クルドラ

シトロエンC5エアクロスSUVのおすすめオプションとナビはどれ?

フランス名門シトロエンは、昨年創業100周年を迎えました。シトロエンクルマはいつの世も革新的個性派揃いでしたが、その流れはも変わることはありません。
近年ではDSシリーズDSオートモビルズとして独立させ、そちらで上級・スペシャリティなセグメントを受け持ち、シトロエン本体の方は実用性が高く、ベーシックなラインを担う格好となりました。

引用:https://current-life.com/

しかしベーシックとはいえそのデザインはやはり極めて個性的で、シトロエンにしかできない造形でありクラスに関係なくコンセプト一貫している印象です。日本市場においてはSUVを中心にしたラインナップを構成していて、一時期販売されていたC5C6といったセダンワゴンが消えてしまっているのは少々残念です。

現行モデルC3C3エアクロスSUVグランドC4スペースツアラーC5エアクロスSUVベルランゴ5車種で、車名にわざわざ「SUV」と冠しているモデルもあるほどSUV一色です。


今回のクルドラでは、ラインナップ最新モデルC5エアクロスSUVにフォーカスし、実際に購入しようとしたときに役立つ”おすすめオプション”をご紹介していきます。

C5エアクロスSUVってこんなクルマ

2014年に公開されたシトロエンC4カクタスから始まった新世代エクステリアデザインは、今や全モデルへ展開されています。具体的には、エンブレムダブルシェブロンを切れ長のポジションランプと横一直線にならべてフロントエンドの上方に置き、その下にヘッドライトユニットを配置。そして車体サイドには特徴的な“エアバンプ”が装着されています。

引用:https://www.carsensor.net/

2017年上海モーターショーでデビューしたC5エアクロスSUVも、そのテイストは同様です。車名(車番?)から大きなクルマをイメージしやすいですが、実際の寸法は全長4500mm×全幅1850mm×全高1710mmと国産車ならマツダCX-5に近いもの。ベンツボルボなど輸入車ミドルクラスSUVは軒並み全幅1900mmを超えているので、クラス内では比較的コンパクトな部類ともいえます。

インテリアはエクステリアに比べると、それほどデザイン優先との感じはありませんが、エアコン吹き出し口が上下に並ぶデザイン個性的で、ダッシュボード表面本革を用いるなど質感の高さも魅力です。

引用:https://www.webcg.net/

後席3名分シート幅がほぼ等しく、それぞれ独立してリクライニングスライドできる点が実用的です。

またC5エアクロスSUVの大きなセリングポイントになっているのが、その乗り心地シトロエンWRCラリー等の実績から培ったPHC(プログレッシブ・ハイドロ―リック・クッション)という新しいダンパーシステムを採用したサスペンションによる効果です。元来シトロエンハイドロニューマチックサスに代表される極上の「乗り心地」が魅力でしたが、このPHCはその現代的解釈とのこと。

引用:https://ameblo.jp/

PHCメインダンパーのストロークエンド部分に高減衰第2のダンパー内蔵したものです。通常サスに組み込まれるバンプストッパー第2のダンパーに置き換え、路面からの入力をバンプストッパーのようにシャットアウトするのではなく、もう一段階クッション上乗せするように衝撃吸収を行うもの。

こうした機能をエアサスや複雑な電子制御システムではなく、シンプルな機構で実現しているところにシトロエンの強みがあります。

C5エアクロスSUVのメーカーオプションはあるの?

新車を購入する際、一発勝負となるのがメーカーオプション選びです。ご承知の通り、原則的にハンコを付いたらもう後からどうこうできないため、慎重に選びたいところです。

引用:https://motor-fan.jp/

ところがC5エアクロスSUVについては、その悩みは殆どありません。カタログ上、メーカーオプション扱いとなるものはルーフカラーブラックが選べるバイトーンルーフだけしかないからです。

実際のところ現行販売モデルは、基本「SHINE」の1グレードという見方ができます。後はエンジンガソリンにするのかディーゼルにするか。さらにディーゼルを選ぶと本革シートモデルも選べるといった感じです。
通常シトロエンモデルベーシックな「FEEL」と上級装備の「SHINE」とするグレード展開が多いですが、C5エアクロスSUVは今のところ「SHINE」のみになっています。

引用:http://niigata.citroen-dealer.jp/

まとめると新車購入の際にしか選択できないという点をメーカーオプションと同義と捉えるのなら、エンジンはもちろんですが、本革シートルーフカラー3点がそれに該当します。

ガソリンターボ追加で選べるパワーユニット

昨年の5月日本で発売された当初のローンチモデルBlue HDI 2.0ℓ直4ディーゼルターボのみでした。

引用:https://www.webcg.net/

このエンジンプジョー508などに搭載されているものと同じコモンレール式直噴ディーゼルで、可変ジオメトリーターボを採用、最大出力177PSと最大トルク400N・mを生み出します。508に比べるとディーゼルらしいエンジン音は若干車内にこもりがちとの試乗記が多いようですが、トルクフル特性は概ね高評価です。

一方のガソリンエンジン2020年に入ってから追加されたユニット。こちらはPureTech 1.6ℓ直4ガソリンターボで、ツインスクロールターボにより低回転域からのレスポンスが良く、180PS250N・m最高出力ではディーゼルを上回ります。

引用:https://gazoo.com/

当然ながらガソリンエンジンならではの静粛性もあり、120kg軽量な車体はシャープな走りも期待できます。
価格面ではディーゼルモデルより229,000円安いのは魅力ですが、他方燃料プレミアムガソリンを要求しますので、軽油ディーゼルエンジンとはランニングコストで差が詰まってくるのは悩ましいところです。

おすすめSUVらしくゆったりと流すなら、やはりトルクの太いクリーンディーゼルでしょうか。

引用:https://riesen.co.jp/

なお、C5エアクロスSUVには他のPSAグループモデル同様に4WDの設定がなく、それに代わるアドバンスドグリップコントロール(AGC)機構が採用されています。

通常走行のノーマルモード、雪道走行向けのスノーモード、ぬかるみ向けのマッドモード、砂地向けのサンドモードに切り替えられ、路面状況に応じた適切トラクションによる走行が可能です。

ハイエンド仕様ならナッパレザーパッケージ

さて、本革シート選択したいならエンジンディーゼル選択するしかありません。

引用:https://motor-fan.jp/

さらに本革シートパッケージとなっていて、ブラウン&ブラックナッパレザーシートだけでなく、運転席マルチポイントランバーサポート(マッサージ機能)、フロントシートヒーターツートーンナッパレザー革巻ステアリングホイールパノラミックサンルーフ(電動メッシュサンシェード付)、アルミペダルセットされます。

パノラミックサンルーフは単独でもメーカーオプション設定してほしい方もいるかも知れないですが、パッケージオプション価格370,000円パノラミックサンルーフは一般的に20万円程度しますので、本革シート+アルファの機能コミコミなら価格適当でしょう。

引用:http://nagoyameito.citroen-dealer.jp/

もっともそもそも車両本体価格が高いディーゼルエンジンにしか選択できないこともあり、ナッパレザーパッケージ装着時の総トータル額は、ガソリン車に比べるとけっこうお高くなりますね。

シトロエン伝統のカラーコーデ

バイトーンルーフ各ボディカラーへ、好みに応じてブラックルーフ選択でき、またその色の組み合わせによりドアミラールーフレール下部エアバンプアクセントなどのカラーも変わるコーディネートが楽しめます。

輸入車と言うこともあり、全色確認することは難しいでしょうけど、もちろん一度決めたら納車後変更することはできませんからじっくりと選びましょう。

そもそもカラーコーデシトロエンでは古くから取り入れられているオプション(伝統?)の一つ。1930年代には既にホイールカラーレッドイエローグリーンから選ぶことができたらしく昔から洒落ていましたね。

スポンサーリンク

ディーラーオプションで個性派に個性を!

C5エアクロスSUV純正アクセサリーはベーシックな機能性用品が中心となっています。

ドレスアップパーツは設定なし

トータルのアイテム数は同社のC3などと比較してもあまり多くはなく、例えばアクセサリーカタログにはエクステリア関連のパーツはほとんどありません。国産車だと特にSUVは派手めなエアロパーツなどが揃いますが、個性的デザインシトロエンに後付けのドレスアップ不要ということでしょうか。

アロイホイール18インチ17インチ2点用意されていますが、18インチの方は標準で装着されているものと同一です。17インチは本来「FEEL」といったベーシックグレードがあれば装着されていそうなサイズ感ですが、いずれにせよどちらのインチスノータイヤ用ニーズ位しかなさそうです。

フランス生まれのハイクオリティスピーカー

フランス車らしいオプションが、FOCALオーディオシステムでしょう。

FOCAL高級スピーカー世界的リーダーとして35年以上の歴史を持つフランス FOCAL-JMlab社が開発、生産するHi-Fiカーオーディオシリーズです。

引用:https://response.jp/

同社は当初オーディオメーカースピーカーユニットを供給するOEM専業メーカーとしてスタートしましたが、オーディオ再生の核心というべきスピーカーユニットを各社の要望に応じて開発することで、いまに続く技術ノウハウを蓄積してきました。フランス車に限らず近年はトヨタBMW車種別専用キットも手掛けています。

C5エアクロスSUV用には、4スピーカー+2ツィーターFOCALインサイドコンフォート2スピーカー+2ツィーターFOCALインサイドライブの2つのシステムを用意。FOCALらしい一人帯域幅で正確かつ繊細なサウンドを提供してくれます。

アクセサリーカタログには記載されていませんが、音質に拘る方ならFOCALデジタルアンプなどもカーオーディオショップでチェックされてはいかがでしょうか。

あえてのラバーマット選択もあり!?

ディーラーオプションの定番はフロアマットドアバイザー等のベーシック用品ですが、C5エアクロスSUVで目を引くのはラバーマットスキーアウトドアなどが趣味の方で、汚れた靴で乗り込む機会が多い方には、カーペット系マットより選ばれやすいのがゴム、あるいはラバー系マットです。

C5純正品ラバーマットは、通常のゴムマットにありがちな安っぽさがなく、デザイン的にも車名横ストライプ柄で魅せ、別売りのリヤラゲッジに敷くラゲッジトレー同意匠なため、コーディネートして装着してみてはいかがでしょうか。

価格は通常のカーペットマットよりも高価なのがネックですが、その分品質が高いということなのでしょう。

トランスポート関連は安心のTHULE

トランスポート関連SUVらしく充実しています。特にC5エアクロスSUV全車ルーフレール標準なので、ベースキャリアバー購入すればあとはルーフボックスでもスキー自転車ラックでも装着可能です。

ルーフボックス各種ラックは定番のスウェーデンTHULE社製カーキャリアにおいては、世界最大メーカーの高い品質と耐久性でアウトドアライフを楽しむことが出来ます。

純正以外の最新ドラレコも要チェック

もはやクルマの必需品となりそうな勢いのドライブレコーダーですが、C5エアクロスSUVカタログには2種類が用意されています。

一つは㈱TCLが扱っている「Smart Reco WHSR-510」という商品で、シトロエンの他にアルファロメオBMWでも純正オプションに採用されています。2017年発売とやや時間は経っていますが、夜間に明るさを補正するナイトビジョン駐車監視モードなどスペックは平均的で概ね満足できる水準になっています。

引用:https://www.whitehouse.co.jp/

ちなみに㈱TCLHPではこのドラレコ外装カラーセレクトできる仕様があり(+2,200円アップ)、その中にはフランス国旗カラーリングもありましたよ。純正オプションブラックの一択なので、こちらが欲しい方はショップで買うか悩ましいところですね。

もう一つのドラレコセルスター社の「CSD-670FH」。こちらは日本メーカー製になりますが、Smart Recoと大きな違いはGPS内蔵されている点。これにより映像だけでなく、位置情報時間などを併せて記録できるのでより詳細な情報を残すことができます。

引用:https://www.cellstar.co.jp/

ネックは大きい躯体でしょうか。現在はモニターレスコンパクトなモデルも増えてきていますので、やや旧態然としたデザインです。またせっかくの大きな躯体のわりにモニターサイズ2.4インチとそれほどでもないのは残念ポイント。

このモデルも登場は2017年なので最新式とは言えず、純正ドライブレコーダーはどちらのモデルもやや旧式ですから、一度カー用品店などで他ブランドモデルを検討するのもおすすめです。

専用ナビ購入か?スマホナビでいくか?

C5エアクロスSUVアクセサリーカタログにもカーナビの設定があります。但し、C5標準8インチタッチスクリーンが装備されていますから、オプションナビユニットを購入して、タッチスクリーン地図画面を映し出す方式になります。

引用:https://www.o-rush.com/

純正ナビはパイオニア製のハイスペック機

ナビ本体パイオニア製で、運転中の瞬時の見やすさを実現した地図画面や正確な自車位置測位技術、独自のアルゴリズムを用いたルート探索機能VICS WIDEによる情報サービスの提示など高スペックモデル。さらに12セグ地デジ放送も受信できます。

しかしここでもまた悩ましい問題が出てきます。

ミラーリング機能標準のC5

現行C5エアクロスSUVイマどきクルマらしくApple CarPlay、およびAndroid Autoに対応するミラーリング機能搭載スマホ接続可能です。

これによりタッチスクリーンアプリを表示し、マップ機能を使ったナビ通話メッセージの送受信音楽を聴くなどスマホに出来ることが車内でも活用できます。運転中であっても音声コントロールに対応しているため安全快適に操作できます。

純正アクセサリーナビには、ナビ独自高機能があることは先の通り間違いありませんが、普段ナビをA地点からB地点までの誘導だけに使えればよいという方は、スマホナビで十分となるかも知れません。

おすすめはスマホナビ!でも注意点は?

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

但し注意が必要なのは通信料パケット代が掛かるということですね。大容量の定額プラン等を契約しているなら大丈夫でしょうが、最近は格安SIMなどで低容量プランを利用される方も多いようですから、すぐに通信制限が掛かってしまう恐れもあります。

制限が掛かると一気に通信速度低下してしまい、スマホ一般利用にも影響するので不便です。最新のトヨタ車のように通信モジュール(DCM(専用通信機))を標準装備し、一定期間一定容量コスト負担なしで使えるコネクテッドカー式になれば理想的ですが、シトロエンではまだそこまでの設定はありません。

引用:https://www.webcg.net/

C5エアクロスSUVがそうなように、おそらくタッチスクリーンディスプレイオーディオ標準化は加速していくでしょうから、輸入車にも”コネクテッドカー方式が拡大していくことに期待です。

以上、シトロエンC5エアクロスSUVおすすめオプションをご紹介しました。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>シトロエンC5エアクロスの値引き相場レポート!

C5エアクロスを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

スポンサーリンク

メニュー