臓が与えられた”AMG A45S 4MATIC+”も用意しています。

AMG A35 4MATICは最高出力306PS、最大トルク400NmM260型2.0ℓ4気筒ターボエンジンを搭載。先のマイチェンではこれにスターター兼ジェネレーターのモーターと、容量約1kWhリチウムイオン電池を搭載し48Vマイルドハイブリッド化しています。またエクステリアも縦ルーバー型となるAMG伝統の「パナメリカーナグリル」が採用されました。

AMG A45S 4MATIC+はエンジン構成こそ同じ2.0ℓ直4ターボですが、一基ごとに一人マイスターが手作りで組み上げる逸品。完成機には生産者の名前が刻まれ、その最高出力は何と421PS最大トルク500Nmを絞り出し、排気量に対しての最高出力はもちろん世界最強クラス。ノーマルボディから54mmも拡大されたフロントフェンダーや、跳ね上がったリアスポイラー上リップスポイラーなど、AMG A35が大人しく見えるくらい只モノでない感が伝わるルックスです。フツーのAクラス2倍近くとなる車両価格も当然只モノではありませんが…

Aクラスのおすすめグレードはどれ?

グレード構成表のとおり、2023年モデルはとてもシンプルなラインナップ。
まず検討するのはボディ形状ですが、軽快なハッチバックも上質なセダンもそれぞれ魅力がありますので、ご自身の主観でどちらを選んでも満足度は高いでしょう。
その上でとなりますが、基本ボディをハッチバックとして考えた場合のセダンおすすめポイントを考えてみます。

前段にもあるとおり独立したトランクルームを持つ3BOXスタイルは、やはり2BOXのボディに比べるとフォーマルかつ上質な印象を与えます。実際セダンの方が全長130mm長くなっていることも影響しているでしょう。

けっこう前になりますが国産車にもハッチバックセダン化したモデルは、フィットアリアティーダラティオなどありました。けれどもお世辞にもカッコ良いとは言い難いところもあり、比べるとAクラスはさすがのデザインワーク。もっともアウディA3セダンBMW2シリーズグランクーペなどを見るとドイツ勢全体に言えることかも知れませんね。

おすすめはセダン+ディーゼルエンジンのA200d

セダンノッチ部(トランク)の効能で空力特性ハッチバックより上回っていますから、燃費面でも若干有利です。また、メルセデスベンツセダンの中で唯一となるFFセダンであることも注目ポイント。Cクラスより上のセダンはすべてFR(もしくは4WD)です。FF車のメリットである広い室内空間(特に後席)は、ボディサイズの大きなCクラスとほぼ同等であり、Aクラスセダンオススメする大きなポイントです。

エンジンもガソリンディーゼルかの選択となりますが、ここは後者オススメメルセデスベンツディーゼルは、排ガスクリーンさで他社に先駆けているうえ、まるでガソリンエンジンのような回転フィールと言われています。これにはガソリンモデルには未導入の、8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用している効果もあるでしょう。

引用:https://www.webcg.net/

価格差は約30万円ほどありますが、600万円近い買い物となるこのクラスの場合には、十分価格に見合ったメリットを感じられるはず。クルドラ的結論としてはセダンA200dおすすめグレードとしてイチ推しです。

ライバル車比較:ジャーマンブランド対決アウディA3

Aクラスライバルは多々ありますが、本稿では同じジャーマンブランドからアウディA3をピックアップします。

A31996年に登場した当時アウディエントリーモデル。ベースは親会社にあたるVW(フォルクスワーゲン)のゴルフになっていて、初代モデルからCセグメントハッチバックでした。そのためAクラスとは、同車がCセグへと移行した3代目モデルより真のライバル関係となります。ともにハッチバックが基本ですが、セダンについてはA32013年3代目時代から設定したのに対し、Aクラス2018年4代目からなので後追いした格好です。

現行A32020年フルモデルチェンジを受けた4代目スポーティなデザイン、高効率化されたエンジンと洗練されたサスペンション、よりデジタル化した操作系高機能になったインフォテイメントシステムを誇ります。先代同様にセダンも用意されますが、3ドアハッチバックカブリオレなど(共に日本未発売)は消滅しています。
アウディ5ドアハッチバックを「スポーツバック」と呼称していて、日本ではそのスポーツバックセダンを販売中です。両ボディともに1.0ℓ直3ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド2.0ℓ直4ガソリンターボをラインナップ。2.0ℓの方にはアウディ自慢の四駆方式=”クワトロ”が採用されています。

引用:https://response.jp/

ドイツを代表するプレミアムコンパクトは互角の勝負

A3Aクラスはどちらもプレミアム・コンパクトを標榜していて、スペース効率を重視したFF車が基本となるところも同じ。価格帯を考えてもこのクラスになると、ADAS系を含めそこまで大きな違いはなく、まずは買う方の主観によりどちらのデザインが好みかで選べるでしょう。

その上で些細な違いを挙げるとA3マイルドハイブリッド仕様があり、比較的軽めな車重と相まって燃費性能ではPHEVモデルがなくなったAクラスを上回ります。

一方でAクラスにはA3にないクリーンディーゼルがあり、トルク感のある走りや軽油ランニングコストに惹かれる方も多いでしょう。

またさらに過激なホットモデルを希望する場合も、Aクラスには前段でご紹介したAMGモデルA3にもほぼ同じコンセプトになるRSモデルが用意され、まさに互角の両車だと言えます。

引用:https://www.webcartop.jp/

以上、メルセデスベンツAクラス値引き相場レポートをお届けしました。

 

スポンサーリンク

メニュー