クルドラ

バレーノを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

バレーノはデュアルジェットエンジンで高圧縮比化とフリクション低減を実現することで優れた燃費と優れた走りを両立することができた進化した車です。

ミリ波レーダを起用し、衝撃被害を軽減します。
前方衝撃警報機能によって自動的にブレーキがかかるシステムが搭載されています。

また運転中のドライバーのストレスを軽減するためにアダプティブクルーズコントロールで前車との車間距離を自動で保つことができます。

デザインはスポークタイプにこだわったスポーティなフォルムで流れるようなプロポーションにふさわしいアルミホイルも魅力です。
ボディカラーは全部で7色でそれぞれXT,XS、XGの3タイプから選ぶことができます。

内装はあくまでも落ち着きのあるブラックを基調にした流れるような曲線を誇張するシルバーのアクセントは非常に高質でエレガントなイメージをかもし出します。

マルチインフォメーションディスプレイが即時に運転の履歴データを表示し、リアルタイムで運転の癖や傾向を把握することが出来ます。

買い取り相場は?

グレード別に買い取り相場を分析します。

・XT 2016年5月以降の1000ccモデル 新車価格:172.8万円 買取価格:82.5万円~平均(85.9万円)
・XS 2016年11月以降の1200ccモデル 新車価格:154.4万円 買取価格:78.6万円~平均(85.6万円)
・XG 2016年3月以降の1200ccモデル 新車価格:141.4万円 買取価格:64.9万円~平均(73.4万円)

以上は走行距離を2万キロと仮定しての最低買取顎平均と相場買取平均を分析した2017年8月時点の結果です。

ここから比例に合わせて未来予想を統計的に割り出すと4か月後にはこれよりマイナス5万円となる予想です。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

査定の価格が良くなるグレードとして排気量は1200ccが圧倒的にトップを占めています。

2016年式のバレーノで走行距離が1000kmに達してない物の中で一番人気のカラーはブルーで、次にブラックが人気があり、比較的明るい赤やオレンジは査定が低い価格で取引されています。

1000ccのクラスでも人気の高いのはダーク系のカラーで、ナイトブラックパールは同行距離に関係なく比較的高価格で買取が行われています。

どの車種でも白は無難でよく取引されそうに思われますが、このバレーノに関しては白は1年落ちの物でも比較的人気がなく、XGに限っては多少ほかのグレードよりも高く評価されています。

高く売るために自分でできること

だれでも買取は高い価格で査定してほしいものですが、1年落ちの年式の浅い車も最近ではあまり買い取り額が良くないのが現実です。

査定の値段を上げるにはやはりメンテナンスの良しあしが決めてとなります。

こまめにオイル交換がされ、タイヤのヘリや車体への傷がないか?

スポンサーリンク

洗車の際など、洗車機を使用することでついてしまう擦り傷なども審査の対象になります。

とくに濃い色の車体は手洗いでやさしく傷がつかないように気をつけましょう。

オプションをつけている場合、それが必ずしも良い査定につながるとは限りませんので、基本はベースモデルをキープすることが多くの人の希望に叶うので、シンプルに車体を保つことが先決でしょう。

バレーノを高く売るコツ

バレーノを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、愛車を売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!なんてことはザラにあるんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のバレーノの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー