クルドラ

ウェイクのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

ウェイクを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>ウェイク 値引き

>>ウェイク おすすめオプション

Gターボ “レジャーエディション SA Ⅱ”/Gターボ “SA Ⅱ”の特徴



Gターボ “レジャーエディション SA Ⅱ”/Gターボ “SA Ⅱはウェイクの中間的グレードとなります。
Gターボ “レジャーエディション SA Ⅱ”は泥汚れなどを拭き取りやすいイージーケアフロア、ユーティリティフック、15インチアルミホイールなどが装備されています。

どちらも予防安全装備のスマートアシストIIが装備されます。チルトステアリング、運転席シートリフターなどが含まれるオプション・ドライビングサポートパックが装備できます。ヘッドライトはLEDヘッドランプとなります。

タコメーター付自発光式大型3眼センターメーター、上下2段調節式デッキボード、両側パワースライドドア、プッシュボタンスタート、キーフリーシステム、オートエアコン、リヤサンシェードも装備されます。

L “レジャーエディション SA Ⅱ”/L “SA Ⅱ”の特徴


L “レジャーエディション SA Ⅱ”/L “SA Ⅱ”はウェイクの中間的グレードとなります。
L “レジャーエディション SA Ⅱ”は泥汚れなどを拭き取りやすいイージーケアフロア、上下2段調節式デッキボード、ユーティリティフックなどが装備されています。

どちらも予防安全装備のスマートアシストIIが装備されます。チルトステアリング、運転席シートリフターなどが含まれるオプション・ドライビングサポートパックが装備できます。

ヘッドライトはハロゲンヘッドランプとなります。両側パワースライドドア、プッシュボタンスタート、キーフリーシステム、オートエアコン、リヤサンシェードも装備されます。

スポンサーリンク

D “SA Ⅱ”/Dの特徴



D “SA Ⅱ”/Dはウェイクの低価格グレードとなります。

“SA Ⅱ”は予防安全装備のスマートアシストIIが装備され、トップシェイドガラスになること以外はDと同等の装備です。チルトステアリング、運転席シートリフターなどが含まれるオプション・ドライビングサポートパックは装備できません。ヘッドライトはハロゲンヘッドランプとなります。

エアコンはマニュアルエアコン、高機能なキーフリーシステムではなくキーレスエントリーシステムになり、両側パワースライドドアやリヤサンシェードは装備されないなど装備が簡略化されています。

おすすめはどのグレードか

L “レジャーエディション SA Ⅱ”が価格と装備のバランスでおすすめですが、泥汚れなどの状況にならない使い方であれば43200円安くなるL “SA Ⅱ”でも十分でしょう。

より装備の充実した Gターボ “レジャーエディション SA Ⅱ”/Gターボ “SA Ⅱ”はメーターにタコメーターが付き、高速運転などもしやすくなっており、LEDヘッドライト、アルミホイールが装備される点などでスタイルも精悍になっている点ではこちらもおすすめで価格とのバランスで判断すると良いでしょう。

D “SA Ⅱ”/Dは低価格なことがメリットですがパワースライドドアでないなどかなり装備が劣る印象です。D “SA Ⅱ”/Dで選ぶならスマートアシストIIの装備される “SA Ⅱ”のほうが良いでしょう。

ウェイクを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


ウェイクの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー