クルドラ

エスクードの値引き相場レポート!267件の実販売データから合格ラインを算出!

ハンガリーで生産される、力強い走りが特徴のシティ派SUV。

そんなエスクードの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・エスクードの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がスズキのディーラーに勤めているのです。

なので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?【2019年8月最新】

エスクードの値引き相場はズバリ

車両本体 23万円
オプション値引き 20%

が合格目標になります。

値引き難易度:やや緩い

他社の同等クラスのSUVと比較して車体価格は少し安めとなっているので、20万円の値引きは大きいです。

「近くの正規販売店と副代理店でエスクードの同士競合をしたら効いた」

「C-HR、ヴェゼルをぶつけて値引きが伸びた」

などの口コミが上がってきています。
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはC-HRヴェゼルCX-3などが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

エスクード同士を競合させる

さらにエスクード同士を競合させることも効果的です。

エスクードはスズキディーラーで扱われていて、スズキ○○の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのスズキ店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

 

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。

エスクードの場合はおおむね15~20%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・バックドアモール
・リヤバンパープレート
・センターコンソールガーニッシュ
・ステアリングガーニッシュ
・センタークロック
・ドアバイザー
・フロアマット
・ラゲッジマット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコや印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。
escudo00

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

エスクードの場合、最初は15万円程度の提示をされることも多いです。それ以上を求めないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

決算期やセールを狙う

期末セールや在庫一掃的なセールを狙うことで値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
■ボーナス時期の6月
■ボーナス&年末商戦期の12月
タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。

オマケお願いイメージ

特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

納期は標準的

1~3ヶ月程度です。最初のころは伸びることも多かったですが、最近は落ち着いているようです。

エスクードの未使用車の流通量は少ない

値引きを重視する場合や納期を短縮したい場合にメーカーが登録しただけの未使用車を狙うのも良いやり方ですが、エスクードの未使用車はあまり市場に出ていません。

低距離走行の中古車を狙うならなびくる+がオススメです。

>>エスクードの未使用車、中古車を無料で探す

※なびくる+は、欲しい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけで、車探しのプロが非公開車両を含む膨大な車両情報から、希望の未使用車、中古車を探してくれるサービスです。

新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」搭載

エスクードはスズキでは珍しいクロスオーバーSUVとなっています。

海外では呼び名が変わり、ヴィターラとなります。

走破性が高く海外でも需要のある車となっています。

また、2列目シートを倒すとフラットになり広々とした空間となり、大きなものでも楽々乗せることができます。

室内空間もダークな色調にシルバーが合わせられており、落ち着いた感じの仕上がりとなっています。

走りでは林道や雪道などのわだちが深い場所でも安心して走行ができるようになっているので田舎道などでも需要がありそうです。

評判、評価は?

スズキと聞いたら軽を想像してしまいがちですが、エスクードは他社のSUVをも凌ぐ能力があり、日本のみならず海外でも人気の車種となっています。

違和感なく運転できるようにシートのフィット感も調整されており、乗った方からは満足の声が挙げられています。

また、エスクードはヨーロッパで作られている為逆輸入車という位置付けになります。

外車に乗りたいけど高すぎて・・という方にも210万円程~のエスクードは高い評価を得ています。
escudo01

買って満足したポイント

エスクード購入者

「買って良かった」

1.4L直噴ターボが思ったよりも全然パワフルで買った良かったと気に入っています。

外車なのに日本の交通環境にマッチしたサイズ感なのも良い。

購入者
輸入車なのに価格が安くてコスパを考えても良かったです。

本革とスエード調クロスを用いたシート表皮も素材感が良くてお気に入りです。

買って後悔したポイント

購入者
「買って失敗かも」

買ってすぐエンジントラブルがあって直すのに時間もお金もかかったので失敗だったかも。悪路走破性も思ったほどではなかった。

コスパを考えるなら社外品のナビ

コスパで選ぶ場合であってもグレードがひとつで4WD、ATのみの設定となっているため、導入費用の安いカラーを選ぶなどでしかコスパを上げる方法はないともいえます。

コスミックブラックパールメタリック及びギャラクティックグレーメタリックの塗装は特別塗装料金がかからないため安い導入費用となります。

予防安全装備のレーダーブレーキサポートII、LEDヘッドランプや17インチアルミホイールが標準装備されており、オプションらしい装備はカーナビ程度なのですが、こちらはメーカーオプションでの設定が無いため、社外品で価格の納得できるものを装備すると良いでしょう。

リセールを考るよりも好みを優先すべき

リセールで選ぶ場合でもグレードがひとつで4WD、ATのみの設定となっており、ツートンカラーやホワイトパール塗装などは特別塗装料金がかかるのですが、エスクード自体が販売台数がそう多くない車でもあり、色によるリセールの強みがあまり出るとは言い難く、好みを優先して選ぶほうがベターでしょう。

予防安全装備のレーダーブレーキサポートII、LEDヘッドランプや17インチアルミホイールが標準装備されており、オプションらしい装備はカーナビ程度なのですが、こちらはメーカーオプションでの設定が無いため、ハイグレードモデルなどでリセール価値を高めるという手もあります。

アクセサリーオプションはインパネガーニッシュなどがありますが、リセール価値を高めるほどの価格ではないため、好みで装備するレベルでしょう。

どんな人向けの車か?

運転が路面の状況に応じたりドラバーの気分で変えられるので、運転が好きな人や長い距離を運転する事が多い人が向いています。

運転がしやすい機能が沢山あるので、まさに運転好きの人向けの車です。

ただし後部座席にリクライニングがなかったりして、コンパクトではあるが室内が狭いので大人が乗るには窮屈さを感じます。

このため大人の家族だけでは狭いが、ファミリカーとして子どものいる家庭が利用するには丁度良い車です。

運転も楽しみたいが、家族でも乗りたい人には両方が叶えられるのでオススメです。

安全装備は?

escudo05
車両走行安定補助システムで、高度な電子制御によってコーナーでの横滑りを抑えて安定した走りができます。

EBD付4輪ABSとブレーキアシストが採用されているので、滑りやすい路面でも急ブレーキをした時にタイヤのロックを防いで車体を安定させてくれます。

ハンドルの操作によって、障害物を回避してもくれます。

エマージェンシーストップシグナルは、急ブレーキをかけると自動でハザードランプを点灯させて後続車に知らせます。

収納スペースは?

escudo06
ランゲージスペースは、積載性が高く開口部は広く高さも高いので縦に長い荷物も楽に積み込めます。

リアシートを上段と下段にセットできるラゲッジボードがあり、荷物のタイプや用途に合わせて自由自在にアレンジできます。

ランゲージボードを下段にセットして、両サイドの切り板を外すと広さが最大になります。

上段にセットすると、小さい小物も収納が可能です。

取り外し可能な仕切り板もあるので、荷物の形に合わせて取り外せてラゲッジシェルフの裏に取り外した板を収納できます。

居住性・快適性は?

シートは本革とスエード調表皮を使用していて、スポーティーな形状なので長時間のドライブも疲れにくいです。

シートスライドとシートリフターは細かく調整が出来て、チルトとテレスコピックステアリングと同じようにドライバーの体格に合わせて最適なポジションを作れます。

ブラック基調でまとまっていて、アクセントでシルバーがあるので引き締まった感じがします。

後部座席にはリクライニングがないので、リラックしてくつろぐ事ができません。

ただ、広さは十分あるので、大人だけが乗っても狭く感じません。

走行性能・エンジン性能は?

escudo07
先進の電子制御4WDシステムにより、車両の走行状態をアクセルセンサーと操舵角センサーと車速センサー等からの情報を基にして監視をしています。

車両が不安定な状態になる前に、フィードフォワード制御を行って優れた走行性能を実現しています。

4つのドライビングモードがあり、AUTOとSPORTとSNOWとLOCKの4つで自由に選べます。

AUTOは燃費を重視して、SPORTは4WDを使って直進加速やコーナリングの回旋性を高めます。

SNOWは雪道に適したグリップ力重視で、LOCKはぬかるみや雪等でストックした時に緊急で脱出できるようになっています。

優れているところは

escudo02
エスクードは海外で作られているということもあり走破性が素晴らしい出来となっています。

林道や雪道をものともしない走りは誰もが満足するレベルだと考えます。

発進トルクや走行中の変速でも他車をも上回るフィーリングを見せているところは特に優れているようです。

海外で乗られることが多いエスクードは室内の広さにも問題がなく、2列目シートを倒せばゴルフバッグが2つは余裕で入る広さとなっています。

これだけの能力があっても車体価格は210万円ちょっととなっているのでかなりお買い得車と言えます。

物足りないところは

エスクードでは先代よりも一回りサイズが小さくなってしまったようです。

小さくなった分運転はしやすくなったようですが、サイズダウンに伴い装備品が先代よりも減っています

しかし悪路走破性はむしろ先代よりも悪くなっており、レジャー用途に特化したクルマになりました。

最近では当たり前となっているアームレストやリアドリンクホルダーも取り外されています。

また、収納スペースも減っているようなので、これはかなり残念な点です。

その分スペース確保に当てられているので広々と乗ることはできるのですが、トヨタハリアーのように後席ドリンクホルダー付きアームレストになっていれば尚良かったと思いますが、海外では必要ないので外されてしまったのかもしれません。

エクストレイルとの比較は?

エスクードは日産のエクストレイルとよく比較されます。

大きさはほぼ同じ、車体価格はエスクードのほうが若干安くなっています。

カタログ燃費ではエクストレイルに軍配が上がると思いますが、実燃費では大差はありません。

安産装備では日産は技術が高いので負けてしまうかもしれませんが、スズキ側も不満を覚えるほど技術は低くない為、問題はありません。

走行性に関しては、海外でも多く乗られているエスクードは実証されていると考えられますので、軍配はエスクードにあると思います。

あとはエクステリアですが、これには個人の好き嫌いがありますので、分けることは難しいです。

どちらも人気の高い車ですが、エスクードの走行性を知った方はエスクードを選ぶと思われます。

実燃費は15~17km/L

エスクードの燃費は15km/Lから17km/L程です。

街乗りで使用した場合はもう少し落ちてしまうと思われますが、SUVとしては標準、もしくはやや高めと言ったところだと思います。

基本は街乗りの為に設計されていますが、4つのモードがあり様々な場所で安全走行が可能となっています。

走行性と燃費の両面で考えた場合は、非常に実用性のある車だと思います。

車体価格も税抜きで217万円となっているので、アウトドアが好きな方や田舎道をよく走られる方は重宝します。

ダサい?デザインや内装は?

escudo03
エスクードの内装はシンプルな設計となっています。

しかし、シンプルながらデザイン性はセンスがあり好評です。

センター部分に取り付けられているアナログ時計も人気の要因で、これは日産の高級車によく見られる仕様となっています。

座席シートも本革&スエード調となっているので高級感が出ています。

座り心地でも体にフィットするように設計されているので快適ドライブが実現となっています。

車体のサイズダウンにより装備品がいくつか減ってしまっているところは残念ですが、十分なデザイン性があります。

escudo04

スポンサーリンク

メニュー