クルドラ

車内のルームランプは自分で交換できる?おすすめはLEDランプ


車内を照らしてくれるルームランプ、切れてしまった時や故障したときは修理に出していますか?
実はルームランプは自分でも比較的簡単に取り換えが可能なのです。

今回は車内のルームランプの交換方法と最近人気のLEDランプの良さについて見ていきたいと思います。

車内のルームランプをLEDに交換するメリット


LEDランプに交換するメリットは、少ない電力でハロゲン球よりも車内が明るくなるということです。

光量の大きいLEDランプに交換すれば、自宅の室内にいるのと変わらない位明るくなります。

しかし、カーナビのなかった時代のように、夜に道に迷い暗闇の中、ルームランプの明かりだけを頼りに地図とにらめっこをするということは、今や全くないことでしょう。また、電力量も燃費に及ぼす影響は微々たる物です。

それでは、交換するメリットはないのでしょうか。実は、ルームランプをLEDに交換することは、実用性よりも車内インテリアの一環として、大きな体感効果が得られる点がオススメなのです。

車内のルームランプをLEDに交換する方法

まずは室内灯カバーの外し方です。高さがある物は、カバーを掴んで引っ張っただけで外れます。しかし、出っ張りのある場合は、隙間の部分にマイナスドライバー等を噛ませて手前に押し出します。

カバーに隙間がなく、周辺パネル側から外す物もありますが、良く探せばどこかに必ず少しの隙間がありますから、傷を付けないように押し出します。また、パネルを外してからカバーを外すというタイプの物もあります。

スポンサーリンク

次にランプの外し方です。ランプには2種類あり、一つ目は電極側がウェッジ状(くさび形)になっているのものです。このタイプはウェッジの部分が座金にきつくはまっている場合がありますでの、引っ張っただけでは外れません。

こつはランプのウェッジと平行に左右に揺らしながら手前に引く方法です。しかし、ランプは小さく滑りますので、外しにくいかもしれません。
そのような時は両面テープなどで包んでから外しましょう。

もう一つのタイプは、弾頭のような形のものです。このタイプは金具全体が電極になっており、左右から金具で電極をはさむような構造です。切り欠きのある方から電橋の片側を手前に押し出せば外れます。

わかりやすい動画がありましたので参考にしてください。

LEDルームランプに交換する際の注意点

まず注意しなければならないことは、LEDランプには極性があるということです。プラスとマイナスがありますので決まった方向に差し込まなければなりません。とりあえず挿してみて、点かないようであれば逆向きにします。

次に、LEDランプには3種類のタイプがあります。ウェッジタイプ、弾頭タイプ、もう一つは基盤タイプです。ウェッジタイプのハロゲン球の場合、ウェッジタイプのLEDランプを使用すれば差し込むだけです。

弾頭タイプもしかりです。しかし互換性はありません。基盤タイプはどちらのハロゲン球の場合も使えます。
あとは、明るさと光源の向きなどを考慮して選べば良いでしょう。

スポンサーリンク

メニュー