クルドラ

車のエアコンの暖房は燃費に影響しない?A/Cボタンの意味は?

車のエアコンのA/Cボタンはなんのためについているの?


車に乗る際にエアコンが必要な夏場や、エアコンが不要な冬場等、様々な季節に合わせた使い方が必要になります。
通常エアコンは夏場の暑い季節に使用する事が多いと思いますが、このエアコンボタンを押す事でエアコンのスイッチが入ります。通常の送風機能やヒーター機能にエアコン機能を加える為の切り替えボタンなのです。

車の車内は狭い空間の中に空気が澱んでしまう事が多いので、通常時は送風やヒーターを点けておく事が望ましいのですが、送風やヒーターだけでは車内の空気が湿気を帯びて来たりしますので、その際にエアコンボタンを押し空気を乾燥させたりも可能になります。

要はエアコンを入れる為に判り易くボタンを設置しているのです。

車の暖房をつける時に「A/C」ボタンはオンにしたほうがいいのか?

車のエアコンは通常ですと暑い夏場の機能として使用する場合が多いですが、冬場でもエアコンをオンにする事でその効果が得られます。

通常冬場は皆さん暖房を使用しますが、その暖房を使用する時にでもエアコンを使用する事になります。冬場の車内は乗っている人が発する息や熱で車内の空気は徐々に湿気を伴ってきます。そのため、車外との温度差が生まれ窓ガラスの曇り等を発生させてしまいます。

そのためエアコンを使用する事により、車内の空調を行う事で除湿を行い、窓ガラスの曇りを取り除く事ができます。

車の暖房は燃費に影響はない?

車の暖房を使用する事で、燃費自体には影響が出るのか。理論的には暖房を使用するだけでは燃費への影響(悪化)は無いと考えます。

これは暖房の機能が車の「エンジンの熱」を利用している為です。ただし、実際にはエンジンからの熱を取り込む為にファンを回したりするので、それだけで車の電気を消費消費します。

電気を消費する場合には、その電気を補うための発電機を回したりもするので、必然的にエンジン回転を上げたりする機能もある為、若干燃費が悪化すると言う事が現実的な結論となります。

もちろん暖房でエアコンを使用する事も有りますが、この場合にはコンプレッサーも稼働しますので燃費は悪化します。

スポンサーリンク

炎天下でクルマの冷房の入れるときの手順


夏場、炎天下に駐車されている車に乗り込む時にエアコンのスイッチをすぐに入れる事は、車内を冷やす為には余り効率的ではありません。

夏場の車内温度は50度から60度くらい迄上昇している為、エアコンでその車内を冷やすのには相当な時間が掛かってしまいます。そのため車に乗り込む前に、車のドアや窓をとにかく開け、車内にこもってる熱を一気に車外に出す事が必要です。

その時にドアは窓は左右両側を開け、空気の流れを作ってあげる事で、効率的に熱い空気が車外に出て行きます。
熱い空気を車外に逃がした後でエアコンのスイッチを入れる事で、効率的に短時間で車内を冷やす事ができます。

車の暖房仕組み

車の暖房の仕組みはエンジンの発する熱を利用しています。

現在の車は全て「水冷エンジン」となっていますが、この水冷とはエンジンの周りに冷却水を循環させる事で、発熱したエンジンを冷却するのもです。冷却水自体はエンジンからの熱を吸い取るので非常に高温になります。

暖房はこの冷却水がエンジンから吸い取った熱を利用する物で、基本的には冷却水の温度が60度を超えてくると、送風用のファンが回り始め温風が出てくる仕組みになっています。

また、最近の電気自動車の場合には暖房用に発電を行い車内を暖めている車も有ります。

車の冷房の仕組みとは

車の冷房の仕組みは、ご家庭で使用しているエアコンと原理は同じで、液体が気化する時に周囲の熱を奪う原理を利用しています。

暖房とは異なり少し専門的な事になってしまうので判り易く言うと、車に付いているコンプレッサーと言う圧縮器で圧縮されたエアコンガスは液体化されますが、この液体化されたエアコンガスを一気にエバポレーターと言われる機器の中に噴射する事によって、液体化したエアコンガスは気化します。

この気化する際に周りの熱を奪っていき、このエバポレーター自体が冷やされ、そこにファンを使って空気を送る事で、通過した空気が冷やされ冷風を作りだす事ができます。

スポンサーリンク

メニュー