クルドラ

新型ムーヴ マイナーチェンジ

ダイハツ・ムーヴが2017年8月にマイナーチェンジし新型が発売されました。

ライバルである新型ワゴンRに対抗すべく、安全装備の強化をメインにマイナーチェンジされました。

ムーヴの歴史

ムーヴは1995年8月に旧規格の軽自動車として誕生しました。
97年には大型グリルを採用し、ライトのデザインも変更したムーヴカスタムが登場。
ひとつの軽自動車において2つのデザインが用意されるパターンのはしりと言える存在でした。

98年10月、新規格軽自動車の販売に合わせてムーヴもフルモデルチェンジ。
ドアが部分的に先代と同じという作りでしたが、二代目ムーヴではカスタムに加えてエアロダウンRSという3つのデザインが用意されていました。
CVT車の設定も行われました。

2002年10月三代目ムーヴが登場。
この代から標準タイプのライトが横長ではなくなり、カスタムのライトもボンネット部分に触れるデザインになるなど外見のイメージ変化が大きいモデルチェンジでした。
またリヤゲートのナンバープレート位置がノーマルとカスタムで異なるようになりました。
3速ATが廃止され4AT、5MT、CVTの構成となっています。

2006年10月四代目ムーヴが登場。
この代から標準グレードはワンモーションフォルムという直線的ではないデザインを採用しており、ムーヴカスタムやライバルのワゴンRとは大幅に外見が変わっています。
室内はセンターメーターを採用したことなどが新しく、4AT、CVT、5速MTの構成は先代と変わっていません。

2010年五代目ムーヴが登場
アイドリングストップシステムのエコアイドルの搭載などで燃費が向上しており衝突被害軽減ブレーキなどの予防安全装備スマートアシストも装備されるグレードが登場しており、全車CVTとなっています。バックドアはこの代まで横開きでした。

現行モデル

六代目となる現行ムーヴは2014年12月12日に販売を開始しました。

五代目よりは直線的なデザインですが、標準、カスタムともに大型のグリルを採用しており、ムーヴとひと目で分かる外観となっています。
カスタムではLEDのイルミネーションを装備するなど、さらにこだわった外観となっています。

標準グレードとカスタムの二種類の構成は歴代のムーヴと変わっていません。
ボディは軽量高剛性ボディとなり、リアゲートの外板は樹脂製となっているなど軽量化の工夫がなされています。

アイドリングストップの新エコアイドルもより進化しており、空力性能の向上やCVTサーモコントローラーの搭載で燃費が大幅に向上しており、燃費は最も優れたもので先代の27.0km/lに対し、31.0km/lとなっています。

予防安全装備のスマートアシストはカメラを追加したスマートアシストIIに進化し、後方誤発進抑制機能は軽自動車として初の搭載となりました。
メーターは先代のセンターメーターから標準のメーター位置に戻っています。

変速機はこの代でも全車CVTとなっています。
リヤゲートの横開きタイプが一切設定されなくなったのもこの代の大きな特徴です。

スマートアシストⅢの機能

今回のマイナーチェンジではスマートアシストⅢの機能が搭載されることになりました。その内容とは

スポンサーリンク

※5:☆=スマートアシストⅢで新設定、○=性能向上(スマートアシストⅡ⇒スマートアシストⅢ)、無印=従来同様

1.主な進化内容
◇衝突回避支援ブレーキ機能
<歩行者対応 衝突回避支援ブレーキ機能追加>
・世界最小サイズの小型ステレオカメラをフロントガラス上部に設置したことで、ステレオカメラが前方の車両や歩行者との距離を検知
従来の対車両だけでなく、歩行者に対しても速度が約4~50km/hの場合に衝突回避支援ブレーキが作動

<作動速度域向上>
・作動速度が従来の約4~50km/hから約4~80km/hへ向上(対歩行者の場合は約4~50km/h)、衝突回避の相対速度も約4~20km/hから約4~30km/hへ向上したことで安心・安全性が向上

<被害軽減ブレーキアシスト追加>
・車両が衝突危険を認識した際、運転者がブレーキを踏んだ場合には、強力なブレーキアシストを作動することで衝突回避、もしくは被害軽減を実現

2.新たな機能の追加
◇ダイハツ初となるオートハイビーム
・対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ヘッドランプのハイ/ロービームを自動で切り替え。
夜間でも対向車を気にせず運転に集中でき、安全性がさらに向上

ムーヴ マイナーチェンジでエクステリアやインテリアは変わる?

現在までの情報ではエクステリアの大幅変更はありません。

基本的に変更があってもほんの少しにとどまり、今回はデザインの変更がなく現状維持となる見込みです。

またインテリアも同様に変更があっても少しでしょう、質感などは変わるかもしれません。

ボディカラーに新色が出るくらいはあるのではないでしょうか?

価格はどうなる?

スマートアシスト3が付きますのでその分3~5万円ほど価格がUPするとみられています。

今後も最新情報が入り次第更新していきたいと思います。

関連記事:ムーヴ キャンバスの値引き相場は?評価、評判をチェック!

ムーヴを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

ムーヴの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー