クルドラ

カローラツーリングのおすすめグレードを比較して検証!ベストバイモデルはどれ!?

日本の、というより「世界の」と表現しても誤りでないグローバルベストセラーカーの一つであるトヨタカローラ1966年ですから昭和41年初代デビューして以来、五十有余年、絶えることなく歩み続けて令和の世12代目となるモデルが登場しました。

今やSUV軽自動車主役となった市場に、これまでと変わらずセダンワゴンを投入。一足先にデビューしていたハッチバックと併せて不動のラインナップ展開しているのは、トヨタ自動車矜持を感じます。

昨今はモデルチェンジに合わせて車名変更してくるモデルも多くありますが、例えば従来ハッチバック車日本を含む一部地域で「オーリス」と呼称していましたが、今回から「カローラ(スポーツ)」に戻してきました。

このことからもトヨタにとって、いかにこのブランド重要か、また12代目への刷新のこもったものであるのかが伺えます。

今回のクルドラでは、「ローマ一日にして成らず」を地で行く”累計販売台数ギネス世界記録ホルダーである新型カローラワゴンモデルツーリング”を実際に購入する際、選ぶべきベストバイグレードは何かを徹底、比較検証していきます。

引用:https://www.autocar.jp/

新型カローラツーリングはこんなクルマ

12代目となったカローラシリーズはあらゆる意味で従来型一線を画すモデルとなりました。

先代カローラ国内仕様は、日本専売モデルであり基本骨格も5ナンバーサイズを意識して、グローバル向けカローラプラットフォームより一回り小さいヴィッツ用のものを基準設計されていました。

12代目ハッチバックの「スポーツ」を除き、セダンワゴン(ツーリング)は国内向けに若干ナローサイズとなる専用ボディが与えられている点は変わりません。しかし今回は基本骨格の部分TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)のGA-Cプラットフォーム採用する世界共通仕様となりました。

引用:https://www.sun-a.com/magazine/

従来カローラグローバル3タイプベースが存在しましたが、新型からは全世界同じカローラ、”ワン(ONE)カローラ”がコンセプトです。その上でエクステリア各国の事情に合わせて最適化した寸法へ調整して、本当に使いやすいクルマであることを目指しています。

カローラツーリング11代目のワゴン、カローラフィールダーに比べると、全長95mm伸び、全幅50mm拡大しています。全幅の関係でツーリング3ナンバー登録になりますが、エクステリアバランスを考慮すれば、ムリくり1695mmに押し込めなかったのはむしろ英断。

引用:https://4x4magazine.co.jp/

トヨタではプリウスが同じようにモデルチェンジを機に3ナンバー化しましたが、セールス的な落ち込みはなく、もはや是が非でも5ナンバーで、という時代ではなくなっているのかも知れません。開発者コメントでも3ナンバー化に当たっては、大ヒットとなった3代目プリウスサイズ感を意識したとあります(全幅は1745mmツーリングと同サイズ)。

逆に全高15mm低くなっていて、ある程度ユーザー層若返り視野に入れたいトヨタとしては、キーンルックと併せてカッコよくまとめてきた印象です。

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/

ちなみにハッチバックカローラスポーツは、欧州仕様と同じ車幅ワイドボディになっていて、18インチ大径ホイール等の設定も含め、もろにそうしたユーザー層訴求しているのが伺えます。

カローラツーリングのグレードを徹底チェック

カローラツーリンググレード構成は以下の通り、G-XSW×B(ダブルバイビー)の3グレード展開となっています。ひと頃に比べるとどのメーカーのどのモデルグレード構成シンプル化していますね。

カローラツーリンググレードの特徴は、今のところガソリンモデル4WDがないこと、ダウンサイジングターボ6MT車があること、Toyota Safety Senseの付かない廉価ビジネスユース的モデルがないこと、などでしょうか。

歴代カローラ(セダン、ワゴンとも)にビジネス仕様がないのは珍しいのですが、実際には先代アクシオ(セダン)とフィールダー(ワゴン)がグレードを絞って継続販売されているのが理由でしょう。やはりこと仕事で使うとなれば、5ナンバーの方が、、なんて場面は意外とあるものです。

では順にグレードチェックしていきましょう。

ポイントを押さえた装備のG-X

カローラツーリングボトムグレードG-Xです。1.8ℓNAガソリンハイブリッド両方に設定があり、ハイブリッドにはE-Fourと呼ばれる専用4WDシステムが用意されます。

装備充実でアンダー200万円はなし!

トランスミッションオートマ(NAガソリンCVTハイブリッド電気式無段変速機)のみで、スタートプライス最安NAガソリン2,013,000円から。筆者くらいの世代(まぁ昭和生まれ)だとカローラ100万円台がないのは、クルマも高くなったと実感しますが、エンジン1.8ℓとしたことや前述したフィールダー併売されていることも背景にあるのでしょう(フィールダー最安1,698,400円)。

引用:https://www.budgetrentacar.co.jp/

そういうこともあって価格に見合った装備は揃っていて、ボトムグレードながら普段使いには申し分ない感じです。

ルックス足元が少々、15インチスチールホイールキャップと寂しいものの、GA-Cプラットフォーム恩恵を受けた低く構えたスタイリングと、キーンルック精悍マスク上位と遜色なく、ダーク系のカラー等だとけっこう「カッコ良い」部類に入るのでは。

最新Toyota Safety Senseは標準

インテリアブラック一色のビジネスライクで地味な印象ですが、装備関連充実していて、先進安全装備Toyota Safety Sense標準。代替わりする度進化するToyota Safety Senseですが、今回からレーダーレーザー式からミリ波レーダーに変わったことでプリクラッシュセーフティは、夜間の歩行者日中の自転車検知できるようになりました。

その他レーダー&カメラ進化したことで、車線中央を走るようにハンドル操作支援するサポートレーントレーシングアシストや、道路標識カメラ認識してディスプレイ上に表示するロードサインアシストも付きます。

さらに大きいのは先行車を検知し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行するACC(レーダークルーズコントロール)が全車速対応となり、完全停止まで対応できるようになったことです。但し、全車速対応には電動パーキングブレーキ必要になるため、G-Xではハイブリッドだけの機能となり、手動式サイドブレーキのNAガソリン未対応なのが残念です。

ハイブリッドだけの装備をチェック

G-XNAガソリン車ハイブリッド車価格差467,500円にもなりますが、実はパワーユニットACCの違いだけではなく、以下の通りいくつか装備の違いがあります。

引用:https://www.c-osaka.com/

オートエアコンS-FLOWとは、クルマのどの座席が乗っているかをセンサー感知し、乗っているにだけ自動空調するシステムです。エアコン無駄な動作を抑えることで、エンジンから動力への負担が減り、燃費の向上に寄与します。

プラスαの装備で好バランスなS

次に中間モデルとなるSグレードを見てみましょう。パワーユニットG-Xと同じく1.8ℓNAガソリンハイブリッドです。わかりやすくG-Xグレードから何の装備が加わるのかを下記のとおり一覧にしてみました。

エクステリアの変化はわずか

エクステリア変更はごくわずかで、目に付くのはタイヤサイズ1インチアップしてアルミホイールを装着しているところ。後はフロントロアグリルフレーム部黒樹脂からグレーメタリック塗装に変わっていますが、これは言われないと気が付かないかも知れませんね。

さらに見ただけでは分かりませんが、Sグレードならドアミラーオート格納式ヒーター内蔵のものになります。さらにさらに車体を覗き込まないと分かりませんが、Sにはエアスパッツコーナーで発生するロール抑制するスタビライザーフロントリアともに付きます。

引用:https://www.c-kobe.co.jp/

従ってSグレードのポイントは外観よりも、装備素材ワンランクアップすることでしょう。

光るインテリアのブラッシュアップ

安全装備では前項でも触れた電動パーキングブレーキが備わり、全車速対応のACCNAガソリン車にも採用されます。またペダルを誤って踏み間違えても、ブレーキサポートしてくれるインテリジェントクリアランスソナーや、バックガイドモニターも標準です。

Sインテリアでは、ステアリング及びシフトノブウレタンから本革仕様になり、シート素材上質ファブリックへと変更。さらにシフトベゼルドアハンドルドアガーニッシュパワーウィンドウスイッチベース等にシルバー塗装ピアノブラックサテンメッキ加飾が与えられることで、G-Xよりかなりパーソナル感が強調されます。

上級装備に6MT何でも揃うW×B

最上級グレードになるW×Bは、3つパワーユニットを持つのが特徴。G-XS同じエンジンの他に1.2ℓ直4ガソリンターボを用意します。

6MTのみのマニアックグレードあり

以下2枚引用:https://www.webcg.net/

1.2ℓターボにはシリーズ中、唯一レブマッチ機能付き6速マニュアルトランスミッションiMT」も与えられます。

iMT(インテリジェントMT)は、ギアチェンジの際に自動的エンジン回転数を合わせてくれる制御機能で、変速ショックを抑えて素早いシフトチェンジが可能となり、発進時エンストを防ぐレブマッチ機能も付きます。

スポンサーリンク


この1.2ℓエンジンiMTの組み合わせは、2018年に先行して発売されたカローラスポーツから国内初採用となったもので、カローラツーリングにおいてもスポーティグレードとして位置付けられています。

目力アップで個性が光るエクステリア

W×Bエクステリアは明確に差別化されていて、まずヘッドライト3灯式LEDからBi-Beam LEDへと変わります。1灯の光源ハイビームロービームが切替できるBi-Beam LED小型軽量省電力高輝度先進のヘッドライトですが、それ以外にも丸1灯のLEDヘッドライトの”強調されるため、”目力”の効いたシャープフロントマスクに貢献しています。

フロントロアグリルにはメッキ+グロスブラック塗装が施される他、グリル内にはLEDフォグランプも装備。全車標準のリヤスポイラーW×Bならダークメタリック塗装されたものになります。

引用:https://chiba.corolla.co.jp/

タイヤサイズ215/45R17大径化されて、17インチアルミスポーティダークグレー塗装仕上げとなり、わかりやすくトップグレードであることを主張します。

メーター&シートで上級グレードらしさ強調

インテリアでもワンランクアップ装備が奢られ、まず目に飛び込んでくるのはドライバーが常に見やるメーター回り

Sグレードにはメーカーオプション設定の7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイW×Bには標準となります。アナログメーターオプティトロンメーターに変わることと併せ、高い視認性クールグラフィック先進性を感じさせます。またカラーヘッドアップディスプレイは、W×Bだけにしか用意がないオプションです。

次いでこちらも常にドライバーが接することになるシートですが、W×Bスポーティデザインになり、素材合成皮革レザテックによるコンビシートグレードアップレザテックとは織物合皮の質感を付与したもので、基本ファブリックなのですが加工により革の質感も併せ持つシート表皮です。何か言葉で説明するとわかりにくいですね。

引用:https://driver-web.jp/

シートでいえばW×Bだけにメーカーオプションホワイトカラーコンビシート選択できます。ハッチバックのカローラスポーツにはタンレッドシート色が設定されていますが、ツーリング(及びセダン)ではこのオプション唯一カラーシートになり、色々と付加的な機能セットされますのでおすすめします。

なお、カローラツーリングオプション関連については、別ページとなりますが特集していますので、そちらもぜひご覧ください。

>>カローラツーリングのおすすめオプションを徹底調査!

G-Xも悪くはないけどおすすめは?

先代カローラは”取り回しのしやすさ”とか”燃費性能”ばかりが美点として評価されてきた印象がありますが、新型については様々なメディアの車評はどれも”走り”に関するところにプライオリティが置かれています。

引用:https://www.webcg.net/

それはフットワークであったり、シャシー剛性高さであったりといくつかの評価軸はあるものの、全ては新開発思想たるTNGAに基づくプラットフォーム実力によるものでしょう。

ゆえにこれまでのカローラが切り離すことのできなかった”大衆車”、何なら”業務用車”的な視点からベストグレードを考えるのは違う気もします。もちろん絶対的にはフツーの小型乗用車、もとい普通乗用車というポジションではありますが、5ナンバー先代カローラ併売していることからも新型の立ち位置を察することができます。

アンダー200万ならG-Xが魅力的だが

引用:https://www.webcartop.jp/

前置きが長くなりましたが、カローラツーリングパーソナル使用環境前提おすすめグレードを考えたときには、やはり中間S以上になります。

もちろんG-Xも悪くはなく、実際筆者の勤務先の営業車は今年からこのG-Xを使用していますが、仕事で使う分にはACC全車速対応でなくとも気にならないし、NAガソリンながら燃費もいい。カラーなため、駐車場で眺めても「営業車感」をほとんど覚えません。

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/

自分で買ったわけではないので、偉そうなことは言えませんがネック価格でしょうか。先の話しと多少矛盾を感じますが、カローラボトムエンド200万円を切らないのは少し残念。出来がいいだけに「このクルマアンダー200!?」というサプライズが欠けているかなと。

お得なG-XPLUS」が追加発売

メーカーもその点を察してか、今年の5月G-X特別仕様車PLUS」を追加しています。

G-X36,300円アップで以下のような特別装備が付くグレードですが、それでも結局200万円超えるならいっそ上のグレードに行ってしまうのではないかと思えます。

新型ハリアーがムリくりにアンダー300万円グレードを設定しているのだから、カローラツーリングG-Xには価格訴求車としての役割必要ではないでしょうか。

おすすめはNAガソリンのW×B!

以上のようなフリからご想像されるかも知れませんが、同じ200万円を超えるならW×Bグレードエンジンは最も安価1.8ℓNAガソリンモデルおすすめします。

引用:https://www.goo-net.com/

1.2ℓガソリンターボは前述の通り、6速MTだけの特殊なモデルですし、ハイブリッド4WD必要なら選ばざるを得ないですが、そうでない場合は年間走行距離との相談ですね。

年間1km超えならハイブリッドも

ハイブリッドエコカー減税等の優遇措置を差っ引くと、大体NAガソリンより35万円位高額カタログ数値から計算するとNAガソリン燃費(14.6km/ℓ)はハイブリッド(29km/ℓ)の半分程度なので、125円/ℓとした場合だと1kmあたりそれぞれ8.5円4.3円。そうすると35万円価格差走行距離83,000kmほどで回収になります。2回車検受ける乗り方なら、やはり年間1万キロ以上走る人でが取れますかね。

引用:https://www.webcg.net/

ECO・NORMAL・SPORT3つの走行モードを切り替えられるドライブモードセレクター等、ハイブリッドだけの装備もありますが、基本は走行距離で考えればいいでしょう。

価格差以上の満足度があるW×B

SよりW×Bの方を推す理由は、価格差に対するコスパが優れていることです。例によって筆者の主観で恐縮ですが、Sグレードを選んでも絶対選びたいのが7インチディスプレイが付くオプティトロンメーターです。

先にも述べましたが、メーターほど目に触れる機会が多い箇所もないと思いますし、瞬時情報を読み取る必要のあるインフォメーションディスプレイサイズは、大きいに越したことはありません。

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

標準4.2インチディスプレイは(G-Xが社用車なので)仕事でいつも眺めていますが、やはり小さいなと感じています。

そうするとSグレードオプティトロンメーターメーカーオプション選択すると、それだけで77,000円ですから、W×BSの差額148,500円(NAガソリンのとき)の半分以上が埋まる計算です。

だったら残り半額分17インチタイヤ+アルミ、ディテールが冴えるエクステリアと、ステッチ加飾パーツ質感アップインテリアが手に入るわけです。W×Bにはメーカーオプション22,000円LEDフォグ標準なことを考えれば、実質差額5万円程度。お得ですよ、W×Bは!イチ推しです。

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/

まぼろしの2.0ℓエンジン搭載グレード

最後に(今のところ)もう新車購入はできない特別グレードがあったのをご紹介します。

今年6月特別仕様車2000 Limited」が限定500台で発売されました。目玉はTNGA思想に基づいて開発された2.0ℓ直4DOHCダイナミックフォースエンジンを、日本版歴代カローラシリーズの中で初搭載したことです。TRD特装車を除けば、もちろん”史上最強のカローラ“となります。

引用:https://bestcarweb.jp/

エンジンだけでなく、装備10速パドルシフトシルバールーフレール専用ボディカラー専用インテリア専用アルミホイール専用9インチディスプレイオーディオなど専用品オンパレード。これで価格ハイブリッドW×Bよりも安いとキテますので、速攻完売となりました。

トヨタがどこまでこの状況を読んでいたかはわかりませんが、マイナーチェンジ2.0ℓの設定もあり得るかも知れませんね。

引用:https://www.webcg.net/

以上、カローラツーリングおすすめグレードをご紹介致しました。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>カローラツーリングの値引き相場レポート!

カローラツーリングを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

 

スポンサーリンク

メニュー