クルドラ

ヴェルファイアの値引き相場レポート!【どこよりも詳しいグレード別・2024年6月最新】生の販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2024/5/30

今やミニバン界では自他ともに認める”横綱“となったアルファードヴェルファイア兄弟。しかし2020年から始まったトヨタ内での販売網再編により、兄弟車ポジションにあるクルマは整理が進められたため、ヴェルファイア次期型は消滅が噂されていました。

ところが2023年のフルモデルチェンジでは、無事に継続されることが発表。むしろアルファードとは違う個性を際立たせるような差別化も行われ、ヴェルファイアファンは大満足といったところでしょうか。

そんな最新ヴェルファイア購入を考えている方が一番気になっているのが”どのくらい値引きが可能なのか“だと思います。

この記事を読めばわかること

  1. ヴェルファイアの効率的な値引き交渉のやり方
  2. ライバル車は不在?競合させるには何が効果的か
  3. ヴェルファイア同士を競合させるコツ
  4. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  5. ヴェルファイアの魅力はココだ!

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないような情報が手に入るかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がトヨタの営業マンをしているので現場のリアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とヴェルファイアのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2024年6月最新】

ヴェルファイアの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体価格OP値引き
限界まで値引き交渉10万円30%
ライバル車を出して交渉7万円25%
特に交渉なし2~3万円0~10%

が合格目標。

値引き難易度:かなり渋い リセール価値:A

新型がついにオーダーストップに。8月までの初期生産分は全て受注済みで、秋の一部改良まで再開は無さそう。販売店によっては仮注文なら受け付けてもらえるようです。

もともと車両本体価格高額ヴェルファイアは、モデルチェンジ直前値引きがかなりの金額に達していたため、新型に切り替わったタイミングとの落差は相当です。

予約受付中のようなタイミングでは値引きゼロを基本としているディーラーがほとんどでしたが、通常販売が始まった頃からは片手程度サービスはあるようです。

それでも総額700万800万もするクルマですから、何とかもうひと声を勝ち取りたいところ。時間が掛かる納期などを”タテ“に上乗せを迫りましょう。

グレード別の値引き相場

グレード名車両本体価格値引き相場
(OP含まず)
Z Premier655万円〜7万円
Z Premier(4WD)674万円〜8万円
ハイブリッドZ Premier690万円〜8万円
ハイブリッドZ Premier(4WD)712万円〜9万円
Executive Lounge870万円〜11万円
Executive Lounge(4WD)892万円〜11万円
管理人

「輸入車のSUVを引き合いに出すと、営業マンの反応がよかった」

「ヴェルファイア同士を競合させて値引き額が増えました」

などの口コミも上がってきています。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、購入者への聞き取りなどの上位30%の平均で算出しています。

グレードやオプションによって差が出ますし、目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで調整しましょう。

ライバル車種と競合させるのは基本!


ヴェルファイアのライバル車として効果的なモデルを見つけるのは中々に難しいですね。少し前なら日産エルグランドホンダオデッセイがそれらしいモデルでしたが、先代モデルならともかく新型になったヴェルファイア相手ではかなり物足りない印象です。

むしろ一気に引き上がったヴェルファイアの価格なら、輸入車ミニバンSUVも十分に競合範疇にあると言えます。

例えばメルセデスベンツVクラスランドローバーディフェンダーなど。ガチの新車比較ではさすがに輸入車勢の方が、さらに一つ価格帯は上がりますが、高年式の中古車だとかなりイイ勝負になると思います。

管理人

ライバル車を出すことにより競争意識を煽り“どちらにするか本気で悩んでいる“と思わせれば、気持ちを変えさせるため更に値引きを引き出せる場合もあります。

参考に次の記事も読んでみてくださいね。

関連記事
エルグランドの値引きレポート                                                                                              ⇒オデッセイの値引きレポート                                                                       ⇒Vクラスの値引きレポート

ヴェルファイア、ライバル車にもそれぞれに良いところと悪いところがあるので「ヴェルファイアのココが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒買って後悔しないために知っておきたい、アルファード/ヴェルファイアの口コミ不満点8つ!

ヴェルファイア同士を競合させて大幅値引きも!

さらにヴェルファイア同士競合させることも効果的です。

全てのトヨタ車2020年からトヨタ全チャンネルで売られているので同士競合は簡単です。少し前まではヴェルファイアライバルとして、トヨタ店専売となっていた兄弟車のアルファードをぶつけるのが常套手段でしたが、今や同じ店舗どちらも売っているのでそのパターンは意味を成しません。

同士競合させる場合、経営母体が違うディーラーを見つける必要がありますが、〇〇トヨタネッツ〇〇といった店舗名の〇〇の箇所が違えば基本、別資本と考えていいでしょう。
その複数店舗を回り「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば、さらに条件が良くなることも期待できます。

どの販売店も自分のところで買ってくれないと利益になりませんからね。

※東京の販売店はトヨタモビリティ東京にほぼ統合されてしまったので、都内ではトヨタの同士競合ができません。都内在住の方はお近くの県まで足を伸ばす作戦にしましょう。
購入者

「ヴェルファイア同士の競合で値引きが伸びた!」
福岡県 30代 男性
購入したグレード:HYBRID Z Premier
値引き額:11万円
サービス:QMIセンチュリオンコート、メンテナンスパック
感想:最初に商談した近所のネッツA店での値引きは5万円でしたが、もう少し値引きが欲しかったのでちょっと足を伸ばして佐賀のネッツB店に
そこでA店での値引きを見せると・・・

「もう少し値引きできますのでぜひうちで契約してください」と期待通りの言葉が!
念のために他のトヨペット店にも行ってみましたが値引きがいまいちだったのでB店に決めました。
メンテナンスパックとコーティングも付けてもらえたので満足いく結果になりました。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。

サブディーラーメーカーから直接仕入れができるわけではなく、正規ディーラーから業販(業者販売の略)という形で新車を卸してもらいます。そのため利幅の大きいクルマほどサブディーラーでは売りやすいため、ヴェルファイアのような高額商品はけっこう取り扱いが多いはずです。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

管理人

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでぜひチェックしてくださいね。

オプション値引きはコスパ良し

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。

営業マンにお願いするだけなので手間もかかりません。トヨタの場合は営業マン個人の裁量で、メーカーOPは5%まで、ディーラーOPは20%まで値引きを出せると言われています。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「最後にこのオプション品を”おまけ”で付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとした純正アクセサリーなら付けてもらえることもあります。

具体的には

リヤマルチボックス
サンシェード
コンソールボックスインナートレイ
ラゲージソフトトレイ
スマートクッショントート
ヘッドレストピロー
GRカーボンナンバープレート

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙いましょう。具体的には取付工賃がかからないものを選ぶのがポイント

また、ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

 

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

管理人

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ」などと勝負を賭ける方法もあります。
ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせ値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は1年以上の気構えが必要

誰もが予見したように新型発売と同時に爆ウレとなっています。そもそもアルファードヴェルファイアの生産比率は7:3とされていて、ヴェルファイアは不利な状況です。

トヨタでは一旦来年の8月までの生産枠を確定し、それを各ディーラーへ分配することにしました。従って現在8月までの枠を確保しているディーラーは、その中で空きがあるものを販売していく格好です。もちろんもう殆どが埋まっていると考えるのが自然ですけどね。

そうなると今、普通に好みの仕様で発注すると早くても来年の8月以降、つまり1年以上の待機は覚悟が必要。あとは受注停止にならないことを祈るのみです。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

ヴェルファイアの魅力はココだ!

引用:https://vague.style/

2023年6月に行われたトヨタ新型アルファード/ヴェルファイア発表会において、少しクルマに詳しい方なら意外と感じた人も多かったのではないでしょうか。

それはヴェルファイアフルモデルチェンジして継続販売されたことです。

2020年トヨタは極一部を除いた全トヨタディーラーにて、すべてのモデルを購入できるよう体制を改めました。その際いわゆる兄弟車の整理が進み、ルーミー/タンクの内、後者は消滅。同様にアルファード/ヴェルファイアにおいてもアルファードが存続し、ヴェルファイア消滅が予想されていました。実際、先代モデル末期ヴェルファイアは”ゴールデンアイⅢ“の1グレードに整理され、細々と販売が続いていた状況でした。

そのため新型アルファードだけになるとの見方も出ていたわけですが、トヨタヴェルファイアを存続させ、なおかつ先代以上にアルファードとの差別化も図りマーケットへ送り込みました。

派手さは控えめながら凄みが増したスタイリング

新型ヴェルファイアは2度のモデルチェンジを経た3代目新型ではプラットフォームからすべて刷新され、ようやくLLクラスミニバンにもTNGA思想によるGA-Kプラットフォームを投入。高級サルーンとして静粛性制振性燃費走りの質感といった基本性能を大幅に向上させています。

引用:https://www.as-web.jp/

エクステリアは威風堂々たるフロントマスクは健在。但し、先代に比べ”オラオラ感“は薄まり、派手目ながらメッキの色使いなどで上質さも感じられます。また先代ほどにアルファードとの”顔の違い”はなくなり、横バー式グリル形状ヴェルファイアの特徴となります。

車内効率が優先されるミニバンゆえ、単純な箱型に見えないようサイド部は抑揚の効いたダイナミック面構成。真横から見るとフロントグリルマークが前めに突き出したようなデザインは、猛牛が前かがみになっているような印象を与えているとか。確かにトヨタマークの代わりにランボルギーニエンブレムが付いていても似合うデザインかも知れないですね。

乗用車のファーストクラスを感じさせるインテリア

インテリアはワイドなセンターコンソールから厚みのあるインパネドアトリムまで連なり、広々とした空間は全席で高い質感を味わうことができます。2列目は新設のスーパーロングオーバーヘッドコンソールが備わるほか、大型のアームレスト電動オットマンなどもあって正にファーストクラス感覚。基本、内装はアルファードと同一ですが、目に鮮やかなサンセットブラウン内装色は、よりプライベートユースを主眼とするヴェルファイアだけのチョイスです。

引用:https://response.jp/

トヨタの予防安全パッケージである”Toyota Safety Sense”は最新バージョンが備わっていることはもちろん、新型ヴェルファイアでは先進運転支援システム”トヨタチームメイト”がより充実しています。渋滞している高速道路でのハンズオフを可能とするアドバンストドライブや、駐車操作を完全自動化した機能アドバンストパークも用意。既に先行発売しているノア/ヴォクシーなどには採用済みですが、スマホを用いて車外からリモコン操作駐車出庫が可能になる機能などは、より車体サイズの大きいヴェルファイアではかなり役立つ機能となるでしょう。

ノア系ゆずりの装備といえば格納式サイドステップ(オプション設定)があります。このサイドステップはスライドドアと連動させるシンプルな機械式なため安価なのが特徴。ノア系では左側のみの設定ですが、ヴェルファイアでは両側に設定できます。

新型ヴェルファイアのグレードと価格

ヴェルファイア車両本体価格グレード構成は以下のとおりです。

上記のとおり至ってシンプルな構成です。グレード構成もシンプルな上、ボディカラーの設定もヴェルファイアではパールホワイトブラック2色のみ。さすがに寂しい気もしますが、これは取りも直さず当面の納車遅延対策の一環でしょう。
極力、選択肢を減らし生産の効率性を高めて納期を早める目論見なのは分かりますが、それでも実際の納期は既に1年近い待ちとなっています。

今は高額グレードおよび黒2択ボディカラーなど、かなり限定したモデルしか選べませんが、今後工場生産枠拡大も伝わっています。余裕のある方はこれからバリエーションが増えるのを待つという手もありでしょう。特に現行型では2列目キャプテンシート7人乗りモデルしかありませんが、先代にあったベンチシート8人乗りモデル投入は確実視されていますからね。

ヴェルファイアのおすすめグレードはどれ?

現行ヴェルファイア2グレード展開Zプレミアエグゼクティブラウンジになりますが、既出のとおりどちらもハイグレードであり、ベーシックグレードという雰囲気ではありません。

エグゼクティブラウンジ後席装備が充実しているのは言わずもがなで、NASAによる安楽姿勢をヒントにした”エグゼクティブラウンジシート”は伸縮可能な電動オットマンと合わせ、全身の筋肉を使わずに着座することが可能。回転式テーブル着脱式リヤマルチオペレーションパネルもシートに内蔵されています。他にもJBLプレミアムサウンド14インチリヤシートエンタメシステムなども標準装備です。

引用:https://dime.jp/

もっともZプレミアムにしても”エグゼクティブパワーシート”には電動オットマン大型アームレストは備わり、10スピーカー付きディスプレイオーディオなど充実した装備です。

兄弟車にない強心臓を持つ2.4ℓZプレミア”に注目!

両グレードでの大きな違いはパワーユニットで、どちらも2.5ℓダイナミックフォースエンジンモーターハイブリッド車は用意。その上でZプレミアムには低燃費でありながら、V6エンジン並みのトルクを誇る2.4ℓガソリンターボが設定されます。このパワーユニットアルファードには設定がなくヴェルファイアのみ。

というのもヴェルファイアタイヤサイズサスペンションの設定だけでなく、フロントのクロスメンバーからコアサポート部ブレースを追加してボディを補強するなど、設計段階からスポーティネスについては、アルファードとハッキリ差別化が図られています。それらを十分に活かすことができるのがZプレミアにだけ用意される2.4ℓガソリンターボなのです。

そうしたヴェルファイアの立ち位置を考えると、現在選べる2グレード体制においてぜひオススメしたいのは2.4ℓガソリンZプレミアになるでしょうか。

ライバル車:まさかの復活を遂げたオデッセイ

新型ヴェルファイアライバルを想定することは至難の業で、国内外を問わず「これが好敵手」と呼べるようなモデル見当たらないとするのが正直なところ。

引用:https://www.autocar.jp/

本来はアルファード/ヴェルファイア誕生のきっかけとも言える日産エルグランドに頑張ってほしいところですが、ご承知のとおり現行型はもう二回り昔の世代。今は新型登場待ちです。
そうしてみると他社Lサイズ以上ミニバンとなると残るはホンダオデッセイだけしかありません。

ところが5代目にあたる前モデルは、2021年末をもって国内生産終了となりラインナップから消えています。しかしホンダオデッセイというブランドへの想いと多くのユーザーから届く復活への要望に応え、前モデルをベースとした改良モデル2023年冬再発売することになりました。

タイミングよく今冬復活する運びとなったオデッセイは、2013年末フルモデルチェンジを行い、その後2017年2020年と二度のビッグマイナーを経てきた5代目モデル。特に2020年改良フロントマスクを中心にエクステリアまで大幅に刷新。まるでモデルチェンジしたかのようなルックスとなりました。このクラスのミニバンでは全高低い部類に属するオデッセイ。歴代では全高1550mmという極端に低車高モデルもありましたが、現行型車内のゆとりも考慮し1695mm。とは言えこの数値でもミニバン勢の中では依然として低さが際立ちます。

全高は低めながらホンダ自慢超低床プラットフォームにより乗降性は優れます。リアドアのステップ高30cmほどしかないため、セダンのように身をかがめて乗り込む必要もありません。着座したあとの頭上空間は、ヴェルファイアよりは低いものの何の不足もなく、キャビン内での移動自由度も高めです。

引用:https://www.gqjapan.jp/

注目の2023年末復活するモデルは、中国で生産され輸入されます。5代目の基本性能を維持したうえでフロントグリルリヤコンビランプアルミホイールなどをブラックに仕上げシャープさを演出。インテリアは本革シート標準となり、2列目には両側アームレスト付4ウェイパワーシートシートヒーター、折りたたみ式のセンターテーブルを採用するなど、さらに快適でゴージャスな室内空間を実現しています。

先進安全装備では”Honda SENSING”へ新たに近距離衝突軽減ブレーキオートハイビーム急アクセル抑制機能を追加。また、車載通信モジュール”Honda CONNECT”を搭載し、安心で快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービスを利用することも可能になります。

走りのミニバンならヴェルファイアかオデッセイか?

正直、新型ヴェルファイア進化が凄まじく、またLLクラスLクラスの違いが感じられる部分もあり、どの点でオッデセイが上、下という判定もし辛いところですが、2.4ℓガソリンターボを持つヴェルファイアは「走り」の面での拘りが窺えます。

当然オデッセイホンダというブランドバリュー以外に低全高低床プラットフォームなどは「走り」への期待値を高めます。ミニバンでもそうした走行性能バリューを求める方には検討できる2台ではないでしょうか。

引用:https://vague.style/

以上、トヨタヴェルファイア値引き相場レポートをお届けしました。

当サイトに寄せられた質問(FAQ)

 

Q販売店に行ったところ、「新型ヴェルファイアはオーダーストップ」と言われました。できるだけ早く手に入れる方法が知りたいです!

Aヴェルファイアの受注再開時期は不明です。半導体の供給状況によって一時的に受注再開などのケースもあるのでダメもとで販売店に購入する意思があること、再開されたら連絡が欲しいと伝えておきましょう。

中古車も異常な高値なのでオススメできません。


メニュー