クルドラ

ラパンの値引き相場レポート!【グレード別・2023年2月最新】実データからリアルな合格ラインをまとめました

最終更新日 2023/1/31

レトロかわいい系の系譜を今に引き継ぐスズキラパン。2022年には新グレードとしてラパンLCが加わり、ユーザー層の拡大も狙っていきます。

そんなラパンの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

でも、「いくらまで値引きは可能ですか?」なんてストレートには聞きづらいですよね。

そこでこの記事を読めばわかること

  1. ラパンの値引き交渉の効率的なやり方
  2. ライバル車競合はミラトコット、N-ONEが効果的
  3. ラパン同士を競合させるコツ
  4. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  5. ラパンの魅力はココだ!

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人

実は管理人友達スズキの営業マンをしているので現場リアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とラパンのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2023年2月最新

ラパンの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉15万20%
ライバル車を出して交渉12万15%
特に交渉なし7~8万0~5%

が合格目標。

値引き難易度:普通

年内にフルチェンされるという情報が出ています。

2022年の夏にマイナーチェンジが行われ、先進安全装備の充実や新グレード”LC“の追加などが実施されたばかり。

若干値引きが引き締まったところもあるようですが、あまり数の出るクルマではないので基本は値引き交渉次第です。強気に攻めていきましょう。

「ミラトコットやN-ONEと競合させると値引きが増えた」
「オプションの値引きに絞って交渉したらたくさんサービスしてくれた」

などの口コミが上がってきています。

グレード(タイプ)別の値引き相場

グレード駆動車両価格
(税込み)
値引き相場
(付属品含まず)
GFF1,251,800円〜12万円
4WD1,364,000円〜13万円
LFF1,353,600円〜13万円
4WD1,464,100円〜14万円
LC LFF1,409,100円〜14万円
4WD1,513,600円〜15万円
XFF1,496,000円〜14万円
4WD1,597,200円〜15万円
LC XFF1,545,500円〜15万円
4WD1,646,700円〜16万円

管理人

ワンポイント


新車の初売りセールが始まりました。納期が長い問題があるとはいえオトクに車を買えるチャンスなのは確か。


"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本

ライバル車種を出して競合させたほうが、ラパン一本にしぼって交渉するよりも値引きが出やすくなります。
スズキの営業マンが値引きで対抗したくなる競合車種で、引き合いに出すとよいのはガチライバルのミラトコットを筆頭にN-ONEなども効果的。他にも軽自動車ではありませんが軽並み低価格がウリのパッソなどをぶつけて行きましょう。

管理人

営業マンどちらにするか本気で悩んでいると思わせれば、成約を勝ち取るためさらなる好条件が出る場合もあります。参考に次記事も読んでみてくださいね。

購入者の声

ミラトコットと競わせてうまく行きましたよ!

愛知県 女性 30代
グレード:X
値引き額:車両本体10万円
サービス:オプションから6万円値引き

30の節目に免許を取得。愛車としてラパンミラトコットのどちらかを買おうと考えていたんですが、実際に見てみると無機質なトコットに対してラパンの方がグっとキャラが立っていて好印象。
クリーム色のボディカラーなら”あざとい可愛さ”も適度に薄まってイイ感じです。値引きは最初は7万までと販売店側も様子見してる雰囲気を感じたので粘って交渉することにしました。

実は弟がトコットがいいんじゃない?って話しててどちらにしようか迷ってます。私自身はよくしてくれるあなたから買いたいんだけど
と営業マンの気持ちに訴える作戦に出たところ、営業マンさんが「これ以上は私では決済できないので店長に相談してみます」と奥で5分くらい話した後戻ってきて「ディーラーオプションからさらに5万までなら値引けます。これが限界なのであとは持ち込みのナビとドラレコの取り付け工賃を無料サービスします」とのこと。

総額では16万円値引きしてもらっている計算で、初マイカーはとても満足できる買い物になりました!

ラパン同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車による競合でうまくいかなかったときでも、経営資本の異なるスズキ店同士競わせる方法切り札になります。

ラパン全スズキディーラーで扱われていて、スズキ○○○○部分が少しでも違う店舗が別会社別資本ですので、その複数店舗を回り「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることも期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

管理人

手間も掛かりますが多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車との競合別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときはサブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。

特にスズキ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーですよ。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
未登録車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。
メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてくださいね。

オプション値引きはコスパも良い

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイント。営業マンにお願いするだけで手間もかかりません。

ラパンの場合は選択用品価格概ね20%程度目標に交渉しましょう。また、契約直前だけに通用するやり方ですが「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたアクセサリー類なら付けてもらえることもあります。

具体的には

ナンバープレートリム
助手席収納ボックス
トノカバー
アームレストボックストレー
マルチユースバッグ
ラゲッジマット(ソフトトレー)
アンブレラホルダー
Lapinオーナーズケース

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙いましょう。具体的には取付工賃がかからないものを選ぶのがポイント

また、ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールする演出も忘れずに。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ
黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

管理人

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ

などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせ値引きを狙う方法もあります。
決算期も相場以上のビックリするような値引きがあり得ますので

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

今は買っても良いタイミング

ラパンは昨夏マイナーチェンジを済ませたばかりなので当面変更予定もなく、値引きの金額もあまり動きません。

2~3か月待てばもっと安く買えていたのに…

といった心配もありませんので今買ってもOKです。

納期は標準的


ラパンの納期1~3か月となっています。

希望のグレードボディカラーがはまれば、こんなご時世で”即納“もあり得ますよ。もっともLCの追加などでラパン人気が再燃するようだとすぐに風向きが変わることも・・・?

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

ラパンの魅力はココだ!

引用:https://response.jp/

今の軽自動車マーケットは背の高いハイト系モデル、N-BOXタントワゴンRデイズなどが主流ですが、そうした2010年代以降のムーヴメントの少し前、確実にあったのがセダン型軽自動車レトロチックにモデファイしたモデル群。例えばミラジーノヴィヴィオビストロプレオネスタセルボクラシックなど各軽メーカーから矢継ぎ早に登場してきました。

その流れはやがてレトロからカワイイ系の流れを生み、ミラココアや本稿の主役アルトラパンなどへと繋がりました。
レトロ系はすべて消滅しましたが、カワイイ系ではミラココアが進化したミラトコットアルトラパンともに代を重ねています。

ラパンの現行型は2015年にモデルチェンジした3代目モデルです。2001年発売の初代モデルから一貫して箱型エクステリアに丸みを帯びたフォルムを継承。3代目ヘッドライト丸目になったことで、連携した丸いドアミラーリヤコンビネーションランプと合わせ、これまで以上にやさしい雰囲気を醸し出しています。

そうしたイメージはインテリアも同様でコンセプトは「わたしの部屋」。棚状のインパネには木目調などがあしらわれ、エアコンナビ周りメーター類などにもほとんど”カド”は感じさせない造形です。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

ツートンカラーシート地もロハス的で、ピンポイントのターゲット層である女性に刺さりそうなデザイン。全グレードにシートヒーター標準なのもそうですが、実際にラパンの開発は女性中心ワーキンググループによるもので、それも納得できる仕上がりです。

車名に由来する(うさぎ)モチーフも各所に小技で効いています。

デビューから7年を越える3代目ラパンは何度かの小改良が入っていますが、2022年6月には夜間歩行者を検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。また、USB電源ソケット(TypeA/TypeC)も全車標準となりました。

さらにこのタイミングで大きなトピックがあり、それが新グレードラパンLC」の追加発売です。

レトロ感がアップした新グレード”LC“が登場

LCはノーマルモデルのLXをベースに内外装リニューアルしたグレード。特にエクステリアは大きく変わり、専用メッキフロントグリルガーニッシュメッキヘッドランプガーニッシュLCエンブレム付メッキバックドアガーニッシュなどを採用し、これまでのカワイイ系から、懐かしさを感じるレトロ系へと回帰するデザインとなっています。

引用:https://www.webcg.net/

モチーフは1967年に発表された2代目フロンテ360と思われ、車名にもストレートにフロンテ型式番号(LC型)が反映されています。

LCにもフロントエンブレムをはじめとした兎モチーフは多用されていますが、それでも従来の女性用というイメージから若干軌道修正し、ユニセックスな方向へ転換した感じですね。

LCインテリアは造形こそノーマルモデルと変わりませんが、薄いブラウンが配色された室内は落ち着いた印象を与え、ノーマル系では上級グレードに限られる本革ステアリングオートエアコンLCでは標準になっています。

ハイブリッドはなくとも燃費は優秀なラパン

LCを含むすべてのラパンのメカニズム面は全車共通仕様になっていて、エンジンR06A型NA(自然吸気)、トランスミッションCVTの一本。スズキの他モデルで採用の多いマイルドハイブリッドの設定はありません。
それでも車重の軽さ(680~730kg)が活き、燃費クラストップレベル数値(26.2km/ℓ)をマークしています。

先進安全装備は2022年にもアップデートされたスズキセーフティサポート全車標準ですが、残念ながらACC(アダプティブクルーズコントロール)の用意だけはありません。

ラパンのグレードと価格

2022年モデルのラパングレード価格は以下のとおりです。

前段のとおりラパンのメカニズム面は全車共通のため、あくまで装備差によってグレードが展開されていて、全タイプでFF4WDが選択可能。ベーシックなGグレードだけはLCに設定がありません。

ラパンのおすすめグレードはどれ?

ノーマル系ラパンでは上記のとおり3タイプから選択できます。エントリーグレードGハロゲンヘッドライトマニュアルエアコンなど装備レベルを落として、120万円台価格を実現。スズキセーフティサポート標準ですが、他グレードと違いメーカーオプションの設定ができないのが残念なところ。

一つ上のLグレードになるとそこが解消され、バックアイカメラ付きディスプレイオーディオや安全性を高める全方位モニター用カメラパッケージオプション選択が可能になります。またエクステリアもヘッドライトLEDになるほか、UV&IRカット機能付きフロントドアガラスの採用は女性ユーザーには嬉しい装備ですね。エアコンもフルオートになります。

引用:https://www.dicjpn.jp/

最上級グレードXは何と言っても2トーンルーフを選べるようになり、ボディカラー全11色が揃います。フロントグリル2020年まで販売していた「ラパンモード」のメッキグリルが備わり、足元もアルミホイールに。また、見栄えで大きく変わるのがブラック処理されたA・Bピラー。他グレードはここがボディ色になっていますが、ブラックになることでシルエットが引き締まります。特に2トーンルーフと組み合わせるとより際立ちます。

インテリアでも専用装備があり、ナチュラルテイストのウッド調インパネパネル2色から選べるシート表皮などもXグレードだけのもの。オートエアコンには「ナノイーX」が搭載され、UV&IRカットガラスXなら360°全周が対象となっています。

趣味性の高いラパンはトップグレードXがオススメ

XGよりも約24万円高ですが、装備は格段に向上することに加え、ラパンのセリングポイントである内外装のルックデザイン性はやはりX完成形と思われ、価格差を埋めて余りある満足感を得られるはず。オススメはズバリXグレード、好みによりますが2トーンルーフなら尚ヨシといったところでしょう。

ラパンLCは機能・装備面ではノーマル系LおよびXと大差なく、違いはエクステリアインテリア専用デザインです。

引用:https://www.vipauto.co.jp/

特にフロントマスクなどはノーマル系とかなり違うので、ここはお好みでといったところでしょう。確かにノーマルよりもややアクの強いルックは、男性ユーザーにも受け入れやすい感じがします。

LC上位のXでもモノトーンの場合はA・Bピラーボディ色で、ノーマル系のようにブラック処理していません。また2トーンルーフの場合もA・Bピラールーフカラーになっていて、ピラーブラック処理しないことがLCの個性になっています。

LC2トーンルーフを選ぶことができ、インテリアのドアパネル2トーン化されるXグレードがイチ推しです。

ライバル比較:走る無印良品ダイハツミラトコット

スズキライバル筆頭は今も昔もダイハツなのは間違いなく、あらゆるセグメントでライバル車が設定されています。

アルトミライースワゴンRムーヴスペーシアタントワゴンRスマイルムーヴキャンバスハスラータフト等々。特にスマイルハスラーなどはホンダ日産では空白となっているジャンルですが、ダイハツだけはしっかりとライバル車を用意している格好です。

引用:https://response.jp/

そこでラパンライバルですが、ココも他メーカーにはなくてもダイハツはしっかりと設定されており、それが”ミラトコット“です。

トコット2018年に登場したブランニューモデルですが、直前まで販売されていたミラココア後継車にも位置付けられます。

デビュー直後のCMキャラクターちびまる子ちゃんが選ばれるなど、トコットのターゲットは若い女性に軸足があるように感じられますが、ラパンほどには”カワイイ感”が強調されておらず、どちらかと言えば1999年発売のミラジーノからの流れをくむレトロデザインの系譜を思わせます。

エクステリアはスクエア基調ですがカド丸みを持たせることで、同じく丸調の前後ランプと共にどこかホッとするデザイン。無駄なディテールを徹底して廃し、シンプルさ、素の魅力が前面に押し出されています。アース系ボディカラーをメインに据えていることでさらにロハス度も上がります。

これはインテリアも同様でセラミックホワイトインパネガーニッシュをあしらった、シンプルシックな印象にまとめられています。

実力は互角の両車!決め手はデザインの好みで!

引用:https://cartune.me/notes/

現行ラパントコットはそれぞれ2015年2018年の発売になるため、両車とも数度の年次改良を経ています。そのためトコットのデビュー当初は先進安全装備などで、かなりリードしていたところもありましたが、ラパン2022年改良デュアルカメラブレーキサポート全車標準化されたことで、一気にが縮まりました。

トコットのプラットフォームは新世代DNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャー)になっているので、走行面での懐の深さは一枚上と思われますが、燃費性能エネチャージアイドリングストップを採用していることでラパンが勝ります。

そもそも価格を抑えなければならないベーシックな軽セダン両車で性能云々の差別化はむずかしいところです。検討されるユーザーさん主観により「どちらのデザインが好みか」、また「どちらがお得に買えるか」で選ぶのが正解でしょう。

以上、スズキラパン値引き相場レポートをお届けしました。

引用:https://www.gqjapan.jp/

 

 

スポンサーリンク

メニュー