クルドラ

ワゴンRの値引き相場レポート!【どこよりも詳しいグレード別・2023年2月最新】実販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2023/1/31

スズキの豊富な軽ラインナップの中では、現在タントムーヴキャンバスなどの話題に埋もれがちですが地道に改良を重ね熟成の域に入っているのが「ワゴンR」です。

ハイト系ワゴンの元祖として我が道を行くワゴンRは再び2022年夏にマイナーチェンジを実施しました。そんなワゴンRの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

この記事を読めばわかること

  1. ワゴンRの効率的な値引き交渉のやり方
  2. ライバル車競合はムーヴやデイズが効果的
  3. ワゴンR同士を競合させるコツ
  4. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  5. 売れ筋グレード「HYBRID FX(2WD)」に月々16,000円で乗る方法
  6. 2022マイチェン版ワゴンRの魅力はココだ!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達スズキの営業マンをしているので現場リアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とワゴンRのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2023年2月最新】

ワゴンRの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉15万15%
ライバル車を出して交渉12万10%
特に交渉なし6~7万0~5%

※カスタムZ、スティングレーも同じ

が合格目標。

値引き難易度:普通

2022年マイナーチェンジを実施したことで若干引き締まった値引きですが、強力な新型の軽は豊富なため10万円以上は十分に狙えるモデルです。

特に販売店先行オーダーによる在庫車・展示車などは強気で行きましょう。

「マツダフレアとの兄弟車競合をしたら値引きがUPした」

「同じ地区の正規販売店とサブディーラーで同士競合したら上手くいった」

などの口コミも上がってきています。

管理人

ワンポイント


新車の初売りセールが始まりました。納期が長い問題があるとはいえオトクに車を買えるチャンスなのは確か。


"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

グレード(タイプ)別の値引き相場

グレード駆動車両価格
(税込み)
値引き相場
(オプション含まず)
FXFF1,217,700円〜11万円
4WD1,340,900円〜13万円
ハイブリッドFX-SFF1,386,000円〜13万円
4WD1,509,200円〜15万円
カスタムZ ハイブリッドZXFF1,474,000円〜14万円
4WD1,597,200円〜15万円
カスタムZ ハイブリッドZTFF1,633,500円〜16万円
4WD1,756,700円〜17万円
スティングレー ハイブリッドTFF1,688,500円〜16万円
4WD1,811,700円〜17万円

ライバル車種と競合させるのが基本

ライバル車種を出して競合させたほうが、ワゴンR一本にしぼって交渉するよりも値引きが出やすくなります。スズキの営業マンが値引きで対抗したくなる競合車種で、引き合いに出すとよいのはガチライバルのムーヴを筆頭に日産デイズなども効果的。他にも三菱eKワゴンホンダN-WGNなどをぶつけて行きましょう。

マツダ系ディーラーで売られているフレアOEMの兄弟車なので、純粋に値引き勝負で商談できるためぜひ競合させるべきです。

管理人

営業マンどちらにするか本気で悩んでいると思わせれば、成約を勝ち取るためさらなる好条件が出る場合もあります。参考に次記事も読んでみてくださいね。

ワゴンR、ライバル車にもそれぞれに良いところと悪いところがあるので

「ワゴンRのココが気になる…」風を装えばばっちり

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

後悔しないために確認しておきたいワゴンRの不満点3つ+α

購入者の声

N-WGNと競わせてうまくいきました

愛知県 男性 30代
グレード:スティングレーHYBRID T
値引き額:車両本体10万円
サービス:オプションから6万円値引き

スティングレーN-WGNカスタムのどちらかを買おうと考えていたんですが、試乗してみてスティングレーに決めました。値引きは最初は7万までと販売店側も様子見してる雰囲気を感じたので粘って交渉することに。

実は妻がN-WGNがいいんじゃない?って話しててどちらにしようか迷っている。私自身はよくしてくれるあなたから買いたいんだけど
と営業マンの気持ちに訴える作戦に出たところ、営業マンさんが「これ以上は私では決済できないので店長に相談してみます。」と奥で5分くらい話した後戻ってきて「ディーラーオプションからさらに5万までなら値引けます。これが限界なのであとは持ち込みのナビとドラレコの取り付け工賃を無料サービスします」とのこと。

総額では16万円値引きしてもらっている計算で、妻も大喜びのとても満足できる買い物になりました!

ワゴンR同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車による競合でうまくいかなかったときでも、経営資本の異なるスズキ店同士競わせる方法切り札になります。

ワゴンR全スズキディーラーで扱われていて、スズキ○○○○部分が少しでも違う店舗が別会社別資本ですので、その複数店舗を回り「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることも期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

管理人

手間も掛かりますが多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車との競合別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときはサブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。

特にスズキ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーですよ。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
未登録車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。
メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてくださいね。

オプション値引きはコスパも良い

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイント。営業マンにお願いするだけで手間もかかりません。

ワゴンRの場合は選択用品価格概ね20%程度目標に交渉しましょう。また、契約直前だけに通用するやり方ですが「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたアクセサリー類なら付けてもらえることもあります。

具体的には

インパネトレー
フロアボックス
リヤシートエプロン
ナンバープレートリム
ラゲッジボックス
ラゲッジマット(ソフトトレー)
キックガード

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙いましょう。具体的には取付工賃がかからないものを選ぶのがポイント

また、ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールする演出も忘れずに。

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

ワゴンRのおすすめオプション9コとナビ、ドラレコを実際の購入者の声からご紹介!

ワゴンRの先進運転支援装備

緊急自動ブレーキクルマ・人
誤発進抑制前進・後退
追従クルーズコントロール全車速
ステアリング支援逸脱防止
購入者の声

「値引きは普通でもオプションのサービスが充実!」
鳥取県 20代 男性
購入したグレード:HYBRID ZX
値引き額:15万円
サービス:フロアマット、ボディコーティング
感想:カスタムZの外観に惚れて、発売が決まってすぐに購入を決意しました。
発売当初に購入したのですが、発売から間もないということもあり値引きは8万円で止まってしまいました。
営業マンも「これ以上はちょっと厳しいです…。値引き以外で対応させてもらえませんか?」と苦悶の表情。
さすがに無理にお願いしすぎるのもダメなのでオプションをサービスしてもらう方針に転換。
端数カットの他に、フロアマットボディコーティング無料で付けてもらうことに成功しました!
嫌われない程度にできる限りのおねだりをするのがコツかもしれないですね。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ
黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

管理人

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ

などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせ値引きを狙う方法もあります。
決算期も相場以上のビックリするような値引きがあり得ますので

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

今は買っても良いタイミング

ワゴンRは今年マイナーチェンジを済ませたばかりなので当面変更予定もなく、値引きの金額もあまり動きません。

2~3か月待てばもっと安く買えていたのに…

といった心配もありませんので今買ってもOKです。

納期はこのご時世では早いほう

軽自動車は販売店の先行オーダーによる在庫次第でかなり納期にバラつきがあります。ワゴンRでは22年夏のマイチェン後も比較的安定していて、在庫車はもちろん即納ですがメーカー発注となってもおよそ1~3か月程度

スポンサーリンク

5速マニュアル車やスティングレーの新色などレアなモデルは3か月ほど掛かることもありますが、コロナ禍や半導体不足などの影響が残るご時世では比較的早い納期といえます。

残価設定型クレジットなら月々16,000円でワゴンRに乗れる

スズキには「かえるプラン」という残価設定クレジットのローンがあります。
上の画像が見積もりの例ですが、頭金30万、月々の支払い16,000円でワゴンRに乗ることも可能。※頭金なしなら21,600円
グレードはHYBRID FX(2WD)、支払回数は60回(5年)、ボーナス払いなしなのでかなり現実的な条件ですよね。※金利は3.9%
最近ではメーカーによっては新車購入者の半分が利用しているというデータもありますので検討されてはいかがでしょうか。
ちなみにオプションはMOPが「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」、DOPで「ドアバイザー」と「フロアマット」を装着。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

ワゴンR(ver.2022)の魅力はココだ!

引用:https://kato-motors.com/

現在の軽自動車メインストリームであるハイト系モデルの元祖がスズキワゴンRです。93年に登場した初代モデルはサイズの制約からのウィークポイントであった居住性を、ルーフを高く取る方法でカバー。これまでのでは考えられない開放感を実現しました。
今ではそれよりも一段背の高いスーパーハイトと呼ばれるジャンルが主流になっていますが、ワゴンRの名は確実に軽の歴史に刻まれるものでしょう。

28年の車歴を刻むワゴンRは、初代から数え現行型2017年に登場した6代目モデルとなっています。既に発売から5年が経過していることもあり、後発組にやや遅れを取ってきた感もありましたが、2022年夏に大掛かりなマイナーチェンジを実施。一時は今年モデルチェンジの可能性も上がっていましたが、安全装備内外装をリフレッシュし、当面は6代目を継続していくことになりました。

注目はスポーティな”イケ顔”カスタムZの新設定!

2022年改良ポイントでもっとも注目されたのは「カスタムZ」の新設定でしょう。それまでのワゴンRは基本となる「標準型」、エアロ系の「FZ」、カスタム系の「スティングレー」という3タイプを用意してきました。ライバルを見ると標準型カスタムの二系統がほとんどですが、ワゴンRには中間のようなHYBRID FZというモデルが存在していて、そのFZマイチェンのタイミングでカスタムZに生まれ変わった格好です。

引用:https://www.cavo-kei.jp/

カスタムZのエクステリアはフロントバンパーグリルヘッドライトなどがすべて専用品となり、アルミホイールも新しいデザインが採用されます。リヤビューはスティングレーとほぼ同じになっていて、違いはエンブレム程度。””が変わったので当然ですが、二段式のヘッドライトがアメリカン風であった従来のFZとはかなり雰囲気が変わり、シャープで目力のある万人ウケする路線を狙っているようにも取れます。

実際、ワゴンRはエアロ系の旧HYBRID FZ標準型スティングレーに挟まれていたせいか存在感がやや薄かったのと、スティングレー奇抜過ぎて好みが分かれるデザインなため、全体にセールス好調とは言えない面もありました。
そこでストレートなカッコ良さを訴求できるカスタムZ投入で人気回復を目指していくのでしょう。

標準型もデザイン変更、スティングレーは変更なし

一見わかりにくいですが標準型ワゴンRフロントグリルおよびバンパー変更されていて、ボディカラーの改廃も行われています。個性派スティングレーに関しては、エクステリア造形変更はありませんでした。
インテリアデザインは今回のマイチェンでは特に変更なく、標準型カスタムZスティングレーがインパネやシート、アームレストなどにそれぞれ専用カラーを用意しています。

引用:http://www.motordays.com/

カスタムZについてはインテリアがブラック基調となり、カラーパネルやドアスイッチ回りなどはブラウンメタリック、オーディオガーニッシュはピアノブラック上質感があり、スティングレー同様に本革ステアリングシフトノブも用意されています。

先進安全装備スズキセーフティサポート」は3タイプ共通で変更があり、衝突被害軽減ブレーキはステレオカメラ方式のデュアルカメラブレーキサポートにアップグレード。従来のクルーズコントロールはようやく全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)となり、車線逸脱抑制機能も追加されました。SRSエアバッグもフロントサイドとカーテンを加えた6エアバッグに増強、これまでタイプ別設定だったオートエアコンキーレスプッシュスタート運転席シートヒーターを全車に拡大して標準装備化しています。

また、スズキの最新モデルから順次拡大しているコネクテッドサービススズキコネクト」も導入され、対応した全方位モニター付ディスプレイオーディオのメーカーオプション設定も追加となりました。

ワゴンRのグレードと価格

2022年モデルワゴンRグレード価格は以下のとおりです。

この夏のマイチェングレード体系はかなり整理され、標準型は従来のFAFXHYBRID FXHYBRID FX-Sへとグレード名変更。エアロ系のHYBRID FZは前項のとおり廃止され、カスタムZがノンターボのHYBRID ZX、ターボのHYBRID ZT2グレード追加されました。スティングレーはノンターボのHYBRID X廃止、ターボのHYBRID Tだけの1グレードになっています。

ワゴンRのおすすめグレードはどれ?

シンプルなグレード構成ワゴンRは標準型のみ純ガソリン車5速マニュアル車が選択可能で、そのどちらかがポイントならカスタムZスティングレーは候補から外れますが、いずれも現行軽自動車のメインストリームではありません。

一般にはワゴンRだとハイブリッド+CVTの組み合わせからチョイスすることになるでしょう。ワゴンRのハイブリッドはいわゆるマイルドハイブリッドであり、燃費のための機構というよりは発進加速などのアシストに主眼がおかれ、実際WLTCモード燃費は純ガソリン車よりリッターあたり0.8km良くなるに過ぎません(FFのCVT同士で比較)。

さらに純ガソリン車では省かれる快適装備ACCといった運転支援装備などの格差もあり、マイルドハイブリッド車ワゴンRの基本として考えるのが自然です。

最新ワゴンRをアピールするカスタムZがオススメ

さて、おすすめグレードとしては最新ワゴンRからならやはり「カスタムZ」を推したいところ。
標準型HYBRID FX-SよりもカスタムZノンターボのHYBRID ZXは装備内容こそほぼ同水準ですが、LEDヘッドライトを含むエクステリアの専用パーツ本革ステアリングメッキドアハンドルなどのインテリア加飾、さらにアルミホイールなどで個性を強調。それでいて価格差は10万円を切る88,000円しかありません。

標準型の雰囲気こそワゴンRらしいと感じるなら別ですが、2022年最新のアップデートによるアイコニックな存在感からもカスタムZオススメです。

引用:https://mobile.twitter.com/

またターボ車が欲しい場合、標準型は候補から外れ、カスタムZスティングレーからの選択することになります。

マイチェンまではワゴンRターボスティングレーにしか設定がなかったのですが、現在はカスタムZでもチョイス可能。ターボが欲しいけどスティングレーのアクの強いマスクがどうも・・・と考えていた人にもカスタムZ登場は朗報ですよね。

ライバル比較:STOPワゴンRの先鋒ダイハツムーヴ

ワゴンRのガチライバルといえば「ダイハツムーヴ」です。スズキダイハツアルト対ミラで火ぶたを切って以来、軽戦線ではバチバチの間柄ですが93年に発表されたワゴンR成功にストップをかけるべく94年に投入されたのがムーヴです。
ムーヴハイト系モデルカスタム仕様を導入した元祖でもあり、それは初代から現行の6代目モデルまで継承されています。今でこそスズキダイハツの主戦場はスペーシア対タントへと移っているものの、やはりワゴンRのライバル筆頭はムーヴになります。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

現行型ムーヴ2014年末デビューなのでワゴンRよりもさらに3年近く先に発売されており、その分細かな改良は幾度となく実施されていて熟成しきったモデルになっています。

デビュー当初からダイハツの先進安全装備”スマートアシスト”は実装されていましたが、2015年にはスマアシⅡになり、2017年にはスマアシⅢになりと年を追うごとにしっかりとアップデートされてきています。

但し、最新モデルタントムーヴキャンバスが備えるようなスマアシの水準には、基本設計年次の違いから導入できない機能もあり、まったく同じというわけには行かない点はウィークポイントと言えます。

先進安全装備やコネクテッドシステムではワゴンRがリード

ワゴンRも似た状態でしたが、2022年夏マイチェンで一気に最新装備をまとい、ホンダ日産ハイト系モデルにようやく肩を並べる水準となりましたが、現行ムーヴと比べればかなり先行した印象です。

特に”スズキコネクト対応などは、ムーヴと比べると先進的スズキコネクトは急病や事故の際に救急車の手配を行ってくれるヘルプネットの他、スマホによるエアコン操作ドアロック操作駐車位置確認なども可能となります。

ダイハツにも”ダイハツコネクト“は導入されていますが、現行ムーヴには機構的に投入は難しいようです。

このあたりは次期ムーヴ待ちといったところでしょうか。

スズキvsダイハツのハイトワゴン対決は新章へ

気になるムーヴ次期型2023年後半登場が有力視されていて、その際はダイハツロッキーと同様の”eスマートハイブリッド”が搭載されるとウワサされます。このシステムは、エンジン発電を行い駆動モーターが行うというシリーズハイブリッド方式。実現すれば軽自動車初搭載となり話題となるでしょう。

更にさらにそうなると新ムーヴに対峙するのは”7代目ワゴンRに違いなく、そのために2022年マイチェンにとどめたとの見方もあります。

スズキダイハツのハイト系ワゴン対決新章の幕開けはそう遠くないはずです。

以上、スズキワゴンR値引き相場レポートをお届けしました。

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

スポンサーリンク

メニュー