クルドラ

車を売るときは即決をしないで複数の業者の見積もりを比較しよう

 今この記事を見ているあなたは、きっと手軽な方法で、自分の車をもっとも高く売りたいと考えていることと思います。店舗に行くのは怖いしまだ早い。だからといって直接買取店に電話をする勇気もない。そして選ぼうとしているのが、インターネットの所謂車の一括査定サイトだと思います。

私もそうだったので気持ちはよくわかります。特に仕事をされている方、子育てで大変な主婦の方には、お店に繰り出すまでの時間はなかなかありません。

 だからこその一括査定サイト。これを利用すれば、その場である程度の予想査定価格を知ることができます。そして望む望まざるにかかわらず、翌日には複数の買取店から電話やメールでの接触があり、その電話で約束さえとりつければ、訪問または店舗などで査定士が実車の査定をし、正式な査定価格=買取価格を教えて貰えるのです。

 しかし、気を付けないといけないことがあります。まだメールや電話の段階では、正式な査定価格ではないのです。つまりそのままの価格で車を売ることは不可能なのです。だから電話やメールの査定の金額で、安心してはいけません。あくまでそれは相場であって、車は売るまで本当の価格はわからないのです。
 もちろん実際に店舗で査定をして、高くなるケースもあります。車の状態や走行距離、オークション相場の流れによっては、びっくりするくらい高くなることもありえるのです。しかし、ほとんどの方が車を毎日使われているでしょうから、相場より低くなることが多いのも現実です。

必ず複数の業者に査定をお願いしよう

 
査定を行う際、必ず複数の業者に査定をして貰いましょう。査定の価格には、当然その業者の利益が入っており、正直そのままオークションに流しても利益が十分に取れる金額であるといえます。つまり、他店と競合が起これば、店の利益を削ってでも、車を欲しがる業者が出てくるはずなのです。

査定価格の決まり方

 
 では、車の査定価格はどうやって決まるのでしょうか。車の査定価格は、車の外装、内装、修復歴の有無、走行距離が大きく影響を及ぼします。
ただ査定をする人間によって、査定価格にばらつきが出ないように、JAAI(日本自動車査定協会)の中古自動車査定制度に基づいて査定の細かな基準が決められています。

そしてその団体が認定しているのが、中古自動車査定士の資格なのです。査定士は、みんな顔写真付きの査定士資格証を持ち歩いているようです。警察の警察手帳と同じようなイメージですね。査定士は、各社、各所属団体毎に決められた基本価格をもとに、車の査定を行います。

先に上げた車の状態を細かく調べ、純正の状態からオプションとしてプラスにできるような装備はプラス、状態が悪ければマイナスなど、1点千円の点数制度によって、基本価格から加点減点をされ、正式な査定価格が出るのです。

ですので、同じ団体に所属する査定士が査定をすれば、見落としさえなければ、みんな同じ金額になるということですね。

査定において重要な項目

 

 基本的には、各社の基本価格から加点・減点によって査定価格が決まります。では、その加点になるもの、減点になるものが一体何のか、皆さん知りたいところだと思います。私が査定士の方に聞いたことを、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

① まずは車の車種です。これは自分が逆に中古車で車を探す時に、買いたいと思う車、みんなが探している車が人気や需要があり、それが査定価格に大きく影響を与えます。そして同様に、ボディーカラーも、みんなが欲しい色、つまりは需要がある色ほど高くなる傾向にあります。例であげると白と黒ですね。そして年式についても、やはり新しいほど高いです。中古車を選ぶ時に、みんなこの車で後何年乗れるのかを考えて購入すると思います。ですので、ある程度新しくなければ、査定価格も期待できないのです。

② SUVや7人乗りのワンボックスカーなどの特定ジャンルも、査定価格は高いです。SUVはアウトドア派な人たちに人気ですし、最近は女性にも人気です。7人乗りや8人乗りの車は、ファミリー層に圧倒的に支持されていますので、たえず需要が尽きないそうです。またスポーツカーなどでは、特定のグレードなどでも、査定価格に2倍以上の開きが出ることもあるといいます。

③ よく相場は水物だといいますが、車の査定もそうで、中古車の需要が高い時期やその前くらいは査定価格が高くなり、逆にそれを過ぎたら査定価格は低くなる傾向にあります。また一部の車種では、海外での輸出で相場が上がったりする場合もあります。噂で聞いたのですが、新車で買った車が1年経って新車の価格以上で売れたケースもあったようです。

④ 中古車で購入する人の気持ちになれば当然といえますが、車の内外装などの状態は、良いほど高く売れます。特に外装の状態は、その傷や凹みの大きさで、減点の基準が決められていますので、傷はあっても小さいほうが好ましいです。フロントとリヤのバンパーは樹脂素材で出来ていますので、他の金属部位と比べると、減点の上限は少ないとのことです。基本的には、タイヤの溝なども査定価格に影響を及ぼします。少なければ、交換しないと中古車として販売出来ないと考えられるので、その分の減点がされます。これは1本当たりの単価が高い、大きいインチのホイールを履いている車は要注意です。

⑤ 査定価格で内外装以上に、減点になる可能性があるのが走行距離です。年間で平均1万キロを超える走行距離だと、減点が大きくなっていく傾向にあります。逆に年間5000キロ未満だったりすると、加点となったりもします。日本人の傾向として、10万キロを超えた車には乗りたくないというのがあるようです。中古車で選ぶ時も、どれだけ乗るかを考えて、4~7万キロくらいの車がよく選ばれるといいます。走行距離は重要です。

⑥ 煙草を吸う方や、ペットを車に連れ込んでいる方は、あまり気にならないかもしれませんが、煙草のヤニによる黄ばみや臭い、ペット臭などもかなり査定にマイナスを及ぼすことがあります。特に染みついたペットの尿などの臭いはなかなか取れず、かなりの減点となる例もあります。できるだけ臭いがつかないように気をつけましょう。

⑦ 車は事故をすると、その衝撃の度合いによっては、車の骨格にまでダメージを与えることがあります。これが所謂修復歴であり、事故車扱いをされるかどうかの部分です。きっちりと修理業者で修理をされていても、この修復歴は残ってしまい、車を売却する時には、大きなマイナスとなります。骨格までいかなかった事故であっても、これに近い形で外板価値減点というのも査定ではあるといいます。何にせよ、車はぶつけないほうがいいということですね。

 具体的には、これらの7つの項目などを査定士が見て、査定価格が決められます。実際には査定士が出した価格を、ここ最近のオークションなどの相場を参考にして、最終的な値付けが行われるのです。だからこそ、車の査定価格は、インターネットやメールだけでは、わからないのです。手間もかかれば時間もかかります。車を査定するほうも商売です。この価格なら損をしないという価格を出すために、じっくりと車の状態を確認していくのです。

スポンサーリンク

メニュー