クルドラ

【対策は?】サイドミラーへの当て逃げまとめ

狭い路地でのすれ違い時や追い抜き、駐車場に停めているときなど、思わぬ時に当て逃げの被害に合ったことがある人は多いと思います。

駐停車しているときなどの接触は、こちらに非はなく、相手が100%悪いわけですから許せませんよね。

そこでこのページでは当て逃げが起きたときの対処法や罰になるのか、当て逃げに合わないための対処法などについて詳しく見ていきたいと思います。

ぶつけてしまった場合と、当て逃げしたときの罰則


サイドミラーにぶつけてしまった場合、物損事故になるので、民事責任が発生するだけで、刑事処罰及び行政処分は受けません。

つまり、ぶつけた車に対する損害賠償金は発生しますが、刑事処罰による罰金や禁固刑が発生したり、点数が引かれるといったことはありません。

一方当て逃げの場合は、物損事故であっても刑事処罰及び行政処分の対象になります。刑事処罰は、懲役1年以下又は10万円以下の罰金が科せられます。

違反点数は、当て逃げによる違反が5点、安全運転義務違反の点数が2点で合計7点引かれるため一発で免許停止となります。

スポンサーリンク

当て逃げしてしまった場合、翌日以降でも警察に行ったほうが良い?


当て逃げの場合は、翌日以降でも警察に行った方がいいです。

翌日以降でも出頭すれば、逃走したことにはならないので、事故不申告罪には当たりません。

そのため物損事故として相手側と示談が成立すれば、刑事処罰も行政処分も発生することなく、警察が物損事故として処理をします。

また、相手が見つからなかった場合は、あてた側の事故として処理されることになります。

相手側が警察に届け出を出していて、示談が成立しなかった場合、民事になるので警察は関与しません。

しかし、出頭しなければ事故不申告罪によって逮捕されることもあるので、やはり翌日以降でも警察に出頭した方がいいです。

当て逃げの検挙率は低い?まともに捜査されないって本当?

ひき逃げの検挙率は90%とかなり高い確率なのに対し、当て逃げの検挙率は警察も詳しい数値を発表していないくらい低いものです。

警察が本気を出して捜査していないことの表れです。

実際によく聞くのは、信号待ちをしている車の脇をバイクがすり抜けようとしてミラー同士が当たるという事故です。

スポンサーリンク

この場合当てられた車側が届け出ないのがほとんどなのでしょうが、届け出たところで警察は相手のバイクを探しようがなく、近隣の防犯カメラやドライブレコーダーの確認を行うくらいで捜査は打ち切りになってしまいます。

当て逃げされたときのためにドライブレコーダーを付けておこう


そのためにも、自身の車にドライブレコーダーをつけておくことをオススメします。

ドライブレコーダーがあれば、たとえ防犯カメラのない場所や交通量の少ない誰も目撃者のいない場所であっても、自分自身で当て逃げを証明することが可能です。

また駐車監視付きのドライブレコーダーも販売されているので、走行中の映像だけでなく監視カメラとしての役割も果たしてくれます。そのためスーパーの駐車場に車を止めて買い物に行って帰ってきたら車がへこんでいたという場合も相手がだれであるか証明することができます。

現在ではまだドライブレコーダーを付けている車は2割程度ですが、これからどんどん増えていくのは間違いありません。

対向車とお互いのミラーが当たった場合は過失割合が半々になる

対向車とお互いのミラーが当たった場合、すれ違いの事故になるため、過失割合が半々になることが相場です。しかし、人によってはここぞとばかりに損害賠償を請求しようと、弁護士を立ててくる場合があります。

その際はだいたい、弁護士を立てた側が「自分は停止していたのに、向こうが突っ込んできたから100:0だ」と主張してきます。
そうなるともう片方も弁護士を立てることになり、よほど突っ込んだという確たる証拠がない限り、落としどころとしては50:50になることがほとんどです。

ミラーにぶつけられないためにできること

ミラーにぶつけられないためにも、駐車監視付きのドライブレコーダーを搭載することをオススメします。ドライブレコーダーがあることによって、相手側も気わつけて運転しようという抑止力が働くからです。

駐車の仕方も重要です。スーパーなどに駐車をする場合は、店内出入り口から遠い比較的車が少ない場所に駐車し、ミラーは必ず折りたたむようにしましょう。

また、駐車する際両サイドの車にも注意しましょう。

なるべく車幅の広い車の横や片方に寄って駐車している車の隣にとめることは避けましょう。

スポンサーリンク

メニュー