クルドラ

シトロエンC3のおすすめオプションはどれ?ナビもご紹介!

フランス名門シトロエンは、昨年創業100周年を迎えました。シトロエンブランドはいつの世も革新性大胆さ、そして揺るぎない魅力の個性的なクルマを造り続けてきた気がします。

日本におけるシトロエンの販売網は、けっしてドイツメジャーブランドのようなわけには行きませんが、現在はプジョーと合流した「グループPSAジャパン」として展開されています。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

今年の秋には新モデルベルランゴ」の発売を控えていますが、現時点のシトロエンブランドで販売されているのはC3C3エアクロスグランドC4C5エアクロス4車種です。その中から本稿では、人気NO.1C3を実際に購入する際に役立つ”おすすめオプション“をご紹介していきます。

シトロエンC3ってこんなクルマ

引用:ttps://www.webcg.net/

ラインナップ中、コンパクトカーセグメントを受け持つのがC3です。小型ながらも個性的なフォルムと徹底して追求された快適性、そして日常での使いやすさを考慮した装備が魅力を際立たせ、グローバルではこのカテゴリーのベストセラーモデルとなっています。

現行型2017年に国内販売がスタートした3代目モデルになりますが、比較的ベーシックなコンパクトカー像であった初代2代目に比べると大胆にイメチェンを果たしました。

デザインベースとなっているのは、2015年にワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーにも輝いたC4カクタスです。日本でも200台限定で販売されましたが、新型C3は特徴的なフロントマスクやドアサイドに付くエアバンプなど、ほぼ兄弟車といっていいデザインラインです。

もっとも今やシトロエンラインナップを見るとトップモデルのC5エアクロスに至るまで、ほぼ同様のファミリールックとなっていて、遠目からでも一目見てシトロエン、と分かるようになりました。

C3のメーカーオプションはあるの?

新車を購入する際、一発勝負となるのがメーカーオプション選びです。ご承知の通り、原則的にハンコを付いたらもう後からどうこうできないため、慎重に選びたいところです。

ところがC3については、その悩みは殆どありません。実際のところ現行販売モデルは、特別仕様車を除き2グレードだけで、ベースグレードの「FEEL」にはメーカーオプションの設定がなく、上級グレード「SHINE」にのみパノラミックガラスルーフのオプション設定があります。

シトロエン伝統のガラスルーフを手に入れよう

引用:http://kobe-higashi.citroen-dealer.jp/

そんな唯一のパノラミックガラスルーフですが、SHINEをご検討される方にはぜひおすすめしたいオプションです。

実はシトロエンは昔からガラスルーフにご執心なところがあり、過去コンセプトカーには72年のカマルグや94年のエグザナエでルーフに続くパノラマ式フロントガラスの提案を行っており、プロダクトモデルでも2代目C3においてゼニスウィンドゥと名付けられたガラスルーフを商品化しています。

パノラミックガラスルーフは、天井をガラスで覆うことでより高い解放感を得られます。国産車でも日産ラフェスタやホンダエアウェイブなど少し前に天井ガラス車が発売されていましたが、日本ではイマイチ定着するところまでは行かなかったようです。

あえてシトロエンブランドをチョイスしようとする方なら、同社のレガシーが感じられるこのオプションを選択し、さりげない審美眼アピールを!

バイトーンルーフで自分カラーのC3に!

この他、メーカーオプションとはされていませんが、SHINEグレードにだけ「バイトーンルーフ」が設定されています。具体的にはルーフボディ、またその組み合わせによりドアミラーなどのも変わる鮮やかなカラーコーディネートができます。

色の組み合わせひとつで、クルマの表情が変わりますのであなたの個性の見せ所ですね。輸入車と言うこともあり、全色を確認することは難しいでしょうけど、もちろん一度決めたら納車後に変更することはできませんからじっくりと選びましょう。そもそもカラーコーデシトロエンの伝統の一つで、1930年代のモデルで既にホイールのカラーをレッド、イエロー、グリーンから選ぶことができたそうです。当時からお洒落ですね。

現行C3の特徴として、台数限定で特別仕様車の投入が多いことが挙げられます。デビューからおよそ3年の間以下のとおり矢継ぎ早に設定されていますが、中には通常のカタログモデルではチョイスすることができない個性的なカラーリングのモデルもありました。

最新特別仕様車は大人シックなデザインで

ここで2020年の2月現在カタログ販売されている特別仕様車シトロエンC3 ORIGINSコレクターズエディション」をご紹介しておきます。

このモデルのベースは上級グレードのSHINEで、搭載されるエンジンや安全装備等メカニズムに変更はありませんが、足元1サイズアップとなる17インチブラックアルミホイールになっています。

特別装備としては、エクステリアにブロンズカラーフォグランプベゼルエアバンプアクセントルーフステッカー等を装着。インテリアにもブロンズステッチを施したシートブロンズダッシュボードストリップなど内外装で統一したカラースキームとなっています。

目指したのは大人のシック、通常のカタログモデルがユニークなデザインということもあり、やや若者向け?と感じられる方でもおすすめしたい特別仕様車です。

豊富なディーラーオプションで個性派に個性を!

C3純正アクセサリーはエクステリアからインテリア関連まで豊富に用意されています。

引用:http://intensive911.com/

アルミのチョイスは悩ましい??

エクステリアパーツはカタログでは計11点の品揃えとなっていて、まずアルミ(アロイ)ホイール3種設定されています。17インチのものが色違いで2種16インチ1種です。

C3は標準のFEEL、上級のSHINEともにタイヤサイズ16インチで、前者がスチールホイール、後者がアルミホイールとなっているため、ディーラーオプション16インチアルミFEEL購入者用となります。

引用:https://www.webcg.net/

17インチアルミを選択する場合、どちらのグレードでもタイヤを一緒に交換する必要が出てきますので、アルミ代+タイヤ代となるなわけですがここで悩ましい状況が。アルミのオプション料金は4本セット163,790円、あと安めのタイヤでも4本55,000円とした場合で軽く20万円を超えてしまいます。

そうすると考えてしまうのが、通常モデルのSHINEと先にご紹介した最初から17インチアルミを履く特別仕様車ORIGINSコレクターズエディション“の価格差が122,000円しかないことです。

引用:https://www.goodspress.jp/

だったら最初からORIGINSを買っておく方が、アルミ以外にも特別カラーリングパーツシート生地が付いてくる上、外した16インチタイヤアルミを持て余すということもありません。

お金のことだけで考えていくと、こうなってしまう気がしますが、中には3色しかないORIGINSボディカラーに「気に入ったのがない!」という方もいらっしゃるでしょうから一概には言えませんけどね。

スポンサーリンク

おしゃれの基本はルーフから?

エクステリアでおすすめなのが、ルーフステッカーキットです。こちらはノーマルルーフの場合のオプションですが、C3らしさを上手く演出できると思います。

現行C3外観のトピックはやはりシトロエン独特のエアバンプでしょう。前述のC4カクタスで装備され、C3も継承しましたが、このエアバンプにワンポイントで差し色のアクセントが入っています。基本はホワイトですが、ルーフレッドを選ぶと同じくレッドアクセントになります。

ルーフステッカーキットは、このエアバンプアクセントになるようなデザインがされており、見る人が見れば分かるといった通好みアクセサリーで、ここでもシトロエンシャレ感が伝わってきます。

流行りのアクセサリーならコレ

ルーフがらみでいくともう一点、ドルフィンアンテナがディーラーオプションにあります。C3は通常ルーフにはアンテナロッドが立てられていますが、これを置き換える形になります。

引用:http://kanazawa.citroen-dealer.jp/

きちんとルーフ3色に合わせた純正カラーペイントがされているので、違和感なく装着できます。”カッコいい”が理由でしょうけど、国産車をはじめ最近はこの形が増えましたね。

アンテナロッドよりも高さが低くなる分、タワーパーキング等で気を遣う場面も減るかも知れませんが、反面、ラジオの受信感度は低下するので電波の弱い地域の方などは一考の余地があります。

SUVスタイルの仕上げにはコレ

エクステリア関連ではリアバンパーベントフロントフェアリングもおすすめです。

引用:http://sapporonishi.citroen-dealer.jp/

3代目C3は先代までのベーシックなハッチバック車スタイルから一転、クロスオーバー風デザインとなったわけですが、そのことが強調されるのが前後バンパーおよびフェンダーアーチモール黒い樹脂パネルです。先の2点のオプションを装着することで、SUV的な記号性が引き上がります。

もっともC3にはSUVモデルの「C3エアクロス」がありますから、C3をそこまで寄せる必要はないのかも、、、と思ったりしますけど。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/

カーペットはあえてのラバーで

インテリア関連のディーラーオプションもシトロエンらしさC3らしさといった視点で考えた場合でおすすめなのがラバーマットです。

スキーアウトドアなどが趣味で、汚れた靴のまま乗り込む機会が多い方には、カーペット系マットより選ばれやすいのがゴム、あるいはラバー系マットですが、C3純正品ラバーマットはそうでない場合でも選びたくなる商品です。特にデザイン的なポイントが高く、C3のアイコンの一つエアバンプを連想させるブロックパターンが施されています。別売りですが、リヤラゲッジに敷くラゲッジトレイも同意匠でデザインされており、コーディネートして装着してみてはいかがでしょうか。

引用:https://response.jp/

ラバー系マットというと気になるのが、ゴム臭ですが「みんカラ」等で実際の使用者さんのコメントをチェックしてみる限り、その心配はなさそうです。むしろカーペット系マットに比べると重量感がありズレにくいとか、何となく遮音性が上がった気がするといったコメントもありました。

ネックは価格でしょうか。通常ラバーマットといえば、カーペットマットよりも安いイメージがありますが、この純正品はベロアの上級カーペットマットとほとんど同じ価格です。その分、品質が高いということなのでしょう。

あると助かるホルダー系小物2

その他インテリアでは、ホルダー系の小物に注目です。と言うのもC3に関して(フランス車全般に関して?)の不満点でよく目にするのが「日本車基準で考えた場合にきちんと使えるドリンクホルダーがない」ことでした。

引用:https://response.jp/

ホルダー系の商品はオートバックスなどカー用品店で、それこそ何十種類も売られていますが、設置したときのフィット感純正用品にはかないません。

ここでご紹介するのはマルチホルダードアボトルホルダーです。前者はインパネのエアコン吹き出し口前に付けるもので、スマホ小物を気軽に放り込めるグッズです。吹き出し口サイズに合わせたようなデザインと、チラッと目に映る「CITROËN」のタグがお洒落です。また、ドアボトルホルダーC3のドアポケットにキッチリと収まるサイズ感で造られており違和感がありません。

まぁ前述の通りこの2点おすすめというよりは、必要に迫られてという感じでしょうか?

C3に純正カーナビは必要か

引用:http://www.motordays.com/

C3アクセサリーカタログにもカーナビの設定があります。但し、C3標準7インチのタッチスクリーンが装備されていますから、オプションナビユニットを購入して、タッチスクリーンにナビ画面を映し出すという形になります。

ナビ本体パイオニア製で、運転中の瞬時の見やすさを実現した地図画面や正確な自車位置測位技術、独自のアルゴリズムを用いたルート探索機能VICS WIDEによる情報サービスの提示など高スペックモデル。さらに12セグの地デジ放送も受信できるようになります。

しかしここでもまた悩ましい問題が出てきます。

現行C3イマどきのクルマらしくApple CarPlayおよびAndroid Autoに対応するスマートフォン接続機能「ミラースクリーン」を搭載しています。これによりタッチスクリーンアプリを表示することができ、マップ機能を使ったナビ通話メッセージの送受信音楽を聴くなどスマホでできることを車内で活用できます。運転中でも音声コントロールに対応しているため、安全快適に操作ができます。

引用:https://autoc-one.jp/

純正カーナビには、ナビ独自の高機能があることは先の通り間違いありませんが、普段ナビをA地点からB地点までの誘導だけに使えればよいという方は、スマホナビで十分となるかも知れません。

そうするとオプション代231,000円は倹約して家族旅行でも、と考える人も多いでしょうね。

引用:https://www.autocar.jp/

以上、シトロエンC3のおすすめオプションをご紹介しました。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>シトロエンC3の値引き相場レポート!

C3を安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

 

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー