クルドラ

ジャスティのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでいきたいのは

スバルが販売しているトールワゴンタイプのコンパクトカー、ジャスティ。

コンパクトカーとは思えない広い車内空間が魅力の車です。

製造はダイハツが担当しているため、水平対向エンジンや高い4輪電子制御システムをはじめとする、スバル独自の技術は一切採用されていません。

しかし、小型車の開発を得意とするダイハツが製造しているだけあって、コンパクトカーとしては非常に優れた、実用性の高い車に仕上がっています。

今回はそんなジャスティに設定されている5つのグレードを徹底比較。

購入したあとに後悔せずに済むよう、選んでおきたいおすすめのグレードを紹介します。

ジャスティのグレードを徹底比較

車内空間の広さを最大のウリにしているジャスティですが、ジャスティの魅力はそれだけではありません。

ジャスティの大きな特徴として、2パターンの外観デザインを採用しているところが挙げられます。

ひとつはエントリーグレードや量販グレードに採用されていて、もうひとつが「カスタム」と名のつく上級グレードに採用されています。

また、実用性の高い車にはもはや必須とも言える両側スライドドアの採用も、ジャスティの大きな特徴のひとつです。

価格を重視するならL スマートアシスト

ジャスティの全5グレードの中で、最も価格が安いエントリーグレードが「L スマートアシスト」です。

小型乗用車(5ナンバー)枠の中で目一杯拡大したスクエアボディと、迫力のある逆台形アッパーグリルが印象的。

価格は1,528,200~1,752,840円(税込)となっていて、最も安くジャスティの魅力を味わえるグレードになっています。

搭載するエンジンは1.0L直列3気筒NA(自然吸気)で、最高出力は69PS、最大トルクは9.4kgmを発生。

トランスミッションはCVT、駆動方式は2WD(FF)と4WDが設定されています。

主な装備はマニュアルエアコンやLCDマルチインフォメーションディスプレイ。

ダイハツの先進安全技術「スマートアシストII」も標準装備です。

廉価モデルなので、外観・内装ともに比較的安価なパーツで構成されています。

両側スライドドアもパワースライドなのは助手席側のみと、若干の物足りなさはありますね。

価格と標準装備のバランスの良さが魅力のG スマートアシスト

ジャスティの量販グレードにあたる「G スマートアシスト」。

採用している外観デザインやスペックは「L スマートアシスト」とほ同じです。

量販グレードなだけあって、価格と標準装備のバランスの良さが魅力

主な装備はメッキフロントグリル、LEDリヤコンビランプ、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、プッシュ式オートエアコン、クルーズコントロールです。

もちろん「スマートアシストII」標準装備。

「L スマートアシスト」と比べ、快適装備の採用だけでなく、エクステリアパーツが追加されたことで外観が少しゴージャスになりました。

両側パワースライドドアの採用により、実用性も高められています。

「G スマートアシスト」の価格は1,684,800~1,904,040円(税込)です。

パワフルに走るならGS スマートアシスト

ジャスティのボディはコンパクトカーとしては大柄な部類に入ります。

しかし、それを動かすエンジンの出力は控えめで、非力さは否めません。

そんなジャスティの欠点を解消したグレードが「GS スマートアシスト」です。

「GS スマートアシスト」は1.0L直列3気筒ターボエンジンを搭載しています。

最高出力は98PS、最大トルクは14.3kgmと、ジャスティの重たいボディを動かすためのパワフルさを実現。

ストレスを感じない力強い走りが魅力のグレードです。

「GS スマートアシスト」は言うならば「G スマートアシスト」のターボモデルです。

主な装備は「G スマートアシスト」と変わりありませんが、LEDヘッドランプやLEDフォグランプの採用など、外観を中心に変更点がいくつかあります。

駆動方式の設定は2WD(FF)のみ。

残念ながら4WD+ターボモデルは設定されていません。

「GS スマートアシスト」の価格は1,890,000円(税込)です。

大型ロアグリルが特徴のカスタムR スマートアシスト

ジャスティの上級グレード「カスタムR スマートアシスト」。

外観、特にフロントマスクが大きく変更されています。

スポンサーリンク

これまでに紹介した3グレードのフロントマスクは、逆台形のアッパーグリルが印象的でした。

それに対し、「カスタムR スマートアシスト」のフロントマスクは、台形の大型ロアグリルを特徴としています。

6連星エンブレムから左右に伸びるガーニッシュと、ポジションランプが連続した先進性を強く感じるデザイン。

フロントアンダースポイラーも装着されており、純粋な迫力に関しては「カスタムR スマートアシスト」の方が上です。

また、「カスタムR スマートアシスト」は外観のみならず、標準装備も充実しています。

装備内容自体は「G スマートアシスト」と同様ですが、内装にピアノブラック調オーナメントやレザーが採用されたことで、より上質な内装へと変貌を遂げました。

スペックに関しても「G スマートアシスト」と同じ。

1.0L直列3気筒NA(自然吸気)を搭載し、最高出力は69PS、最大トルクは9.4kgmとなっています。

駆動方式は2WD(FF)と4WDを設定。

価格は1,941,840~2,138,400円(税込)です。

最上級グレードのカスタムRS スマートアシスト

「カスタムR スマートアシスト」を超える最上級グレードが「カスタムRS スマートアシスト」です。

ジャスティの全5グレードの中で最も価格が高いグレードですが、標準装備の内容自体は「カスタムR スマートアシスト」と大きな違いはありません。

専用デザインの15インチアルミホイールを標準装備しているくらいです。

「カスタムRS スマートアシスト」の最大の目玉は、「GS スマートアシスト」と同様の1.0L直列3気筒ターボエンジンを搭載しているところ。

最高出力は98PS、最大トルクは14.3kgmを発生するため、きびきびとした走りを実現しています。

なお、駆動方式は2WD(FF)のみ。

これも「GS スマートアシスト」と同様です。

より迫力のあるゴージャスな外観、充実した安全装備と快適装備、広い車内空間。

そして、妥協のない走りを実現したターボエンジン。

「カスタムRS スマートアシスト」はジャスティの魅力を存分に詰め込んだ、まさに最強のグレードなのです。

価格は2,071,440円(税込)と少々高めになりますが、価格に見合った魅力が「カスタムRS スマートアシスト」にはあります。

予算に余裕がある人は、ぜひとも選んでほしいグレードです。

後悔しないと断言できるのはカスタムRS スマートアシスト!

ジャスティの全5グレードを比較しましたが、間違いなく後悔しないと断言できるグレードは「カスタムRS スマートアシスト」です。

「カスタムRS スマートアシスト」で満足できなければ、そもそもジャスティを選ぶことが間違いだっただけで「カスタムRS スマートアシスト」よりも魅力のあるグレードはありません。

唯一欠点を挙げるとすれば、2WD(FF)モデルでありながら200万円を超える価格でしょうか。

エントリーグレードの「L スマートアシスト」と比べると、約50万円も価格差があります。

価格とのバランスを考えるならGS スマートアシスト

外観デザインや内装の質感をさほど気にしないのであれば、デザイン・装備・価格のバランスに優れた「GS スマートアシスト」がおすすめです。

個人的にはジャスティにターボエンジンは必須だと感じます。

価格が安いNAモデルも魅力ではありますが、高速道路やバイパスの合流時、上り坂などパワーが必要な場面では、ジャスティの非力さを痛感するでしょう。

自分1人ならともかく、家族が乗っていればなおさらです。

予算に余裕があるなら迷わず「カスタムRS スマートアシスト」を、そうでないなら「GS スマートアシスト」をおすすめします。

降雪地域に住んでいるなら、4WDの設定があるNAモデルがベスト。

その場合は「G スマートアシスト」を選ぶと良いでしょう。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型ジャスティの値引き相場レポート!評判、口コミもチェック!

ジャスティを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

ジャスティの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー