クルドラ

カー用品店の「ポイントカード」はどれがお得?大手3社を比較してみた

オートバックス会員カードのメリット


カー用品店最大手であるオートバックスのメリットは、まず店舗数が多いこと。
また、バースデーポイントとしても100ポイント付与されます。

カードにはポイントとは別にランクアップ点数というものがあり、1回の車検で1000点、オイル交換100点などが加算され5000点に達するとゴールドにランクアップしオイル交換やタイヤローテーションなどの工賃が無料になります。

さらに、10,000点に達するとプラチナとなり、あらゆる工賃が無料になるだけでなく、100円の買い物で2ポイント、バースデーポイント300ポイントになります。

デメリット

デメリットとしてあげるならば車検をオートバックス以外で通す方などは5000点貯めるのは結構時間がかかると思います。なので、1000円でメンテナンス会員になることができます。他社よりも工賃特典範囲が広いのも魅力的です。

イエローハットポイントカードのメリット


イエローハットのポイントカードのメリットは1枚のカードに複数台登録できるところです。
オイル・ポイントカード会員は入会金の1000円を支払えば年会費はかかりませんし、還元率としては100円で2ポイント溜まります。

スポンサーリンク

また、500円で車両を追加することができますので複数台所有されている方はカードの枚数が増えることなく1枚のカードに集約してポイントを貯めることができますので、すぐにポイントが溜まるおすすめのカードとなっています。

デメリット

入会金の高さや追加車両の更新費が1台につき500円かかりますのでそこがネックになりそうです。

ジェームスメンバーズカードのメリット


ジェームスのポイントカードは入会金、年会費が無料であるのに加えて、オイル交換交換の工賃が無料です。なので、オイル交換を頻繁に行う方にはオススメできます。

また、通常100円で1ポイント加算されるのですが、平日の買い物はポイント3倍の100円3ポイントとなっています。さらには会員向けのサービスも充実しており、クーポン券など会員にならないとわからない特典もあります。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、500ポイント単位でしかポイントを使えず1ポイントから使えないということです。500ポイント貯まると500円の割引券がもらえます。

まとめ

大手カー用品店でも、それぞれ独自のポイントカードが展開されています。
よく使う店舗や、ライフスタイルにあわせて持つカードを決めるのがベスト・・・と言いたいところですが、競合店同士で近くに出店していることも多いですよね。

わかりやすくまとめると車検、任意保険加入もカー用品店でまとめてしてしまうならオートバックス、複数台クルマを所有しているならイエローハット、頻繁にオイル交換をされる方はジェームスで作るのがベストかなと思います。

スポンサーリンク

メニュー