クルドラ

車のアルミホイールの役割は?修理費用の相場も解説!

アルミホイールの役割は?


アルミホイールは鉄のホイールより軽くできています。軽い事により走り出しが良くなります。また、アルミホイールは鉄のホイールより見栄えが良くできています。見た目が良くなり、かっこよくなります。

更に、鉄のホイールでホイールキャップを付けているホイールよりもアルミホイールは風が通る穴が多胃です。自動車のブレーキは摩擦で止まりますので、熱をもちます。その熱を風で冷やすことができますので、アルミホイールの方が風がよくとおり、冷却効果に優れています。

アルミホイールについたガリ傷の補修は自分でできる?


アルミホイールについたガリ傷は基本的には自分での補修は難しいです。自動車に携わっている人ならできないこともないですが、ガリ傷まできていれば、ホイールの修理の所に依頼された方が良いでしょう。

また、ホイールについた、傷みたいな汚れは自分たちでも落とすことは可能です。磨き上げて落とすことができます。ホイールリペア等もありますが、個人でやるのには多少器用な方でないとあまりオススメできません。

また少しくらいのガリ傷であれば走行には問題はありません。見栄えが悪くはなりますが、傷の度合いによっては修理をすることをオススメします。

スポンサーリンク

アルミホイールの補修にかかる費用は

アルミホイールの補修にかかる費用ですが、まずは自分で補修する場合は、リペアキットを購入して自分たちでやる場合です。

この場合ですとリペアキット代だけなので、だいたい4000円前後でリペアキット購入することができます。また作業するときにマスキングテープ等を使いますが、マスキングテープも購入する金額も別にかかります。

また業者に入りする場合は、傷の大きさはあまり金額に影響がなく、もちろん業者が修理できる範囲である必要がありますが、だいたい15000円前後で一本補修をしてくれます。

アルミホイールの交換時期は?

アルミホイールの交換時期ですが、基本的には傷等がなければ、交換の必要はないでしょう。なぜかというと、アルミホイールの前に車がダメになる時期のほうが早いからです。

年数で言うと、だいたい50年位と言われていますが、車はしっかりメンテナンスをしていっても20年位が限界になります。(もちろんいろいろ修理すれば20年以上乗れます。)傷があれば、そこから腐食していき、アルミホイールが崩れてしまう可能性は高くなりますが、それでも、アルミホイールを交換する時期がくる前に、車を乗り換えることの方がほとんどです。

アルミホイールの交換にかかる費用は?

アルミホイールの交換にかかる費用ですが、アルミホイール代(これはそのアルミホイールのサイズやものによって金額は変わります)。

また交換するために、タイヤをアルミホイールをはずして、アルミホイールを好感して、タイヤを付ける作業になります。

アルミホイール代と交換の工賃が必要になります。作業して頂く場所によってまちまちだと思いますが、基本的にはタイヤの交換の工賃と考えて頂くと分かりやすいです。

だいたい5400円位がタイヤの交換の工賃のケースが多いです。またアルミホイールを交換するときに、タイヤのバルブが付いていなければバルブ代もプラスでかかります。

スポンサーリンク

メニュー