クルドラ

スイフト/スポーツの値引き相場レポート!【グレード別・2022年10月最新】生の販売データから算出した合格ラインは

最終更新日 2022/9/28

スポーティなコンパクトカーとして、通勤や送迎で活躍することが多く、ずっと人気を維持し続けている「スズキ スイフト

日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カーオブザイヤー」も受賞しました。

そんなスイフトの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

この記事を読めばできること

  1. スイフトの値引き交渉が効率的にできる
  2. グレード毎の適正な値引き額
  3. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  4. ライバル車競合はマツダ2、フィットなど
  5. スイフト同士を競合させるコツ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がスズキのディーラーに勤めているので現場のリアルな情報が入ってきます。

このページは《最新値引き情報》はもちろん《営業マンが困る値引き交渉のやり方》さらにはスイフトのおすすめポイントまでガッツリと伝授しますので最後まで是非お読みください!


値引きの相場・限界は?【2022年10月最新】

スイフトの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉22万25%
ライバル車を出して交渉18万20%
特に交渉なし11~13万0~10%

スイフトスポーツの値引き相場

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉21万25%
ライバル車を出して交渉17万20%
特に交渉なし10~12万0~10%

が限界目標。

値引き難易度:やや緩い

2022年中と噂されていたフルチェンですが、どうやら来年夏あたりに持ち越されました。

モデル末期で正規販売が苦戦していることもあり、スイフト/スポーツの値引き額は他のライバル車に比べると大きな金額となっています。

年度末決算商戦でもスイフトの値引きは目立っていました。

「同地区内の正規販売店と副代理店で同士競合したら上手くいった」

「ヤリスとの競合で値引きが伸びた」

などの口コミが上がってきています。

グレード別の値引き相場

エンジンタイプグレード名車両本体価格(税込み)値引き目標額
(オプション含む)
ガソリンXG153万5,600円〜19万円
RS178万2,000円〜23万円
ハイブリッドHYBRID MG163万3,500円〜21万円
HYBRID RS187万9,900円〜25万円
HYBRID SZ208万7,800円〜28万円
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本!

管理人

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのには

スイフトの場合はマツダ2、フィット、ヤリス、ノート、

スイフトスポーツはGRヤリス(RS)、ノートニスモ、フィットモデューロなどが効果的。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合も。

管理人

それぞれのクルマに良いところと悪いところがあるので

「スイフトの悪いところが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒スイフトの欠点に関する口コミ!オーナーならではの不満点を6つ紹介

購入者の声

「ヤリスとフィットとの競合で上手くいきました」

鹿児島県 30代 男性
購入したグレード:スイフトスポーツ(6MT)
値引き額:17万円
サービス:納車時ガソリン満タン

感想:スズキのショールームに行ったときにスイフトを見て一目ぼれしました。

しかし最初の値引き提示が意外に渋かったので…

ヤリスとフィットの見積もりを取っていてフィットが14万値引きしてくれるからこれ以上勉強してくれるならスイフトで決めるよ。

とコロナの影響もあるので販売店にも短期決戦でお願いしました。

営業さんが奥で店長さんと相談した結果、下取りの査定額5万アップに本体から17万値引き、付属品からも10万サービスしてくれるということだったのでもちろん即決しました!

スイフト同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、スイフト同士競合させる方法も有力です。

スイフトスズキ全ディーラーで扱われていて、例えばスズキアリーナ○○○○部分が少しでも違うところが別会社別資本ですので、その複数店舗を回り他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えれば、値引きが大きくなることも期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

管理人

多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にスズキ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーですよ。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてみてください。

値引きが大きくなる時期

1年のうちでもさらに値引きが大きくなる時期があり、一般的に以下の表のようになっています。

値引きが多くなる時期
1月~3月末
(年度末決算セール)
約5万円
6月~7月末
(夏のボーナス商戦)
約3万円
8月中旬~9月末
(お盆明け~中間決算セール)
約4万円
11月~12月末
(ボーナス&年末商戦)
約3万円

この時期にスイフトを買うタイミングならさらに大きい値引きが期待できます。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますのでタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

オプション値引きはコスパも良い

オプションからの値引きも車両本体からの値引きと同じで大切

スイフトの場合はおおむね25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ルームミラーカバー
・携帯リモコンカバー
・サイドバイザー
・フューエルリッドカバー
・フロアマット
・ドアバイザー
・ラゲッジマット
・フロントマスク

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイント。

また、ハンコや印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒スイフトのおすすめオプション10コとナビを実際の購入者の声をもとにご紹介!

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。
ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ
などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

残価設定型クレジットなら月々21,400円でスイフトに乗れる

スズキには「かえるプラン」という残価設定クレジットのローンがあります。

上の画像が見積もりの例ですが、頭金50万、月々の支払い21,400円でスイフトに乗ることも可能。※頭金なしなら30,500円

グレードはHYBRID MG(2WD)、支払回数は60回(5年)、ボーナス払いなしなのでかなり現実的な条件ですよね。

スイフトの場合は金利が低く2.9%で計算されています。トヨタ車だと基本4.9%なので2%もオトクです。

最近ではメーカーによっては新車購入者の半数が利用しているというデータもありますので検討されてはいかがでしょうか。

ちなみにオプションはMOPが「アップグレードパッケージ+全方位モニター用カメラパッケージ装着車」、DOPで「ドアバイザー」と「フロアマット」を装着。

納期は標準的

以前は4か月程度かかることもありましたが、現在では改善されて1~3か月と標準的な納期。

スポーツの方が時間がかかる傾向があります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スイフトの魅力はココだ!

スイフトスズキグローバル販売の中でもっとも台数が多いモデルです。2000年に発売となった初代モデル以降、2016年末に登場した4代目モデルまで一貫して個性的なスタイルと走りの良さというアイデンティティを継承。もちろん軽自動車で培ったスズキ小型化軽量化の技術が遺憾なく発揮されていることは美点ですが、内容に対して比較的安価販売価格についても評価されています。

地道な年次改良で着実にブラッシュアップ

現行4代目モデル2016年の発売以降、大掛かりなマイナーチェンジなどは行われていませんが、毎年一部仕様変更特別仕様車の設定などを実施。特に2020年小改良では安全装備充実が図られ、リヤパーキングセンサー標識認識機能車線逸脱抑制機能後退時ブレーキサポートが標準装備(除:MT車)された他、CVT車ハイブリッド系グレードにはACC(アダプティブクルーズコントロール)が停車まで追従できる全車速追従機能付へと進化しました。

デザイン面ではデビュー後、目立った変更はなくエクステリアの造形は歴代スイフトの流れを汲みながら、4代目の特徴として大開口のフロントグリルやブラックアウトしたピラーによるフローティングルーフで新しさを訴求しています。

引用:https://dime.jp/

そのフロントグリル2020年改良時に全車メッシュパターンに統一された新意匠メッキ付グリル変更を受けています。また、16インチアルミホイールを装着するグレードはそのデザインも新しくなりました。

インテリアはコンパクトカーらしい実用性を押さえつつも、センターコンソールを約5度ドライバー側へ傾けてスポーティなコクピット感を高めています。

もう一つのスイフト「スイフトスポーツ」は別格

さて、クルマ好きなら今さら説明不要ですがスイフトには、シリーズの走りを象徴する伝統的モデルとして「スイフトスポーツ」がラインナップされています。スイフト標準モデルにもスポーティな雰囲気のRSグレードは存在しますが、それとは別格の扱いとなり車両型式自体もスイフトスポーツは異なっています。

引用:https://bestcarweb.jp/

4代目スイフトスポーツ前3世代から大きな変化があり、それが心臓部。これまで継続してきた1.6ℓNA(自然吸気)エンジンから一転、1.4ℓ直噴ターボエンジンへと舵を切りました。

普段使いの中でスポーツを感じさせる貴重なモデル

軽量が信条のスイフトスポーツですから、ワイドボディ3ナンバーとなった4代目でも車重は1トンを切ります。そこへ自然吸気換算なら2.0ℓオーバートルクを持つエンジンを組み合わせているのですから、その走りの良さは推して知るべしと言ったところ。もちろんスイフトスポーツが目指すのはサーキットでタイムを削るような世界ではなく、ハッチバックとしての日常での扱いやすさは踏まえた上で、普段の何気ない場面でも感じられる身の丈に合った運転の歓びを提供することでしょう。

このジャンルはもはやライバル不在と言ってよく、Bセグコンパクトハッチバック専用エンジンを搭載した量産スポーツ車は今や貴重な存在なのです。

引用:https://www.webcg.net/

ちなみに国内スイフト史上では3ナンバーモデルとなるスイフトスポーツですが、そのワイドボディ専用品ということではなく、欧州などグローバルで販売されるスイフトボディそのもの。むしろ国内5ナンバーボディが、わざわざ日本専用に作られているものなのです。

最新ラインナップは全グレードが1.2ℓ4で統一

スイフトグレード設定5年が経過する中で改廃され、当初設定されていた1.0ℓガソリンターボはなくなり、”〇〇リミテッド”と称されていたグレードも整理されるなどして、2020年改良時に以下のラインナップとなりました。

ガソリンハイブリッドともにシンプルにベーシックグレード上位グレードという設定になっていますが、他車であまり見られないのはハイブリッド2種類あること。どちらも設定されるモーター小型のもので、例えばプリウスのようなストロングハイブリッドというよりは、燃費加速時のアシストに主眼を置いたマイルドハイブリッド系となります。但し、HYBRID SZについては時速60km/hまでなら”EV走行”も可能となっている点が違います。またこのグレードのみトランスミッションが5速AGSとなっていて、これはロボタイズドマニュアルトランスミッションというクラッチペダルがないMT車のこと。燃費向上コスト面で有利になるうえ、AT免許で運転できます。

おすすめグレードは欧州仕様の足回りを持つRS

スイフトおすすめグレードはズバリガソリンRSでしょう。
まず、スイフトハイブリッドは基本マイルドハイブリッドなので、通常のガソリン車に比べて劇的に燃費が向上するということもなく、カタログ値で見ても大体1km/ℓ程度。このくらいのなら運転の仕方で消えてしまうでしょうし、そもそも軽量スイフト燃費性能が優れている裏返しでもあります。

引用:https://www.goo-net.com/

価格重視でいけばRSより同じエンジンのXGがおよそ25万円安く当然有利ですから、実用性重視の選択ならXGも悪くありません。ただスイフトのキャラクターとしては、走りの良さは外せないところであり、イメージリーダーのスイフトスポーツまでは届かないとしても、RSなら十分に期待に応えてくれます。

実際RS欧州仕様チューニングが施された足回りを持ち、エクステリアもエアロ形状フロントリヤバンパーサイドアンダースポイラーでドレスアップされています。本革ステアリングXGへはオプションとなるLEDヘッドライト16インチアルミ標準なので、それら装備に魅力を感じるならコスパは決して悪くありません。繰り返しになりますが、欧州仕立てのシャキッとした乗り味はやはりスイフト価値を高めてくれるはずなので、ここはRSイチ推しとしておきます。

おすすめオプションは”鳥の目”をもつカメラパック

スイフトメーカーオプションは設定がとても少なく、全車共通で設定があるのが「全方位モニター用カメラパッケージ」です。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

スイフトオーディオレスが標準仕様なので、ナビ等は別に購入する必要がありますが、ディーラーオプションからナビゲーションシステムを選ぶ予定の方にはぜひ選んでほしいオプションになります。

クルマ前後左右4カ所カメラが設置され、対応のディーラーナビを装着すれば、クルマを真上から見たような俯瞰(ふかん)の映像をモニターに映し出せます。運転席から見えにくい場所を画面上確認でき、狭い場所での駐車も安心。ナビ本体の操作で、前後サイドなど視点を切り替えて周囲の環境を映し出します。

また、クルマを斜め上から捉え周囲360°立体的に表示できる「室外視点」と運転席から車体を透かして見たような「室内視点」に切り替えられる”3Dビュー表示”は先進性も感じられます。

イマどきクルマ感マシマシのこのオプションオススメですよ。

次期型スイフトはフルハイブリッドモデルへ進化?

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

日本はもとより欧州インド東南アジアなどで世界的に高く評価されているスイフトは、スズキ重要なグローバル商品。現行モデル6年目へ突入していることから、そろそろモデルチェンジとなってもおかしくありませんが、今のところ明確な情報は上がっていません。おそらくこれまでのサイズ感(国内では5ナンバー)を維持した上で、本格的なフルハイブリッドモデルの登場も考えられます。

激戦のコンパクトカー市場にどのような一石を投じるモデルになるのか興味は尽きません。

以上、スズキスイフト値引き相場レポートをお届けしました。

引用:https://www.webcg.net/


メニュー