クルドラ

トヨタヤリスの厳選おすすめオプションとナビはどれ?後悔しないために付けておきたいのは…

1999年初代ヴィッツが「21世紀My Car」をキャッチコピーに登場して、早20年令和の世に”ヤリス“と名称変更して4代目モデルが誕生しました。国内外で爆発的なヒットを記録し、5ドアコンパクトカーブームを巻き起こした初代からの系譜新型モデルもしっかりと受け継いでいます。
トヨタ車の中ではカムリプリウスRAV4に並ぶ世界戦略車となるヤリスは、今回プラットフォームからハードウェア内外デザイン全てが刷新された意欲作です。世界のコンパクトカー市場に多大な影響を与えた初代モデル同様に、再び新世代コンパクトとして旋風を起こしそうなトヨタヤリス

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

今回のクルドラでは新型ヤリスを実際に購入しようとした際、気になるオプションについて、厳選したおすすめ品をご紹介していきます!

新型ヤリスってこんなクルマ

前述の通りヴィッツ(ヤリス)はトヨタを代表するコンパクトカーとして、世界中で販売されてきましたが、今回の4代目からは開発に大きな変化がありました。ベース車両は「世界共通」の考え方を改め、日本・欧州といった先進国向け新興国向け別開発としたのです。

そのため日本のヤリストヨタの新開発設計思想TNGAプラットフォームの最終版となるGA-Bを投入、新開発エンジン、情感豊かなスタイリング、質感の高いインテリアなど3代目ヴィッツと比べてあらゆる面で大きな進化を果たしました。

加えて2017年から復帰したWRC(世界ラリー選手権)にヤリスWRCの名称で参戦していることもあり、今回日本においてもヴィッツからヤリス車名変更を行ったのでしょう。

引用:https://clicccar.com/

4代目ヤリスの特徴は”コンパクトで小さいこと”を最大の価値と捉え、ボディ大小によるヒエラルキーにとらわれないクルマ、ファーストカーとして選んでもらえるクルマを標榜。そのため後部座席ラゲッジルーム先代に比べると割り切られた作りで、ファミリーカーというよりはドライバーズカーパーソナルカーとしての面を強調しています。

名前以外全く別のクルマですがイメージリーダーとしてWRCホモロゲーションモデルである「GRヤリス」を頂くなど、新型ヤリスは”走り”についても強い拘りを持っています。

引用:https://motor-fan.jp/

中でも新開発ハイブリッド用エンジンは、高速燃焼3気筒化によって熱効率2%向上させながら、出力約25%高出力化達成しました。

満足度の高いメーカーオプションは?

グレードにより選択できる範囲が違いますが、ヤリスメーカーオプションはざっと以下のとおりです。

ご承知のとおりメーカーオプションだけは新車購入時にしか選べず、見方を変えれば新車購入の醍醐味です。の張るオプションもあるため、選択には気を使うところですがクルドラ的おすすめ品としては以下を推します。

アルミはメーカーオプションがお得!

新型ヤリスは全グレードで樹脂フルキャップ付スチールホイール標準のため、アルミホイールメーカーオプションかディーラーオプションでの選択になります。

引用:https://www.webcg.net/

価格だけで考えれば、標準装着のフルキャップスチールホイール差額分が吸収されること、販売店での取付け工賃不要なことなどから当然メーカーオプションがお得になっています。

例えばGグレードディーラーオプション15インチアルミを付けようと思うと4本分211,200円+タイヤ代(2WDのとき)+工賃が必要ですが、メーカーオプションなら59,400円(2WD)のみです。Zグレードメーカーオプションアルミは標準の15インチ16インチにサイズアップされるためやや高価ですが、それでも82,500円です。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

もちろん肝心のデザインは好き嫌いがあるでしょうから、安くてもが気に入らない等あれば純正アクセサリー社外品から選択するしかないですけどね。

目からウロコ!回るシートは癖になる

「ターンチルトシート」を選択すれば、カンタン操作シート回転しながらチルト(傾く)する機構を装備できます。この手の装備は各メーカー共、福祉車両に用意がありましたが新型ヤリスでは標準モデルへの装備品として展開してきました。

引用:https://www.sankeibiz.jp/

確かに福祉用途に限らず、あれば便利な装備ですよね。特にタイトスカートをはいている時や和服を着ている時の乗降時に役立ちそうなのは容易に想像できます。また、身体をひねる動きが少なくなることから足腰への負担軽減にも貢献してくれるはずです。

回転&チルト後シートは、背もたれを軽く押すことで車内に戻せる機構もあり利便性は高く、標準モデルとしてはトヨタ初採用となるこのオプションおすすめです。

但し、このオプションを選択した場合に同時装着不可装備がけっこうありますから注意してください。また、最上級Zグレードには「運転席イージーリターン機能」(こちらもトヨタ初)が標準装備のため、ターンチルトシートを選択することはできません。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

コスパ高過ぎなコンフォートシートセット

新型ヤリスインテリアはクラスレスな質感の高さを目標として開発され、最上級のZグレードで特にそれを感じます。

「コンフォートシートセット」は、一つ下のGグレード用オプションになりますが、これを加えればほぼトップグレードと遜色ないインテリアが手に入ります。内容盛りだくさんなので以下に別記しますが、これだけ付いて51,700円はかなりリーズナブル価格設定です。Gグレードを検討の方にはぜひおすすめします。

いつか役立つ日がくるかも?

次におすすめしたいのは、ハイブリッド車専用品となりますが「非常時給電システム付アクセサリーコンセント」です。

昨今、地震等の停電時に役立つとして注目が集まるのが、ハイブリッドプラグインHVなどの”電源車”です。近頃では公的機関自治体などでも、導入が進んでいると言います。ヤリス電源車として活躍させるのに必要なのが、メーカーオプションアクセサリーコンセントです。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

コンセント4万円高いと感じる方もいるかも知れませんが、ヤリスのそれは非常時給電システム付1500Wのスペックを誇ります。

これなら調理用のホットプレート電子レンジを作動できるだけの容量となっており、有事の際、こういった家電が使えれば避難時の食事にもバリエーションが出せますし、他にもドライヤー冷蔵庫電源にも使えるためQOL(生活の質)は格段に上がります。

ハイブリッド車の能力を引き出すこのオプション非常時に十分な助けになるはずです。

安全装備はモレなくがイマドキ

新型ヤリス衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense」が”ほぼ”標準装備(相変わらずToyota Safety Senseなしの最安グレード[X”B”パッケージ]を設定している)ですが、安全装備は一度事故を起こせば、オプション代金など吹き飛ぶような修理代賠償が発生する可能性もあり、ここは追加料金を投じてでも考えるべきではないでしょうか。

ヤリスに残る安全装備関連メーカーオプションは、ブラインドスポットモニター(BSM)とリヤクロストラフィックアラート(RCTA)+インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]になります。前者は隣を走る車両レーダーで検知し、インジケーター点灯させて注意を促してくれます。


後者の二つは駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両レーダーで検知し注意を喚起してくれる装備と、周辺監視しながら低速取り回し時の衝突回避、または衝突被害の軽減をサポートする装備です。ガソリン6MT車のみ、ブラインドスポットモニター単独選択が可能ですが、それ以外のグレードは3点がセットになります(X”B”パッケージ除く)。

セットオプションの部分もあり、その他装備の必要性にもよりますが、ショッピングモール等へのチョイ乗りや駐車時の安全性全グレード(X”B”パッケージ除く←クドい)で一段高まった点は評価できます。

トヨタ初の高度駐車支援システムがヤリスに

駐車が苦手な人にありがたいオートパーキングシステムは、今や軽自動車にも装備される時代となりましたが、今回ヤリスオプション設定された「トヨタチームメイト」トヨタ車初の装備となりました。

駐車したいスペースの横に停車後、アドバンストパークスイッチを押して駐車位置を確認。その後、開始スイッチを押すと、カメラソナーによって周囲を監視しながら、ステアリングアクセルブレーキを制御し、各操作アシストして駐車を完了させます。

スポンサーリンク

これまでのシステムステアリングアシストが基本で、アクセル・ブレーキドライバーが操作しましたが、今回の装備はそれらもクルマが行いドライバーのすることは前進・後退シフト切り替えだけです。

引用:https://www.netz-yasaka.com/

また、併せて駐車枠等のない場所でも車載カメラがその場所を記録。以後その場所を駐車スペース認識させることもできます。こちらは世界初!となる機能で、今のところトヨタチームメイトハイブリッド車専用になりますが、これは付けるしかないオプションでは?

おすすめディーラーオプションをチェック

トヨタは他社に比べるとディーラーオプション充実度はとても高く、エクステリアからインテリアまで実用性機能性に富むアクセサリーが揃っています。

引用:https://clicccar.com/

まずエクステリア関連からトヨタ定番のエアロ等ドレスアップパーツをご紹介。ヤリスにはGRブランドモデリスタ二種類がスタンバイしています。

ルックスと機能に拘ったGRブランド

GRパーツの方は、今回GRヤリス2020年7月から販売をスタートすることもあり、そのエッセンスを感じさせるアグレッシブスポーティルックスになっています。

特にツヤ消しブラックで統一したフロントリヤスポイラーサイドスカートはオリジナルよりも22mm~66mm地上高ダウンさせる造形で、車体をより低くワイドに見せるデザインです。マットブラックに塗装された鍛造アルミも低く構えたデザインにマッチしています。

アクセサリーカタログにはエアロ以外のGRパーツも掲載があり、GRエアロキットを購入される方は「メンバーブレース」もおすすめです。ルックスをこれだけスポーティに装う以上、実際の”走り“に直結する機能パーツとしてチョイスされてはいかがでしょうか。

このメンバーブレースを入れることにより、ボディ剛性が向上しますので、しなやかな乗り心地と安定したロードホールディングを確保できます。

GRパーツで他に気になるものとしては、「GRディスチャージテープ」です。GRロゴ入りのアルミテープですが、ボディ4カ所に貼り付けることで、車体帯電を取り除き車両本来の性能を引き出す、、、そうです。

この件は一時ウソだのホントだの議論が沸いた時期もありましたが、トヨタアルミテープを貼ることで空力燃費が良くなると正式に発表したのは2016年。細かい説明は省略しますが、車体には静電気が発生しており、空気中静電気反発するため空気抵抗悪化します。

アルミを貼ることで車体に発生している静電気を逃がすことができ、空力が改善=燃費も良くなるという論法です。少し検索すると色々なクルマ絆創膏のようにあちこちにアルミテープを貼っている画像がヒットします。

引用:https://www.carsensor.net/

性能改善はともかく見栄えはイマイチなものが多く、このGRパーツテープは”GRロゴ“がデザインされ小ぶりなサイズもあって良いワンポイントになる気もします。

トヨタ車にベストフィットのモデリスタ

モデリスタトヨタ市販標準車に対するユーザーの様々な要望を具現化させる組織として1997年に設立されました。既に20年以上トヨタカスタマイズパーツを手掛けており、エクステリアインテリア共に高いクオリティが評価されています。

新型ヤリス用モデリスタパーツは、GRと対象的にクールなイメージに仕立てています。エアロパーツポイントボディ同色にして、ヘッドランプドアミラードアハンドルにキラリと光るメッキガーニッシュを装着しています。フロントスポイラーGRのものより大型で取り付け後の全長33mmもプラスとなります。

モデリスタインテリアパーツの開発にも定評があり、ヤリス用には「おすすめインテリアパッケージ」を用意しました。

インストルメントパネル1個パワーウインドゥスイッチパネル2個シートカバーで構成され、どちらもカラーキャメル統一されています。インテリアパネルウッド調プリントになっている他、シートカバーサイド部ネイビーカラー。さらにワンポイントでチェックのアクセントが入るこだわりの仕上がりです。

パネルカバー別個に購入することもできますが、一体感が素晴らしくぜひセットの装着をおすすめします。

ベーシック用品はお買い得セットあり

純正アクセサリーの定番は、フロアマットドアバイザー辺りですがヤリスでは下記の通りベーシック用品をまとめて値引きしたセットを用意しています。


マットバイザーがどのセットにも共通なのは分かりますが、「ドライブレコーダー」全セットに入っているのはイマ風でしょうか。オーナー用には夜間足元を照らす「プロジェクションイルミネーション」が入っているのが特徴で、単独だとチョイスされるかどうか微妙なアイテムも”セット”にされると「買っとくか」となりやすいのでしょうね。

フォグランプはバイカラーの時代

ヤリスは全グレードでフォクランプ未装備なので、ディーラーオプションで選択します。

単色(ホワイト)のLEDフォグランプもありますが、おすすめは約9,000円高になる「バイカラーLEDフォグランプ」です。

2パターン発光色(ホワイト・イエロー)を手元のスイッチ操作で切り替えができます。特にイエロー色悪天候時(雨や雪、霧など)に周囲へ自車の存在をいち早くアピールし運転サポートします。ひと昔前はイエローホワイトを決め打ちしないといけなかったものですが良い時代になりました。

雪国なら”必需品”がお得なセットに

「スマートアシストセット」は、フロントガラスに付着したをあたたかいウォッシャー液で溶かし、冬季車両始動時をサポートする”霜取りウォッシャー”と離れた場所からリモコン操作でエンジンを始動できる”リモートスタート”の組み合わせ商品。

カタログに記載のイラストを見ると頼まずにはいられないセットです。特に通勤でクルマを使用する方なら冬場の朝、車内が温まるまでのアノ時間の何と長いことか・・・とお感じのはず。確かに少々お高いオプションですが、案外アルミホイールよりも後々ありがたみを実感できるような気がしませんか。

お得なセット価格になっていますので、ぜひご検討してみては?

ナビゲーションはナビキットで用意

新型ヤリス全車ディスプレイオーディオ標準装備されています。そのためディーラーオプションではそのディスプレイに表示させることができるナビキット2種類用意されています。

スマホを使わず、従来と同じ使い慣れたナビ操作地図表示を希望される場合には、ナビキットを選んでも良いと思います。

但し、ヤリスにはディスプレイオーディオ標準な上、コネクテッドカーとしてDCM(専用通信機)も搭載されているので、SmartDeviceLinkを経由してスマートフォンでやりたいことがディスプレイ上で直接操作可能。ナビ案内をはじめ電話メッセージ音楽など、運転中でもアプリを利用できる他、もちろんトヨタ自慢T-Connectサービスも契約の上、利用できます(ヤリス購入者は最初の5年間無料)。

T-Connect契約者はオプションTV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Auto選択できますよ。

ここまでディスプレイオーディオ利用環境標準で整っている以上、ヤリスおすすめナビスマホ利用によるコネクテッド方式でしょう。これが最もリーズナブルであり、また今後クルマナビスタンダードとして定着していくよう感じます。

引用:https://www.goo-net.com/

以上、ヤリスのおすすめオプションのご紹介でした。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>ヤリスの値引き相場レポート!

ヤリスを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

 

 

スポンサーリンク

メニュー