クルドラ

ジムニー/シエラの値引き相場レポート【どこよりも詳しいグレード毎・2022年10月最新】実データから合格ラインを算出!

最終更新日 2022/10/1

老若男女、幅広い層から愛される国産最強オフロード車の「スズキジムニーは爆発的な人気を獲得しています。発売後4年が過ぎましたが、軽自動車のジムニーも5ナンバーボディのジムニーシエラ納期は未だに1年以上。

そんなジムニーの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

この記事を読めばわかること

    1. ジムニーの値引き交渉の効率的なやり方
    2. グレード毎の適正な値引き額
    3. オプション値引きとおまけサービスをゲットする方法
    4. ライバル車競合はムリ?それとも・・・
    5. ジムニー同士を競合させるコツ
    6. ジムニーの魅力はココだ!

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないような情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がスズキのディーラーに勤めているので現場のリアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とジムニー/シエラのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2022年10月最新】

ジムニーの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉10万10%
ライバル車を出して交渉6万5%
特に交渉なし0~3万0%

ジムニーシエラの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉8万10%
ライバル車を出して交渉4万5%
特に交渉なし0~2万0%

が合格目標。

値引き難易度:厳しい

依然として高い人気で、”指名買い“がほとんどなため商談も渋め。ですが、納期が異常に長いので片手くらいの値引きは”お待たせ料“的に出ています。

「コレ!」といったライバル車は居ませんので同士競合メインに進めるのが得策。

「車両からは無理だったので付属品値引きに切り替えて上手くいった」

「異資本のスズキ店を複数回って値引きをゲット」

などの口コミが上がってきています。

ジムニーのグレード毎値引き相場

グレード車両本体価格
(税込み)
値引き相場
(オプション含まず)
XG148万5,000円〜7万円
XL161万1,500円〜9万円
XC177万6,500円〜11万円

シエラのグレード毎値引き相場

グレード車両本体価格
(税込み)
値引き相場
(オプション含まず)
JL179万3,000円〜8万円
JC195万8,000円〜10万円
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本

ジムニーしか眼中にないことを態度に出すと値引きがストップしがち。

孤高の存在感を放つモデルとはいえ、競合値引きを引き出すならスズキのライバル筆頭ダイハツタフトや、シエラ狙いなら同じ5ナンバーSUVロッキーなどを持ち出しましょう。

これらの車名を出すことにより競争意識を煽りどちらにするか本気で悩んでいると思わせられれば、気を変えさせるため更なる値引きを引き出せる場合もあります。参考に次記事も読んでみてくださいね。

ジムニー同士を競合させれば大幅値引きも

明確なライバル車がいないジムニーですから、同士競合させることは重要です。

ジムニー全スズキディーラーで扱われていて、スズキ○○○○部分が少しでも違うところが別会社別資本ですので、その複数店舗を回り「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

管理人
いくつかのスズキ店を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでラッキーですよ。 

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にスズキ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーですよ。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてみてください。

オプション値引きはマスト

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。営業マンにお願いするだけで手間もかかりません。

ジムニーの場合は選択用品価格概ね10%程度目標に交渉しましょう。また、契約直前だけに通用するやり方ですがこのオプションをサービスで付けてくれたら契約するよと言えば、ちょっとしたアクセサリー類なら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ドアバイザー
・フロアマット
・ラゲッジネット
・ユーティリティカラーリングフック
・ルームランプバルブ
・デコステッカー
・スペアタイヤハーフカバーデカール
・携帯リモコンカバー
・ナンバープレートリム

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙いましょう。具体的には取付工賃がかからないものを選ぶのがポイント

また、ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよなどと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせて値引きを狙う方法もあります。

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

上記のようなタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は1年以上と記録的な長期化が続く・・・

少しは短くなったかな、と思われた時期もあったようですが結局はまだ軽く1年は覚悟が必要な納期。営業マンも契約段階では明確な納期を伝えてくれません。

スズキ増産+工場フル稼働生産していますが、オーダーには追い付きません。どちらかと言えばシエラの方が遅くなるという口コミも。

運良くキャンセルが出て、納期が繰り上がることもあるでしょうが、やっぱり「そんなに待てないよ…」という方も多いでしょう。通常そうした場合は中古車・新古車狙いで行くのも手なのですが、ジムニーになると「中古だから安く買える」ということは期待薄で、新古車などは新車価格よりも高いタマがほとんど。

あくまで支払い額より納期が優先!という方も多いのでしょうね。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

ジムニーの魅力はココだ!

引用:https://www.webcg.net/

軽自動車本格オフローダージムニー」が誕生してから早、半世紀が過ぎていますが現行型はまだ4代目。つまり一代当りの生産期間が長く、どの世代の型も根強い人気に支えられてきたことを意味します。
確かにいつの世もジムニーは一定数の好事家がいることを感じさてきましたが、2018年に登場した現行4代目は少々事情が違っています。

4年が過ぎても納期は1年待ちが続く人気車

2022年の今年は登場から既に4年が経っているわけですが、いまだに発注してから納車までに1年以上の時間が必要です。これは昨今のコロナ禍以降の半導体不足部材調達遅れに起因して始まったことではなく、2018年の登場直後からずっとそうした状況が継続しています。

生産自体を絞っているわけではなく、軽ジムニー小型車ジムニーシエラ(以下シエラ)も年間販売計画を数倍上回る供給は続けていて、売行きがそれをはるかに凌いでいるのが実態です。

引用:https://genroq.jp/

変わらないことに価値があるブレないキャラクター

ジムニー&シエラの人気の源は”変わらない魅力です。それは初代から一貫して小ささ軽さを生かした世界トップレベルの悪路走破性を持つ”ホンモノ”のクロカンであること。最新型であってもラダーフレームエンジン縦置きFRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD前後リジットアクスルサスペンションといったメカニズムは50年に渡りずっと踏襲しています。

もちろん現行型自動ブレーキなどから構成される先進安全装備「スズキセーフティサポート」や新開発エンジンの搭載、横滑り防止装置を使ったブレーキLSDヒルディセンドコントロールなどアップデートされるべきところにはしっかりとが入っています。

ワイドフェンダー5ナンバーのシエラも魅力

エクステリアは切り立ったウィンドシールド水平基調ベルトラインスクエアボディ機能性がダイレクトに表現された小さいながらもタフなデザイン。1.5ℓエンジンを積む5ナンバー車シエラは、そこへ拡幅した前後専用バンパーオーバーフェンダーサイドアンダーガーニッシュが加わり、スクエアなボディと相まって、こちらがオリジナルにも感じられるほどのまとまりを見せます。

引用:https://car.motor-fan.jp/

インテリアもいい意味で機能一辺倒といった趣きを感じさせ、視界確保のためB・Cピラートリムをなくしたり、グローブをしたままでも操作しやすいスイッチ形状にしたりと高い実用性を優先した造形になっています。

肝心要のクロカン性能ラダーフレームリジッドアクスル式サスに代表され、もはやこの構造を合わせ持つ現役モデルジープラングラーくらいしかありません。当然オンロード性能ではモノコック構造独立懸架サスのイマドキSUVには敵わないですが、それらとは比較にならない悪路走破性を有しています。

最新ジムニー/シエラのグレードと価格

現行ジムニー1種類エンジン、駆動方式は4WDのみでトランスミッションだけ5速MT4速ATが選べます。この構成はシエラも同様です。

グレード体系ジムニーに装備差で3タイプシエラ2タイプ用意され、ジムニーボトムグレードXGにあたるモデルがシエラにはない設定です。

全タイプ、エンジンサスペンションのセッティングなどに違いはないため、機能装備にどこまで求めるかでチョイスする格好になります。これまで全体的な流通量を見るとジムニーシエラトップグレードの比率が高くなっていますが、これは「スズキセーフティサポート」が標準なためでしょう。
今どきこうしたADAS系装備がないこと自体めずらしく、たとえ特殊性の高いジムニーであってもそこは外せないところ。ジムニーおよびシエラその他のグレードでもメーカーオプションとして選択はできましたが、やはり”標準”の方へが向いてしまうのかも知れません。

22年の小改良でスズキセーフティサポート全車標準化

果たしてそうした市場の動向を汲んだのか、規制対応のためか定かではありませんが、2022年6月に行われた小改良時スズキセーフティサポート全グレード標準化へと切り替わりました。
衝突被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能(ATのみ)、車線逸脱警報機能ふらつき警報機能ハイビームアシスト先行車発進お知らせ機能標識認識機能7点標準化された内容ですが、車両本体価格自体はこれまでメーカーオプション価格であった42,900円がそのまま上乗せされています。

引用:https://www.goo-net.com/

おすすめグレードはジムニーXL/シエラJL

さて、先進安全装備格差が大幅に縮まった現行ラインナップでイチ推しはジムニーならXLシエラならJL中間グレード魅力度が高いように感じます。

ジムニーシエラ共にトップグレードとの価格差はどちらも122,100円。これで上位から無くなる装備アルミホイールクルーズコントロール本革ステアリングLEDヘッドライト位で、あとは細々したメッキ加飾が数カ所といった程度です。

筆者としても普通にマイカーとしてならアルミ本革ステアリングなど、そりゃあ付いているもんだ、と思いますがことジムニーになると見方も変わります。
乗り心地良く快適な移動空間が欲しいだけなら何もジムニーを選ぶ必要もなく、、、趣味性の高いジムニーを買うならある程度オフロードユースも視野に入るでしょう。ラフにガンガン使いこなす愛車華美な装備は不釣り合い。鉄チンホイールウレタンハンドル上等です。冬場のレジャーならLEDでないハロゲンヘッドライトの方がもしっかり溶かしてくれますしね。

引用:https://www.bigmotor.co.jp/

あと、ジムニークルーズコントロールって、自動速度調節してくれる所謂ACC(アダプティブクルーズコントロール)じゃありませんので、そちらもさほど気になりません。

よってオススメしたいのはジムニーXLシエラJLですが、ジムニーのみ「助手席を乗せるようなクルマじゃねぇ」というほど硬派な方なら、潔いくらい簡素装備XGを選ぶのが””ですかね?

孤高のジムニーにライバル車はあるのか

2022年に売られているクルマの中からジムニーライバルをピックアップするのは難しい、というより「該当車なし」が正解でしょう。

少し時間を遡れば、かつてガチンコのライバルといえたモデルもありました。筆頭は同じ軽自動車の「三菱パジェロミニ」です。クロスカントリーモデルの代表パジェロ技術を最大限に凝縮した軽自動車として、1994年から2013年まで2代に渡り販売されていました。ワイドフェンダーを持つ5ナンバー車パジェロ・ジュニア」を設定していたのもジムニー同様です。

引用:https://www.webcartop.jp/

特に初代モデルの方は、モノコックボディラダーフレームを合わせたビルドインモノコック構造が採用され、オンロード志向を重視した2代目モデルに比べるとよりジムニーの路線に近かったような印象があります。

ジムニーのシェアを奪えなかったパジェロミニ

パジェロのエッセンスを凝縮したようなデザインや、5バルブ直4エンジン、日常の使い勝手に優れるところなどが評価され、一時期はジムニーのお株を奪う人気を得たものの徐々に販売も低迷。法規制対応などのクリアも難しくなってきたことから生産終了になっています。

それに対しジムニーは殊さらパジェロミニをライバル視して、迎え撃つような軌道修正をすることもなく、徹底して本格オフローダーというコンセプトを貫き通しました。そうした姿勢オフローダーを愛用するユーザー層に「やはりジムニーしかない」という考えを根付かせ、50年を越える歴史を築くブランドへと成長したのでしょうね。

5ドアのロングボディがいよいよスタンバイ

販売から4年経っても中々短縮されないジムニーの納期ですが、そうした状況を尻目にかねてからウワサされていた「ジムニー5ドア」の概要が徐々に見えてきたようです。

引用:https://response.jp/

海外のスクープ画像ではカムフラージュされている姿ながら、これまであった3ドアストレッチしたようなテスト車両的なものではなく、長さが絶妙に短縮された前後ドアや追加されたクォーターウィンドウらしき凹みなどから、ほぼ実車の姿であると分かります。

海外仕様なのでベースはシエラのようですが、インテリアにも現行モデルより大きなセンターディスプレイがあることから、ジムニーシリーズ全体でのマイナーチェンジ要素も窺えます。

しかし現在販売されている3ドアジムニーでさえ、1年以上のウェイティングリストなのですから、その間に5ドア追加マイチェンが決まるとなると、待っている方々は微妙な感じでしょうね。

もっともそれらが納車になるのは、同じく更に1年以上先なら関係ないのかな?

引用:https://www.webcg.net/

以上、ジムニー&シエラ値引き相場レポートをお届けしました。


メニュー