クルドラ

買って後悔しないために知っておきたい!新型ミライースの欠点、デメリットのまとめ

ミライースは低燃費と低価格、それに格段に良くなった安全性能で人気のダイハツから発売されている軽自動車です。

雑誌やネット上にも良いことばかり書かれています。

しかし、購入した人みんなが大満足か?

と言われれば、そうではないでしょう。

最近はステマも多いですし、車雑誌や大手のWEBサイトは自動車メーカーがスポンサーですから悪く書けるはずがありません。

なにが本当の情報なのかを見分けるのがとても難しくなっています。

「思っていたのと違った」

「期待してたのにガッカリ」 

といったことにならないようにしたいですよね。
実は管理人は車関係の仕事なので、ミライースに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、現場の「生の声」を元に

車雑誌やWEBサイトにはけっして載ることのない新型ミライース購入者の不満点、欠点をまとめました。

購入する前に確認していただけるとお役に立てるのではないかと思います。

当サイトは管理人の趣味で運営していますので、真実を包み隠さず書いていきますね。

人気車種だからこその口コミの多さの中にミライースの欠点が見えてきました…

インテリアの欠点


「シックでマットな落ち着いた内装」

「値段相応」

などの好意的な口コミもありますが、

「収納が少ない」

「インパネはどこを見ても安っぽい硬質プラスチックの質感」

「前席ヘッドレストが一体型で使い勝手や視界が悪い」

などの辛口意見も多く見られました。

軽自動車の中でもピカ一の低価格を実現するために可能な限りコストダウンを図っていますのである程度は仕方ないと割り切って購入するのがいいと思います。

後席居住性がいまいち

今回のモデルチェンジで、パッケージングを見直し、先代よりも後席の足元が広くなっています。

しかし、頭上空間はさほど余裕がなく、身長170センチメートルの男性が座ると空間は握り拳1つ分ほどです。

座面の短めで硬いことから坐り心地もいまひとつ。

ゆったり座るならムーブを買いなさい、ということなのでしょうが…

ラゲッジルームが狭い

スポンサーリンク

新型ミライースは居住空間に重点を置いていますので、ラゲッジルームは少し狭いです。

■ミライースの荷室サイズ
横幅:880mm
高さ:750mm
通常時奥行き:380mm
最大奥行き :1280mm

また、左右分離ではないので、座席を倒す際は、後部座席の背もたれを全部倒すという形になります。

左右分離でないことは基本的にはデメリットですが、

・後部座席を倒した時に背もたれの部分で段差ができない
・ボタン一つで後席が倒れる

などの利点もあります。

パワー不足のエンジン

「20年前のミラから退化しているエンジン」

「高速の合流などは危険なレベル」

などの辛口な意見が多いです。

ミライースのエンジン出力は最高出力が49馬力、最大トルクが5.8kg-mと意外に高回転型なのですが・・・

好意的な意見の中にも、「トルク感が弱い」というのは共通してあるようです。

ピラーが太い


フロントガラス両側にあるAピラーが部分は太いという口コミも多いです。
「慣れるまで視界に異物感があった」
「軽なのにこんなに太くしなくても」
といった口コミがありました。

ウインカーの使い勝手が悪い


「ウインカーを上下させると位置がどこにあるのかわからなくなってしまう」
という口コミがありました。

カチっとハマる感じが無くて、進路変更後に戻し過ぎて逆方向にウインカーを出してしまうこともあるようなので購入前には確認されることをオススメします。

少数派の意見だけど、気になる欠点

少数意見として下記のようなものもあったのでご紹介します。

「売りが先代同様、低燃費と低価格「だけ」というのもちょっと寂しい気が」

「路面の凸凹を良く拾うのでロングドライブには向いていない」

「メーターの周りが青になったり、緑になったり色が変わるので、省エネ運転をしろとせかされているみたいで焦る」

良い口コミ

「値段の割りに装備が良い(既に書かれてますが,特にシートの上下調節とチルトステアリングはGだけです)」

「加速時以外は軽としても静か」

「ボディが軽いぶん、良く走る」

「ミラーが手動なのが、マイナス」

「スマアシⅢが標準装備でこの価格なら安い」

「新型の重量は650kgとかなりの軽さ」

 

ミライースを安く買うには


ここまでミライースの欠点を中心にみてきましたが、総合的に見れば良いクルマであることは間違いありません。

ミライースを安く買うには値引きと現在お乗りの車を高く売ることがなによりも大切。

値引き交渉で損をしないためにも下記の記事を参考にしてみてください。

>>ミライースの値引き相場レポート

スポンサーリンク

メニュー