クルドラ

アイオニック5(IONIQ5)の値引き相場レポート!【どこよりも詳しいグレード別・2024年6月最新】実販売データから出た合格ラインを算出

最終更新日 2024/5/30

12年ぶりに日本市場へ再上陸を果たした韓国ヒュンダイ改めヒョンデ。新たなラインナップに通常のエンジンモデルは用意されず、電気自動車の「アイオニック5」と水素自動車の「ネッソ」の2車種で勝負します。

2つの内、アイオニック5純バッテリー車EVなので気になる方も多いのではないでしょうか。そんなアイオニック5購入を考えている方が一番気になっているのが“アイオニック5は値引きが可能なのか?“だと思います。

あなた
アイオニック5は出たばかりだし、どうせ値引きなんて期待してもムダでしょ・・・

そもそもネット販売なのに商談なんてできるの??メルカリじゃないんだから…

しかし、まだ諦めるのは早いんじゃないですか?

世の中には価格なんて気にしないといった成金さんも確かにいますが、実際に苦労して財を成した方々は本当に賢いお金の使い方をしています。

管理人
管理人個人も、この記事を読んでくれているあなたには見栄を張って高い買い物をするのではなく、得できるところはしっかりと得して欲しい考えています。

そこで今回はアイオニック5

  • ・ほんとに値引きは「ゼロ」なのか?「実態」は?
  • ・支払い総額を少しでも節減できる方法
  • ・アイオニック5の魅力は?

について考えていきたいと思います。


値引きの相場・限界は?【2024年6月最新】

アイオニック5の値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉ゼロなし
ライバル車を出して交渉ゼロなし
特に交渉なしゼロなし

と、なんとも取り付く島もなしといった感じですが、アイオニック5ヒョンデは今のところディーラーがないためインターネットによる販売のみとなっています。

そのため商談をする営業マンもいないし、下取り査定してもらうこともできません。

要は完全”ワンプライス“となっています。付け加えるとアイオニック5メーカーオプションディーラーオプションも一切設定がないため、OP値引きといった考え方もないわけです。

一切値引きはゼロなのかというと、実態は少し違っています。

グレード別の値引き相場

グレード車両本体価格
(税込み)
値引き相場
(付属品含まず)
IONIQ 5479万ゼロ
IONIQ 5 Voyage519万ゼロ
IONIQ 5 Voyage AWD549万ゼロ
IONIQ 5 Lounge559万ゼロ
IONIQ 5 Lounge AWD599万ゼロ

さて、それだけでは本稿も終わってしまいますので、アイオニック5お得に購入するにあたって検討すべきことをいくつかご紹介していきます。

特別購入サポート価格車を狙う!

現在、アイオニック5を購入するにはホームページによるネット販売だけしかありません。

昨年7月に日本初のヒョンデ直営拠点ヒョンデカスタマーエクスペリエンスセンター横浜」がオープンしています。そちらでは展示車試乗車の用意、アフターサービスを受けることはできますが、購入するにはあくまでネット経由です。

ネット販売のステップとしてホームページには「購入相談のお申込み」があり、メールで担当者と質疑応答ができるようにはなっていますが、ディーラー営業マンと交渉するわけではないので、あくまで購入の段取りを案内してくれるのみ。

メールで値引き交渉でもできればいいのですが、今のところワンプライスなのでそちらは管轄外です。

でもあきらめるのは早計ですよ。ホームページ内の「早期納車」のタブをクリックすると「早期納車可能な車両」というページへ移動します。

そこには執筆日現在で40台ほどのアイオニック5が掲示(1台だけネッソあり)。定価に線引きがされ、その下に値引きした価格が記載されています!これらが「特別購入サポート価格車」となっていて、すべて11万円ほど安い価格になっています。

モデルはほとんどが最上位の”ラウンジ”グレード“になっていますが、ボディカラー4WDなどはいくつか選べるようになっていました(変動あり)。

特別購入サポート価格車本体値引きのほかに、「充電費用10万円分サポート」「0.9%特別低金利」の特典もあり、しかも納期1か月という早期納車が可能となっています。

どうしても下位グレードが欲しい方は別ですが、今アイオニック5を狙うならこのサポート価格車を選ぶのが絶対お得です。当たり前ですが、掲示車各1台限りでしょうから検討するならお早めに!

現在の車を少しでも高く売るのがカギ!


アイオニック5購入は上記のとおりなので、現在乗っているクルマをディーラー下取りに出すなどはできません。

そこで今お使いのクルマは買い取り専門店へ出すことになります。もっとも昨今、下取りについてはディーラーへ出すよりも専門店へ出す方がお得と言われるようになってきました。

他にもオークション個人売買など方法はあるため、ディーラー下取りできないという点は、さほどアイオニック5購入する場合のマイナスとはならないでしょう。

そこで大事になるのが買い取り額をいかにアップさせるかです!

買い取り額を大幅にアップさせる方法

少し調べれば分かりますが、買い取り専門店は本当にたくさんの店舗があります。コロナ禍の一時期、中古車価格が高騰したこともあって、買取市場は旺盛です。

しかし一軒一軒、買い取り専門店を回るのは手間も時間も掛かりすぎますよね。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です
ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可                           ↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓

※査定額だけ確認して、すぐに売らなくてもOKですよ!

管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて
「あのとき買い取り査定しておけば・・・」
と後悔している人は多いです。
やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください!

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

アイオニックの納期はどうなっている?

アイオニック5納期ですが、通常にオーダーすると日本に到着してから1か月程度と言われています。

問題は日本到着するまでにどのくらいの時間が掛かるのかですよね。ヒョンデの直近の業績は2023年第1四半期(1~3月)の世界新車販売台数102万台超と前年同期比は13.0%増。コロナ禍も明けて同社受注数量増加していることから、普通に考えれば3か月前後は掛かるでしょう。

上陸後の1か月を加えるとやはり4~5か月待ちは覚悟が必要です。

お急ぎの場合はグレードボディカラーが限定的になってしまいますが、前段の「特別購入サポート価格車」の中から選べば1か月でガレージに収めることができますよ。

アイオニック5の魅力はココだ!

2009年を最後に日本から撤退していた韓国メーカーHYUNDAI”が2022年、およそ12年ぶりに再上陸を果たしました。

スポンサーリンク

撤退した当時と現在では同社のレベルは段違いで、KIAを含むグループの世界販売台数700万台を超えていて、トップを走るトヨタ960万台(2022年度)には及ばずですが、今や世界第3位を競う自動車メーカーなのです(ちなみに2位はフォルクスワーゲングループ)。

引用:https://www.netdenjd.com/

韓国ヒョンデが2本の矢で日本へ再上陸を果たす

再上陸後の社名表記はそのままですが、日本語読みは以前の「ヒュンダイ」から「ヒョンデ」へと変更され、その第一弾となるラインナップ2車種電気自動車(EV)と水素燃料電池車(FCEV)の二本立てとなりました。
本稿の主役である”アイオニック5”はその前者に当たります(後者FCEVは”ネッソ“)。

アイオニック52021年に世界デビューしたモデルで、新開発電気自動車専用プラットフォームE-GMPを初採用しています。
そのエクステリアはハッチバック車としてはが高く、直線基調なデザインが高い存在感を放ちますが、モチーフとなったのはヒョンデ初(=韓国初)のオリジナル乗用車である1975年式ポニーです。

引用:https://response.jp/

何ものにも似ていない特徴的な前後ランプは「パラメトリックピクセル」と呼ばれ、文字通りヘッドライトを囲む四角いLEDと、リアコンビランプを構成する無数のドットは正にピクセルフロントリアバンパーおよびボディサイドビューには、かなりビシッとしたキャラクターラインが入り、都会的でシャープな印象を与えます。

一度見たら忘れられないアイオニックは超個性派

大きなバッテリーを積む必要のあるEV車らしく、ホイールベース3mと長いため、その恩恵で車内スペースも広大。4WDモデルであっても前後モーター駆動式なので当然ドライブシャフトはなく、フロアもその分フラットです。

珍しいのは運転席にもオットマンが備わっていて、後席足元スペースの広さと併せ上位グレードの名称とおりラウンジ感の高い仕立てになっています。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

インパネ部の造形もまたイマどきEV風で、ダッシュボードにはメーターパネル用とインフォテインメント用の2枚の大型スクリーンが並ぶデザイン。国産車との違いを感じるのが白基調表示類で、メーター類は基本””と思いがちな中で斬新です。
当然のように旧態依然としたシフトノブはなく、シフトセレクターはウインカーレバーの下にレイアウトされ、シルバーの部分を上に回すと前進、手前に回すと後退、先端を押すとPレンジになります。

アイオニック5RWD(後輪駆動)とAWD(四輪駆動)の二つの駆動方式となっていて、前者のモーターは最高出力217PS、最大トルク350Nmを発生。前輪も駆動する後者 AWDになると最高出力が305PSに跳ね上がり、最大トルクも605Nmスポーツカー並みのスペックを誇ります。

装備が充実しているのもこのアイオニック5の魅力のひとつで、アダプティブクルーズコントロール衝突防止ブレーキシステムリモートパーキングシステムなどの運転支援アイテムはもちろん、リモート操作に対応するコネクテッド機能、ナビゲーションシステムの地図自動更新BOSEプレミアムサウンドシステムは標準、さらに上位グレードにはビジョンルーフと呼ばれる電動ブラインド付きの固定式ガラスルーフも用意されます。

引用:https://autoprove.net/

世界的に評価の高いアイオニック5ですが、日本においても2022-2023カーオブザイヤーにおける「インポートカーオブザイヤー」を受賞しました。

日本発売からおよそ1年が経過した今年5月には一部改良が行われ、充電前にあらかじめバッテリー温度を高めておけるバッテリープレコンディショニング機能と、初期充電出力を一時的に高めるブーストチャージングプログラムが新たに採用されています。

アイオニック5のグレードと価格

アイオニック5車両本体価格グレード構成は以下のとおりです。

大きくは3タイプで、エントリーグレードが「無印」の”IONIQ5”、中間グレードが” IONIQ5 Voyage”(ボヤージュ)、上位グレードが” IONIQ5 Lounge”(ラウンジ)となっています。

ボヤージュラウンジにはそれぞれ四輪駆動AWDが設定されています。

また、前段にある2023年の一部改良時100台限定特別仕様車が設定されています。ラウンジAWDをベースグレードとして、物理的サイドミラーに代わって有機ELデジタルサイドミラーを採用。また、ボディカラールーシッドブルーパール専用色を選ぶことができます。価格は専用色619万5000円、今回ラインナップ全体に追加された艶消し塗装アトラスホワイトマット629万円となっています。

ヒョンデの販売方式

再上陸後のヒョンデ実店舗を持たず、販売オンラインでのみ行う方式を導入。メンテナンス等は協力会社(地場の自動車工場など)が行います。この方式日本でも米国テスラ2014年から展開していますし、以前BMWi3などEV車Amazon直販していた実績もありますから、ヒョンデ販売方法がことさら珍しいということもありません。

およそ1年間でのアイオニック5国内販売台数700台ということですから、無店舗販売としてはまずまずの実績といったところでしょうか。

引用:https://anyca.net/

ただ今後ヒョンデ横浜に開設した「Hyundaiカスタマーエクスペリエンスセンター」のような実店舗の展開、およびDeNAが提供するカーシェアAnyca(エニカ)の活用など、ユーザーアイオニック5などの実車と直接触れ合える機会を増やしていくことも表明しています。

アイオニック5のおすすめグレードはどれ?

上記のとおりアイオニック53グレード展開となっていて、ボヤージュラウンジパワーユニットは同一ですが、エントリーグレード無印だけバッテリー容量58kWh、モーター出力125kW(170PS)と低いものが用意されています。これにより車両本体価格500万円を下回り、補助金などを考えあわせればその内容に対して相当リーズナブルにEV車オーナーになれます。

しかし、新参メーカー第一号モデルとして考えたときには、価格よりも装備を重視しておく方がリセールまで考えれば無難です。また特にアイオニック5トヨタ的グレード設定になっていて、上位グレードに行くほどお買い得感が高まります。

ボヤージュラウンジ両グレード共にFR4WDかは選べ、かつ今のところヒョンデ車にはメーカーオプションという設定はないため、後は単純に装備差で考えればいいわけです。

オススメは鬼コスパの上位グレード”ラウンジ”

引用:https://gazoo.com/

上位グレードラウンジボヤージュ装備に追加して、まず大きなところでは本革シート助手席リラクゼーションコンフォートシートリヤ電動シートヒーターヘッドアップディスプレイビルトインドラレコBOSEプレミアムオーディオなど。これだけ付いてFR同士で比較すると約40万円アップなのはバーゲンプライスと断言できます。

4WDで比較すると50万円アップなのですが、これとてラウンジ4WDだけに20インチアルミホイールアルミペダルなどが付いているためで、それが10万円なら悪くありません。

おすすめグレードは”ラウンジ“一択で決まりです。

ライバル車:世界一のEV大国からの刺客”BYD ATTO3

アイオニック5ライバル車を考えたときに、国産モデルにもスバルソルテラ日産アリアなどEV車があるにはありますが、それらよりもより現在のアイオニック5に近い立ち位置のモデルとして思い浮かぶのがBYDATTO3(アットスリー)です。

韓国ヒョンデに対してこちらは中国のメーカー”BYD”。BYD社1995年バッテリーメーカーとして立ち上がり、自動車分野では純バッテリーEVPHEV生産・開発を手掛け、世界70以上地域で展開するグローバル企業です。ちなみにEV車販売台数では米国テスラに続いて世界第2位メーカーとなっています。

引用:https://response.jp/

日本においても既にBYDジャパン2005年に設立されていて、2015年から国内でもEVバスタクシー販売を開始。2023年初頭発売となったATTO3は、国内で初めて一般向け乗用車として販売されるBYDモデルとなります。

現在のBYDエンジン車開発を既に終了しており、今やEV車専売メーカーですから当然ATTO3純バッテリーモデルのみ。全長は4455mmですからCセグメントSUVとなり、アイオニック5より一回り小柄。サイズ的にはマツダCX-30カローラクロスといった感じですが、全幅は1875mmアイオニック5に近い数値となっています。

フロントグリルヘッドライトとつながるパネル形状はどことなくハリアーっぽくもありますが、ATTO3のデザインを担当したのはアルファロメオランボルギーニアウディなどで活躍された方で、美しい曲面が多用されたサイドの造形などは確かに欧州車的にも見えます。

インテリアは遊び心満載フィットネスジムギターの弦から着想を得た若々しいデザイン。縦にも横にもできる大型センターディスプレイはまんまiPadのようです。

駆動用バッテリー容量58.56kWhで、150kW/310Nmモーターを搭載。航続距離は485kmですから、日常使いで不便を覚えることはないでしょう。

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

ATTO3の価格は440万円。さすがバッテリー自社生産しているメーカーだけに価格面では他社にない強みが感じられます。

価格の分はアイオニックの満足度が高い

対してアイオニック5はもちろん車両本体価格およびセグメント観から受ける印象は、あらゆる面でATTO3を超えているのは間違いなく、支払った金額以上の充実度はあるでしょう。それは見てくれの装備類に限らず、特にEV車のキモとなる電池性能なども同じで、アイオニック5超高速充電器さえあれば350kWという能力を持ち、15分もあれば約80%の充電が可能。それでも電池寿命を縮めないというのだから凄い技術です。日本にはせいぜい90kW高速充電器の設備しかない状況なので、当面そのスペックを発揮しきれないのは残念です。

ことクルマに関しては韓国製、あるいは中国製と聞くと幾分下に見る向きもあるかも知れません。日本自動車大国としての自負もあるでしょう。

それでも両車を見ると、少なくともEV市場においては国産勢より何歩も先を行っている感はありますね。

引用:https://www.webcg.net/

以上、ヒョンデアイオニック5値引き相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー