クルドラ

カローラフィールダーのおすすめオプション7つとナビ、不要オプションを実際の購入者の声から紹介!

カローラフィールダーを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、カローラフィールダーに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のカローラフィールダー購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・最もコスパの高いカーナビ
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

カローラフィールダーで必須のオプション

カローラフィールダーというと、お手頃な小型ワゴンとして、行動的な方々の海へ山へとプライベートでの利用とお仕事等での利用が多いと思います。
そこでそんな方に必須のオプションを考えていきたいと思います。

ルーフレール(¥32,400)


まず、ルーフレールは外せません。

ルーフレールとは車のルーフ(屋根)の上に、前から後ろへという形で、左右にレールにつけるレールですが、これをつけることによって、サーフボードやスノーボード、スキーなどを搭載するアタッチメントをつけることができます。

また、キャリーボックス等を乗っけていろんな荷物を収納することもできます。

これは、お仕事等でハシゴ等の長いものを積む時にも役立ちますから、つけておけばあとあと便利です。

ただし、装着することにより全高が30mm上がりますので立体駐車場を利用する予定であれば、入らなくなってしまわないように注意が必要です。

ラゲージソフトトレイ(¥10,800)


カローラフィールダーはアウトドアでの利用も多いのでラゲージソフトトレイは必須です。

濡れた荷物や汚れ物も気にせず収納できるトレイなので、けっこう雑に扱ってもOK。

脱着も簡単で、丸めてコンパクトに畳めます。

外周縁付が付いているので濡れていても車内に水が入りません。

トノカバー、リヤバンパーステップガードもついたアクティブサポートパッケージ(¥42,660)もありますが、値段もあがりますし、最低ラゲージソフトトレイさえあれば不自由しません。

できればつけておきたいオプション

盗難防止システム(¥46,440)

盗難や車上荒らしといった目には合いたくないと思います。
そこで、スマートエントリーとセットになった盗難防止システム(イモビライザーシステム)はできればつけておきたいです。

スマートキーをつけることで、荷物で手がふさがっている時でも、簡単にドアの開閉ができますし、いちいちキーを探さなくても済みますので、安全性と利便性を考えるとこれは付けておきたいと思います。

スノー・レジャー用フロアマット(¥9,180)

アウトドアでの利用を考えると、スノー・レジャー用フロアマットを購入しておくと実用的です。

普通のフロアマットだと汚れや濡れに弱いですし、悪臭の元にもなります。

フロアに水がこぼれにくい約40mmの縁高形状をしていて、ズボンのすそが濡れにくい段差構造でもあります。

価格も1万円しないので購入時に言えばサービスで付けてもらえる可能性も結構あります。

フロアマット(デラックスタイプ)(¥21,600)


純正のフロアマットはやはり買っておきたいです。

社外品と違って純正品は回転ノブでしっかり固定するのでズレもないですし、デザインもしっくりきます。

LEDヘッドランプ

■写真は1.5G“W×B”。

1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが行えるBi-Beam(バイ-ビーム)LEDヘッドランプは見た目もカッコいいですし、印象がだいぶ変わってきますので、できれば付けておきたいです。

LEDクリアランスランプ付のがオススメです。

※HYBRID G“W×B”、1.8S“W×B”、1.5G“W×B”には標準装備

ウインドシールドデアイサー、シートヒーター、ヒーターリアダクト(¥9,720~)

寒冷地でなくても、冬のお出かけの際などに便利なオプションとして、フロントのウインドシールドデアイサー、シートヒーター、ヒーターリアダクトを挙げます。

ウインドシールドデアイサーは、ワイパーの位置に熱戦を配置することで、寒い朝なんかにワイパーが凍ってウインドに張り付いてしまうのを防止してくれます。

シートヒーターは、シート自体を温めてくれますから、ヒーターを使うほどでない寒さの時でも快適ですし、ヒーターが苦手だと言う方にもぴったりです。
そして、ヒートリアダクトとは、暖房を後部座席へ送ってくれるシステムです。

普段人が乗らない助手席や後部座席の環境というのは見過ごされがちですが、案外寒かったりするものですから、これらをつけること同乗者も快適に過ごしてもらえます。

最もコスパの高いカーナビはT-Connectナビ

カローラフィールダーにはディーラーオプションとして、2種類のカーナビがラインナップされています。

ひとつはナビゲーション機能はもちろん、多彩な機能がふんだんに盛り込まれた上位モデルのT-Connectナビ。もうひとつは機能を抑えることで、安価な価格を実現したエントリーモデルのエントリーナビです。

※T-Connectナビ 7インチモデル

 

管理人

どちらもそれぞれ異なる魅力が備わったカーナビなのですが、個人的におすすめしたいのはT-Connectナビ。

なぜかというと、機能が充実した上位モデルでありながら、他社の標準的なカーナビと同程度のリーズナブルな価格を実現しているからです。

つまり、価格が安いのはエントリーナビですが、コストパフォーマンスに優れているのはT-Connectナビということになります。その特徴を具体的に紹介します。

T-Connectナビ 7インチモデルは視認性も操作性も高い

まず、T-Connectナビの画面サイズは標準的です。ですが、スイッチの数を最小限に抑えたり文字を大きく表示したりすることで、視認性と操作性を高めています。

「VICS WIDE」に対応しているので、ルート案内中にこの先訪れる道路情報を瞬時に解析し、渋滞回避ルートを提案、最短かつ快適に走行できるルートを導き出してくれるとても賢い機能付きです。

スポンサーリンク

また、運転中にカーナビのディスプレイを見過ぎると重大な事故につながりかねません。T-Connectナビはステアリングスイッチや音声操作に対応しているので、ディスプレイに目線を落とすことなく安全にカーナビを操作することが可能です。

Bluetoothにも対応しています。スマートフォンとナビを連携すれば、入っている音楽やハンズフリー通話を楽しむこともできます。

さらに、T-Connectナビは様々なメディアに対応しています。CDやDVD、SDカードを挿入すれば、車内で音楽や動画を楽しむことができるので、遠出する時には欠かせません。

スマートフォンやメディアがなくても、カーナビ自体にAM/FMチューナーとフルセグTVチューナーを内蔵しているため、ラジオやテレビ番組を視聴することもできます。

このように、たくさんの機能が盛り込まれているのですが、ナビオプションを選択すれば機能の幅がさらに広がります。

  • 12.1型 後席ディスプレイ
  • バックガイドモニター(雨滴除去機能)
  • バックガイドモニター
  • ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ)
  • ETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ)
  • ETC車載器(ナビ連動タイプ)
  • ITS Connect対応ユニット
  • iPod対応USB/HDMI入力端子

自分が必要とするナビオプションを選択してください。もちろん、必要なナビオプションがない場合は、必ずしも選ぶ必要はありません。

T-Connectナビの価格は、ステアリングスイッチ付車が146,880〜192,240円(税込)、ステアリングスイッチ無車が145,800〜191,160円(税込)となっています。

必要そうだけど、実はいらないオプション

スペアタイヤ(¥10,800)


意外に思われるかもしれませんが、スペアタイヤは不要です。

海や山へ遠出ということになると旅先でのトラブルというのは一番困りますが、パンクするような舗装されていない道を通ることはまずないですし、パンク修理キットで対応するか、JAFを呼んだ方が早いです。

また、場所を取ることも見逃せません。最近ではスペアタイヤを積んでいる人はあまり見かけなくなりました。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところですよね。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>カローラフィールダーの値引き相場は?評価、評判をチェック!

カローラフィールダーを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

カローラフィールダーの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

管理人
最高額を提示してくれる1社とだけ電話をしたいなら「車査定・買取の窓口見積もり(無料)」がオススメです。
今ならご成約者全員にamazonギフト券5000円分プレゼントと太っ腹!※過去1か月以内に一括査定サイトを利用していないことが条件
車査定・買取の窓口が選ばれている理由
・しつこい電話がない
・最高額の買取会社のみ紹介してくれる
・個人情報は1社にしか公開されない
・入力項目が10個以下とほかの一括査定と比べてかなり少ない

▽車査定・買取の窓口公式サイトはこちら▽
管理人
車査定・買取の窓口ってなに?大丈夫なの?と心配な方は「「車査定・買取の窓口」のメリット・デメリットを他のサービスと比較!」をご覧ください

スポンサーリンク

メニュー