クルドラ

アクアのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

アクアを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

X-URBANの特徴



X-URBANはアクアでは唯一クロスオーバー風の装飾を施したグレードです。

フロントグリル・フロントバンパースポイラー・サイドマッドガード・リヤバンパースポイラー・ルーフモールが専用のものとなっています。ホイールも専用で他のグレードより大きいものを装備しています。

シートは専用設定の合成皮革+ファブリックにシルバーステッチまたはオレンジステッチが選べ、センターアームレストも装備されます。

予防安全装備のToyota Safety Sense Cが標準装備となっています。多くの装備は上級グレードのGグレードに準じますがクルーズコントロールは装備されません。

Gの特徴


Gグレードはアクアの上級グレードです。

予防安全装備のToyota Safety Sense Cが標準装備となっています。
インテリアはシルバー塗装+シルバーステッチ本革巻きステアリングホイールやスエード調ファブリックシート表皮を装備しており、センターアームレストも装備されシフトノブなどにメッキによる装飾が施されています。内装色は一種類となります。

クルーズコントロールがアクアで唯一装備されるグレードです。外観は下位グレードとほぼ同じとなっています。

タイヤは15インチのスチールホイールとなります。

Sの特徴


Sグレードはアクアの中間グレードです。

予防安全装備のToyota Safety Sense Cはオプション装備となっています。
内装色はブルーブラックとブリリアントレッドの二種類が用意されており、ステアリングにはシルバー塗装が施されています。
シフトノブなどのメッキによる装飾は控えめです。

S専用のファブリックシート表皮と上下調節式フロントヘッドレストが装備されますが、フロントシートにはセンターアームレストは装備されません、
タイヤは15インチのスチールホイールとなります。

スポンサーリンク

Lの特徴



Lグレードはアクアの最低価格のグレードです。

予防安全装備のToyota Safety Sense Cはオプション装備となっています。
内装色は専用カラーのファブリックシートとなり、ステアリングは黒一色となります。シフトノブなどのメッキによる装飾は控えめです。

S専用のファブリックシート表皮と一体式フロントヘッドレストになり、フロントシートにはセンターアームレストは装備されません。

リアシートは6:4分割式ではなく一体可倒式なため、三人乗りで荷物を多く積むという使い方はできません。ラスが唯一遮音ガラスではないことも特徴です。タイヤは14インチのスチールホイールとなります。

Gʼsの特徴

Gʼsはアクアのスポーツグレードです。

Gグレードをベースに専用のフロントフェイス、スポイラーなどを装備し、足回り系をチューニングした独特の一台となっています。

予防安全装備のToyota Safety Sense Cが標準装備となっています。

インテリアはピアノブラック塗装+シルバーステッチ本革巻きステアリングホイールやアルカンターラと合成皮革のシートを装備しており、センターアームレストも装備されシフトノブは専用の装飾が施されています。内装色は一種類となります。

クルーズコントロールがアクアで唯一装備されるグレードです。タイヤは17インチのアルミホイールとなります。

おすすめはどのグレードか

スポーツグレードのGʼsとクロスオーバー的グレードのX-URBANは比較対象のないタイプで、気に入ったら他に進められるものはない個性的なタイプです。

その他の通常グレードでは中間グレードのLが装備の充実度や二色から選べるインテリアカラーなどでおすすめです。

Gグレードはクルーズコントロールの装備とシートの差が大きく、安全装備などは同等のため長距離乗車を前提に入れる場合はおすすめです。

最低価格のLグレードはリアシートが一体化されている点などかなり簡略化されているため、低価格というメリットはありますが一人暮らしやビジネスでの使用向けと言えます。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

関連記事:>>アクア 値引き

>>アクア おすすめオプション

アクアを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

アクアの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー