クルドラ

モコを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

日産モコはスズキから供給を受けている軽自動車のトールワゴンで後席ドアはヒンジドアを採用しています。銀色のグリルを持ったレトロ風スタイルのドルチェも用意されています。

54馬力エンジンと64馬力ターボエンジンが搭載されます。
シートやパネルなどインテリアのカラーコーディネートもこっており、燃費はアイドリングストップなどの搭載で30.8km/lと当時のトップクラスとなる非常に優れた数値を発揮しています。

モコの初代や先代もトールワゴンでしたがスタイルが大きく異なるものでした。
シート配置やドア配置などは一緒です。

買い取り相場は?

2016年型の最後期モデルのX FOURという4WDを装備したグレードでは86万円もの高い買取価格になっています。

スタイルの異なる装飾を持っているドルチェXの2016年型でも85万円という買取例があるのですが、2015年型3万~4万キロのモコSの買い取りが59万円前後や58万円前後というデータも有り、86万円のものなどはかなりの低走行距離のデータであるでしょう。

先代の2008年モデルでは25万円近辺が平均的です。
初代は年式が古すぎて査定が付いたデータはありません。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

ボディカラーはスノーパールホワイト、アーバンブラウン、ブルーイッシュブラックあたりは査定に対して有利となるでしょう。

グレードはグレードSよりもグレードXが高価になり、グリルデザインなど外観スタイルの異なるドルチェではドルチェXが安く、ドルチェGが装備が充実したグレードになっています。

4WDは各グレードで装備できて査定に有利です。
全車アイドリングストップシステムが搭載されておりドルチェGはさらにターボエンジンが搭載されておりパワあるという面でのアピール土があります。

高く売るために自分でできること

モコはシリーズ廃止になった軽自動車で、日産が女性向け軽自動車の開発をするのではという記事も出ていましたがまだ表にはでてきておらず、価格が暴落するような材料は現在のところ無いため、売るタイミングとしてはよく、必要なタイミングに合わせて売却を考えても特に問題ないでしょう。

シリーズどれであっても軽専門車をあたってみるか、ドルチェなどはスタイルがかわいらしくユニークなためオークションを狙うかなどの選択肢もあるといえます。

スポンサーリンク

一括査定などもありますが販売台数がそう多くないのが難しい部分ではあります。
先代モデルは査定がつけばよいという程度です。

モコを高く売るコツ

モコを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、愛車を売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!なんてことはザラにあるんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のモコの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー