クルドラ

スペーシア/カスタムの値引き相場レポート!【2022年8月最新・グレード別】実例から合格ラインを算出!

最終更新日 2022/8/2

コロナで揺れた2020年、ディフェンディングチャンピオンのN-BOXには及ばなかったものの、軽自動車販売台数2位に付けたのがスズキスペーシアす。

直近のマイチェンで先進安全装備の充実を図り、さらに勢いに乗る人気のスーパーハイト系ワゴン。そんなスペーシア購入を考えている方が一番気になっているのは、どのくらい値引きが可能なのかだと思います。

この記事を読めばわかること

  1. スペーシアの効率的な値引き交渉のやり方
  2. グレード毎の適正な値引き額
  3. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  4. ライバル車競合はN-BOXとタントが効果的
  5. スペーシア同士を競合させるコツ
  6. 売れ筋グレード「HYBRID X(2WD)」に月々18,900円で乗る方法

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達スズキディーラーに勤めているので現場リアル情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とスペーシアのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2022年8月最新】

スペーシア値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉18万20%
ライバル車を出して交渉14万15%
特に交渉なし10万0~5%

 

カスタム値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉17万20%
ライバル車を出して交渉14万15%
特に交渉なし11万0~5%

合格目標

値引き難易度:やや緩め

ライバル車も多くそれなりの値引きが出ています。限界は23万(OP込み)。

管理人

現在N-BOXを追いかける筆頭であり、値引き条件も出やすくなっています。

「異なるスズキ店での同士競合が効いた」

「N-BOXと競合させると値引きがUPした」

などの口コミが上がってきています。

管理人

ワンポイント


コロナ禍で中古車価格が上がり、買取店が買取価格をアップ→新車ディーラーが下取り車の査定額を高くして対抗の図式になっているので買い替えのチャンス。

特に自社モノは高く下取る傾向にあるので買取店と競争させれば想定外に高く売れることも多いです。
プラスして本体値引きも忘れずにゲットしましょう。
"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

カスタムのグレード(タイプ)別の値引き相場

グレード駆動車両本体価格
(税込み)
値引き目標額
(オプション含まず)
HYBRID GS2WD164万8,900円〜15万円
4WD177万2,100円〜18万円
HYBRID XS2WD176万4,400円〜18万円
4WD188万7,600円〜21万円
HYBRID XS
TURBO
2WD183万5,900円〜20万円
4WD195万9,100円〜22万円

ライバル車種と競合させる

ライバル車を持ち出して競合させたほうが、スペーシア一本にしぼって交渉するよりも値引きが出やすくなります。

スズキ営業マン値引きで対抗したくなるライバル車は、同じセグメントのN-BOXタントなどです。年間の販売台数トップの座を競う3モデルなので競争意識も高く、ガチンコの競合に持ち込みましょう。

また、ブランドにこだわらないふりをしてフレアワゴンを絡めるのもアリ。

営業マンどちらにするか本気で悩んでいると思わせれば、成約を勝ち取るためさらなる好条件が出る場合もあります。

スペーシア同士を競合させる

さらにスペーシア同士競合させることも切り札になり得ます

スペーシアスズキ全ディーラーで扱われていて、例えばスズキアリーナ○○○○部分が少しでも違うところが別会社別資本ですから、その複数店舗を回り他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えれば、値引きが大きくなることも期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にスズキ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーですよ。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてみてください。

オプション値引きはマスト

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイント
スペーシアの場合は選択用品価格概ね20%程度目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、最後にこのオプション品をおまけで付けてくれたら契約するよと言えば、ちょっとした純正アクセサリーなら付けてもらえることもあります。
具体的には

・フロアマット(ジュータン)
・ナンバープレートリム
・ルームランプバルブ
・ルームミラーカバー
・シートバックポケット
・インパネボックストレー
・ラゲッジマット(ソフトトレイ)
・デコステッカー
・アンブレラホルダー

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。ハンコを用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ
などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

細かいサービスをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング、メンテナンスパックのサービス
  • ・登録手数料のサービス、半額
  • ・納車時のガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ

などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですからお願いするのを忘れないようにしましょう。

特にコーティングは、もともと半分ディーラー利益なことや納車前の洗車をしなくてもよくなるのでサービスしてもらいやすいです。
また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にその販売店で加入してあげればディーラー営業マンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

購入者の声

N-BOXと競合させてもろもろサービスをゲットしました!

和歌山県 30代 男性
グレード:スペーシアカスタム HYBRID XSターボ 2WD
値引き額:11万円

家から近いスズキのディーラーで購入を計画。
交渉のためディーラーへ出向き、実際に試乗のうえ見積りも用意してもらいました。

しかし私が検討したときスペーシアはマイチェン直後だったこともあり、値引きは”片手”止まりでガッカリ

そこで奮起!N-BOXタント競合させてみたり、会社近くのスズキから見積書もらったりと商談を続け、粘りに粘って何とか諸々で11万円まで値引きを引き出すことに成功しました。

ホントはもう一押ししたかったのですが、今後も長くお世話になる予定ですから、担当さんの事も考え程々のところでハンコを押しました。
もちろん他にも支払い端数の切り捨て、納車時のガソリン満タンはゲットしたので概ね満足いく交渉でした。

納期はやや長め

納期は1~5か月。パッケージオプションなどによりさらに長くなる場合もあります。

残価設定型クレジットなら月々18,900円でスペーシアに乗れる

スズキには「かえるプラン」という残価設定クレジットのローンがあります。

上の画像が見積もりの例ですが、頭金50万、月々の支払い18,900円でスペーシアに乗ることも可能。

グレードはHYBRID X(2WD)、支払回数は60回(5年)、ボーナス払いなしなのでかなり現実的な条件ですよね。※金利は3.9%

最近ではメーカーによっては新車購入者の半分が利用しているというデータもありますので検討されてはいかがでしょうか。

ちなみにオプションはMOPが「全方位モニター付メモリーナビゲーション・スズキコネクト対応通信機装着車」、DOPが「ワイドバイザー」と「フロアマット」を装着。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スペーシアの魅力はココだ!

引用:https://www.webcartop.jp/

2020年軽自動車年間販売台数は、唯我独尊といわんばかりの強さを見せつけるホンダN-BOX1位なのは周知のとおりですが、第2位にランキングされたのがスズキスペーシアです。

2019年にはダイハツタントが、2020年初頭には日産ルークス新型となったことから、2017年デビューの現行スペーシアは少し厳しいかと思われましたが、しっかりとセカンドグリッドを確保しました。まぁ背景にはバリエーションモデルSUV風味スペーシアギア数字も含まれている要因もあるでしょうが、先の新型モデル2台を向こうに回しては健闘しています。
言うまでもなく現在の軽自動車市場を席捲しているのは、全高1700mm超えのスーパーハイト系モデル群。スズキでは2008年パレットでこの市場へ参入、当時売れていたタントにぶつけてきます。さらに後年、現在の王者N-BOXが超特大ヒットを飛ばすとスズキパレットを一代限りとして2013年初代スペーシアへ切り替えました。

引用:https://kakakumag.com/

現在のスペーシア2代目モデルスズキ社内では初代ワゴンR背高版といったデザインだったせいか、中身の良さが市場へ伝わりきらずに苦戦したとの評価でした。そのため2代目は、スーツケースをモチーフにルックスからガラリと印象を変えてきました。

もちろん中身の方もエンジンは全車にマイルドハイブリッドが搭載され、低燃費に寄与するほか発進時にはISG(モーター機能付き発電機)のアシストが得られます。さらに2017年のデビュー時点では”軽初装備のオンパレードで、2代目スペーシアがいかにスズキ渾身モデルであるかが伝わります。

徹底したこだわりが光るエクステリア

現行スペーシアのデザインモチーフは「スーツケース」。スーパーハイト系モデルはフォルムがどれも似通ってくるものですが、スペーシアではシルエットこそ箱そのものですが、角をまるめて親しみやすさを訴求。

引用:https://www.automesseweb.jp/

平坦なボディパネルに入るビード(断面が円弧形をしている箇所)もスーツケース風に見せています。またから見るとサイドウィンドウのドア部分だけを囲んだボディ色フレームが目を引きますが、ここはスーツケースの”持ち手”に見立てているのだとか。

イメージスケッチで突飛なアイデアが描かれるのは常ですが、それをしっかりと実車化してしまうのは、これまでとは違う!を十分に感じさせます。これにより従来スペーシアユーザーの割合として多かったママさんドライバー及び子育て世代層だけでなく、若者のファーストカーやレジャー用途での需要も喚起します。

若者向けと限定するわけではないでしょうが、2代目スペーシアカスタムはその大胆なマスクが特徴。バンパーやグリルのみならずフードフェンダーまで新造されているため、並べると同じクルマには見えません。

引用:https://car-mo.jp/

こうした2フェイス戦略はミニバンではよくある手法となりましたが、最新のタントルークスに見られる2019年以降のカスタム系のトレンドは、若干「オラオラ感」が薄まり、クールなタッチへと変化が感じられます。

それらと比べるとスペーシアカスタムのマスクは、やや前時代的なコワモテ感もありますね。

内装も共通モチーフで実用性と遊び心を

インテリアでもモチーフにスーツケースが掲げられ、わかりやすいのは助手席前方インパネアッパーボックス。通常ここにはトレー形状のデザインが採用されることが多いですが、スペーシアではスチールかジェラルミン製のケースを思わせるリッド(ふた)が付きます。他にもインナードアハンドルがスーツケースの”持ち手イメージで造り込まれています。

ハイト系ワゴンのセリングポイントであるラゲッジルームの使い勝手については、27インチ自転車が楽に積めることを前提にリヤシートを倒せば広大な空間が生まれます。

引用:https://www.autocar.jp/

先代2代目で大きく変わったのはそのリヤシート可倒機構。

先代が一般的な「ダイブダウン式」(シートを折りたたんでから、リヤ足元スペースへ落とし込む方式)だったのに対し、2代目は「ダブルフォールディング式」を採用。この方式はシートバックと同時に座面が沈み込むため、操作シンプルで楽な点がメリット。
ダイブダウンのようにラゲッジがきっちりとしたフラットにならないものの、リヤ足元スペースが残るので、前席スライド機構を殺さず運転手ドラポジに影響を与えないのがいいですね。

2020年に先進安全装備が大幅進化

冒頭でも触れましたがスペーシアにはデビュー当時、セグメントをリードする軽自動車装備がいくつも投入されました。フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ全方位カメラ映像3Dビュー表示後退時ブレーキサポート拡散型エアコンルーバーなどなど。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/

さすがにそれから3年以上過ぎると後発の新型ライバルにも採用されたり、逆に機能が超えられたりと業界の開発競争は続きます。

スペーシア2020年8月マイナーチェンジを実施しました。メインは装備の強化、特に予防安全装置運転支援システム拡充が中心となり、デュアルカメラブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)は、夜間の歩行者も検知可能なったほかSRSカーテンエアバッグ標準化されました。また全方位モニター用カメラパッケージ装着車に搭載される標識認識機能は、認識できる標識の種類が増加しています。

そしてついにスペーシアハイブリッドXアップグレードパッケージ付車とスペーシアカスタム全車に、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)が新採用されました。

引用:https://www.webcg.net/

電動パーキングブレーキによる渋滞追従機能まではありませんが、これにより今のところ王者N-BOXにはない装備を有したことになりますね。

スペーシアのおすすめグレードは?

スペーシアグレード構成はシンプルで、標準系はベーシクなGと上級装備のXスペーシアカスタムはベーシックなGSと上級装備のXS。ここまでは標準系と同じですが、カスタムにはその上にターボエンジンを搭載したグレードXSターボが設定されます。全車トランスミッションCVTで、全グレードに4WDを選ぶこともできます。

標準系のルックスでターボが選べないのは寂しいところですが、GXなら断然Xおすすめです。

G装備も決して悪くはないのですが、特に後席関係装備が省かれている印象で、ファミリーユースならX一択でしょう。もっとも大きな違いは後席パワースライドドアが装備されることで、これはGにはオプションでも付けることができません。スライドドアは便利な分、大きく重いことから電動で開け閉めできるのはありがたい装備。しかも半ドアを防止するスライドドアクローザーまで付きます。
他にも後席エアコンの効きを高めるスリムサーキュレーターや暑い日差しを和らげるロールサンシェード後席用アクセサリーソケットテーブルなどとにかくリヤシートに収まる人の快適性が違います。大小合わせて21点もの装備差は、14万円価格差では到底収まるとは思えずコスパにも優れます。

引用:https://www.autocar.jp/

スペーシアカスタムの方も若干内容は変わりますが、同様の理由で上級XSが魅力的。但し、カスタムには全グレード中唯一ターボモデルが選べるのは見逃せません。

スペーシアは全車マイルドハイブリッド仕様なので、街中での走行感に不足はありませんが、やはり高速道路などを使う場面では、ターボなら機敏な走りが期待できます。

2020年マイナーチェンジ時に行われた装備内容見直しにより、カスタムXSXSターボ差異は殆どなくなったため価格差7万円ターボエンジンパドルシフトの価格になります。軽のターボ車の価格上昇は他社モデルを見ても同じようなレベルなので、スペーシアカスタムならそのルックスに見合う動力性能を有するXSターボおすすめです。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

スペーシアのリセールバリュー高し

日本自動車販売4割に迫ろうかという軽自動車、特にその中でもスペーシアの属するスーパーハイト系は高い人気を誇り、当然手放す際のリセールバリューも期待できます。

スペーシアで見た場合、カスタムXSターボが平均走行距離の3年落ちモデルで残価率75~80%標準系でも上級のXだと同条件で70%近い水準なので、ユーザーさんには朗報でしょうか。もちろん今の時点の3年落ちだと現行モデルになるので、そこは少しひいき目に見る必要もありますが、このセグメント強さが伺えますね。

ライバル比較:ジャンルの先駆車ダイハツタント

スズキライバルとしてダイハツは外せない存在です。1980年代スズキアルトダイハツミラで始まった販売・開発競争は、90年代にはワゴンRムーヴへと流れ、現在はスペーシアタントという図式で続きます。
突如現れたホンダN-BOX両車抜き去られた事態はさておき、スペーシアが一番販売面で意識しているのはタントに違いありません。

タントはそれまでムーヴワゴンRで限界と思われた全高をさらに引き上げ、1700mmの壁を越えたパイオニアスペーシア前身パレットN-BOXだってタントのフォロワーなわけです。

引用:https://www.webcartop.jp/

スーパーハイト系というジャンルを確立した初代タント大ヒットモデルとなり、それまでわずかな差でスズキの後塵を拝し続けていたダイハツ軽販売台数ナンバーワンとなる立役者になりました。

現行タント2019年にフルモデルチェンジした4代目モデル開発のキモはダイハツの新開発アーキテクチャーDNGA最初に投入したモデルであること。これによりサスペンションやアンダーボディ、エンジン、トランスミッションなどプラットフォーム(車台)全ての構成要素が刷新されました。

もっともタントらしい個性を見せる装備が、2代目タントから採用されているミラクルオープンドアでしょう。これはBピラーボディではなくドア側に設けることで、助手席ドア左後ろスライドドアを一緒に開ければ、ピラーのない広々とした開口部になる機構です。中にはコレがあるからタントを選ぶというユーザーさんも多いようです。

引用:https://response.jp/

また標準系カスタム系というモデル構成最初に設定したのもタント。現行4代目も当然二本立てですが、先代タントカスタムに比べると4代目はギラギラメッキグリルを廃し、ブラックアウトした大人びた表情を感じさせます。

4代目タントが登場した直後は、先進安全装備の面などでスペーシアが遅れをとった感もありましたが、2020年マイナーチェンジで五分に戻した印象です。

舞台をスーパーハイト系ジャンルに移し、今後もこの2社そして2台の競争は続いていくでしょう。

引用:https://www.webcg.net/

以上、スズキスペーシア値引き相場レポートをお届けしました。

当サイトに寄せられた質問(FAQ)

QN-BOXとスペーシアで悩んでいます。値引きは同程度なのですが、前席まわりの収納面ではどちらが便利でしょうか?

AN-BOXとスペーシアの収納でいえばスペーシアの方が使いやすいです。蓋つきボックスがあったり、助手席下の収納スペースがあったりと片付けやすい設計となっていますよ!加えて助手席側に設置された、ティッシュが箱ごと入る引き出しも重宝します。

 

Q現在タントに乗っていて、次に乗り換えるのは絶対スペーシアにしようと思っていたのですが、予算的に厳しくてハイブリッドGでも少し足が出てしまっています。オプションも最低限にしてるし、営業マンさんも頑張ってくれてはいるのですが。
A実はスペーシアに標準装備されている安全装備のスズキセーフティーサポートをHYBRID Gの場合は非装着を選ぶことが可能です。安全性能が低下するのであまりおすすめはできませんが、安価にスペーシアを購入できる選択肢なので検討してみてはいかがでしょうか。

 

Q軽ハイトワゴンの購入を考えていて候補はN-BOX、タント、スペーシアです。あまり足腰の丈夫でない母親を乗せる機会が多いのですが、どれを選んだらいいでしょうか?ちなみにデザインはスペーシアが一番気に入っています。
A足腰が弱っているお母さまが乗るのは後部座席が多いと思います。後席への乗りやすさと車内の広さを考えると希望されているスペーシアがベストだと思いますよ。後席にエアコンの風がちゃんと届く「スリムサーキュレーター」も装備されていますしね。

 

Q先週スペーシアカスタムの商談に行き、見積もりをもらったところ、車両本体値引きが20万円で喜んでいたのですが、用品値引きがゼロでした。営業マンには「本体値引きを頑張ったので。あとは下取り車の買い取り額アップで対応させてください」と言われました。
A基本的に「車両本体」「オプション」「下取り価格」は明確に分けて交渉すべきです。細かく聞いて丸め込まれない用にしてください。下取り価格は当サイトでもご紹介しているなびくる査定でも相場をチェックしておけば安心ですよ!

メニュー