クルドラ

タンク&ルーミーのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?


おしゃれで快適な室内空間が魅力のコンパクトカー、タンクとルーミー。

トヨタのノアとVOXYのようなテイスト違いの兄弟車です。

タンクとルーミーのどちらにするか、グレードが多くどれにすべきか迷いやすいので、答えが見つからなくなってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、タンクとルーミーのおすすめグレードをご紹介します。

タンク&ルーミーの主要スペックは?

まずは基本スペックからです。

主要スペックは同じで、外観や内装の雰囲気が違う程度となっています。

車種タンク/ルーミー
駆動方式2WD4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高3700mm×1670mm×1735mm3700mm×1670mm×1735mm
室内長×室内幅×室内高2180mm×1480mm×1355mm
ホイールベース2490mm
トレッド1465mm/1475mm1465mm/1445mm
最低地上高130mm
車両重量1070~1100kg1130kg
乗車定員5名
最小回転半径4.6~4.7m
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
IC付ターボ
直列3気筒DOHC
総排気量996cc
最高出力51kW[69PS]/6,000rpm72kW[98PS]/6,000rpm51kW[69PS]/6,000rpm
最大トルク92N・m[9.4kgf・m]/4,400rpm140N・m[14.3kgf・m]/2,400〜4,000rpm92N・m[9.4kgf・m]/4,400rpm
使用燃料レギュラーガソリン
燃料タンク容量36L38L
燃費24.6km/L21.8km/L22.0km/L

タンクとルーミーのエクステリアとインテリア

タンクはコンパクトカーながら煌びやかさと迫力を演出した男女ともに受け入れられるデザインです。

bBの後継車種ということもあり、少しやんちゃないかつさがあります。

カスタムモデルではエアロが装備され車高も低めに見えるので、車のドレスアップが好きな方にも人気です。

 

ルーミーのタンクとの違いは、ヘッドライトから続く大型のメッキグリル。

スタイリッシュでスポーティなタンクよりも、ラグジュアリーでミニバン感のあるデザインになっています。

インテリアは両者同様でカスタムが黒×ブルー、その他がブラック×ブラウンでシンプルさの中に上質感と使いやすさが共存しています。

インパネを水平にすることで前方の視認性を高め、四角いボディとあいまって女性でも狭い路地・駐車場での取り回しがしやすいようになっています。

 

タンク&ルーミーのグレード一覧・価格表!

グレード名・価格も同じ設定となっているタンクとルーミー。

グレードごとの価格は以下のとおりです。

グレード名駆動方式価格
X2WD1,463,400円
4WD1,636,200円
X“S”2WD1,528,200円
4WD1,701,000円
G2WD1,620,000円
4WD1,792,800円
G“S”2WD1,684,800円
4WD1,857,600円
G-T2WD1,803,600円
カスタムG2WD1,771,200円
4WD1,944,000円
カスタムG“S”2WD1,836,000円
4WD2,008,800円
カスタムG-T2WD1,965,600円

ベースグレードとなるXの2WDでは軽自動車と同じくらいの価格設定です。

軽自動車よりもボディが強く、室内空間も広く、市街地での運転でパワー不足を感じたくないという方はタンク・ルーミーにしたほうが良いでしょう。

2WDと4WDがあるので、雪の降る地域や坂の多い地域にお住まいの方でも安心して走行できます。

荷物も多く乗せられるので、アウトドアが趣味という方は4WDを選択したほうが良いでしょう。

しかし、ターボモデルには2WDの設定しかないので、4WDを選択する方はターボを選べません。

タンク&ルーミーのグレードごとの違いは?

グレードごとに装備面などでどのような違いがあるのか比較していきましょう。

まずは標準装備の内容です。

スポンサーリンク
グレードカスタムG-TカスタムG”S”カスタムGG-TG”S”GX”S”X
ホイール15インチ
アルミホイール
14インチ
アルミホイール
14インチ
スチールホイール
エクステリアフロントスポイラー
フロントグリル
メッキ加飾
フロントグリル
メッキ加飾
灯火類LEDヘッドライト
LEDフォグランプ
LEDデイライト
ハロゲンヘッドライト
スライドドア両側パワースライドドア助手席側
パワースライドドア
インテリア本革巻きステアリング(シルバー加飾)ウレタンステアリング(シルバー加飾)ウレタンステアリング
撥水加工ファブリックシートファブリックシート
6スピーカー4スピーカー2スピーカー

 

グレード別標準装備の内容を、下位グレードにオプションで追加した時の料金表は以下のようになります。

オプション内容カスタムG-TカスタムG”S”カスタムGG-TG”S”GX”S”X
15インチ
アルミホイール
175/55R15タイヤ&15×5J標準58,320円
14インチ
アルミホイール
165/65R14タイヤ&14×5J標準標準43,200円
スペアタイヤ10,800円
スーパーUV
カットガラス
標準標準標準標準標準標準17,280円
LEDヘッドライト標準標準標準64,800円
LEDフォグランプ
LEDデイライト
標準標準標準21,600円
サイドエアバッグ
カーテンエアバッグ
49,680円49,680円55,080円
パノラミックビュー43,200円43,200円
イルミネーション
パッケージ
運転席・助手席足元照明
助手席オープントレイ照明
センターフロアトレイ照明
16,200円16,200円
ナビレディ
パッケージ
バックカメラ
ステアリングスイッチ
29,160円29,160円
コンフォート
パッケージ
運転席・助手席シートヒーター
シートバックテーブル
運転席シート上下アジャスター
フロントセンターアームレスト
助手席シートアンダートレイ
22,680円22,680円28,080円

カスタムのポイント

  • ヘッドライトがLED
  • フォグランプが標準装備
  • フロントスポイラーが付く
  • アルミホイールが標準装備
  • シートが撥水加工

 

 

グレードXの注意ポイント

  • パワースライドドアが助手席側のみ
  • ステアリングにシルバー加飾なし
  • 追加できるオプション装備に限りがある

 

各グレードの差額は10万円ずつなので、選ぶオプションによっては上位グレードを選択してしまうほうがいい設定になっています。

特に、Xにいろいろなオプションをつけていこうとすると、つけられないオプションがあるので、カスタマイズしていくには少し不便です。

”S”はスマートアシストⅡ搭載

装備面が同じなのに”S”が付いているグレードの意味は何?というと、衝突回避システム「スマートアシストⅡ」を搭載しているか否かです。

スマートアシストⅡは障害物や歩行者、車線などをカメラやレーダーで検知し、ブレーキ・アクセル・ステアリングの制御を行う運転支援機能です。

最新の車では標準装備化が進められています。

差額は20万円弱となりますが、予算的に問題がなければつけておくことをおすすめします。

タンク&ルーミーのおすすめグレードは「カスタムG”S”」「G”S”」

タンクとルーミーのおすすめグレードは「カスタムG”S”」「G”S”」です。

フロントスポイラーやLEDのランプ類が良いという方にはカスタムG”S”を、ハロゲンライトの方が良いという方にはG”S”をおすすめします。

 

ターボモデルでは少しですが燃費が落ちることと、4WDを選択できないので雪道の走行を想定している方には候補から外れることが多いと考えられます。

そしてXではオプションの選択肢が狭いので、本当にただの移動手段として車が欲しいという方でなければ多少なりとも装備面で不満が出る可能性があります。

装備面の充実、オプションの選択肢、駆動方式の選択肢があり、安全装備も備わっていることから評価が高いのはG”S”になることはお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

ハロゲンライトのほうが適しているのは、寒冷地に住んでる方です。

LEDヘッドライトはライトのバルブが発する熱が弱く、レンズの劣化は抑えられますが冬場の早朝に凍ってしまうヘッドライトをなかなか溶かすことが出来ません。

今までハロゲンやHIDのヘッドライトで冬の朝もライトにはお湯などをかけていなかった方が、LEDヘッドライトの車に乗り換えてライトの氷が解けず危険だという口コミやクレームが多く出ています。

フロントガラスの霜や凍結にはお湯をかけて対処している方が多いかと思いますが、カスタムG”S”を選択する場合にはヘッドライトにも気を配る必要が出てきますので注意してくださいね。

まとめ

タンク&ルーミーのおすすめグレードについてご紹介してきました。

グレード数が多いとその差を理解するのも、装備一覧などを細かく見ないとわからない部分があって大変ですよね。

タンクとルーミーのグレード構成や装備は基本的に同じなので、どちらの車種にするかが決まったら、グレード選びの参考にしてください。

ぜひディーラーで試乗をして乗り心地も確かめてくださいね。

この記事を見てくれた人にはタンク&ルーミーの新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型タンクの値引き相場をレポート!
>>新型ルーミーの値引き相場をレポート!

タンク/ルーミーを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

タンク/ルーミーの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー