クルドラ

ジュークを高く売りたい人に。相場よりも高く売るコツは?

そんなジュークを高く売る方法や相場の目安について見ていきましょう。

買取金額upの条件

ジュークの買取金額がアップするのは以下のような条件に当てはまったときです。

・人気のグレード
「15RX Vセレクション」「15RX Vセレクション パーソナライゼーション」「15RXシリーズ」 「15RX特別仕様車」「16GT」「15RX V Selection「ドレスアップ」」

・人気のカラー
ブラック、ホワイトパール、ラディアントレッド

・人気のオプション
アラウンドビューモニター、インチアップホイール、本革シート、純正エアロ

15RX V Selection、15RXが人気が高く、リセールが高いです。

ジュークでリセールに強いボディカラーは、スーバーブラック、ブリリアントホワイトパールです。ラディアントレッドパールメタリックはイメージカラーでもあり、査定にプラスされるのかと期待してしまいますが、特に上積みはありません。

ナビ+バックモニター、フルエアロキット、インチアップアルミホイールなどが付いて入れば査定に反映されやすいです。

ジュークを高く売るコツ

結論から言うとジュークを少しでも高く売るためには、「できるだけ多くの見積もりを取ること」が不可欠です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り業者の言い値で売ってしまっては高値で売れるチャンスをみすみす逃してしまうことになるのです。

引越しをするときはいくつかの業者に見積もりを出してもらって安いところに決めますよね?あれと全く一緒なことです。

複数業者に査定をしてもって業者同士を競争させましょう!それには便利な「オンラインの中古車買取査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車買取査定サービスとは、webでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れるサービスです。

もちろん全部の業者にあなたのデータが渡ってしまうわけではありません。

あなたが査定依頼をしたい買取業者を選択・確認の上、査定(見積もり)依頼をする。という流れになります。

スポンサーリンク

しかも業者のほうでも他社と比べられることはわかっていますので、最初からがんばった査定金額を提示してくれます。

その中で一番高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で10万円と言われた車が、他では20万円以上の査定が出た!くなんてことはザラです。

ジュークを売るための姿勢

買取店との商談するときは、自分で決めたジュークの目標買取金額にいくらかを上乗せして、「いくらなんでも無理かな?」と思うような金額を目標金額として伝えます。

本当に無理なら、買取店は「その金額は難しいです」と言ってくると思います。仮にその金額で買取ります!と言ってきたら、迷わずジュークを売ってしまいましょう(笑)

「その金額では難しい」と言ってきたら、ではいくらなら可能なのか?を聞きます。

逆に「いくらなら売ってくれますか?」と聞いてくることがほとんどですが、「目標金額じゃなければ売らない」と言う姿勢を見せましょう。

粘っていれば査定マンが折れて金額をアップしてくれたり、他のジュークを欲しがっている業者が高値を付けてくれることもあります。

査定の相場は?

ジュークは、年式やモデルによって売却価格が違ってきます。人気グレードやオプション、それに査定をするタイミングによっても査定額が上下するのが普通です。。査定価格の相場をリアルタイムでチェックすることで、売却と下取り、どちらがお得なのかも確認できます。

>>ジュークをリアルタイム査定してみる

【モデル別】ジュークの買い取り価格相場まとめ

初代 2010年6月~モデル 現行

買取査定相場:60~140万

年式が古くなると基準の査定金額が下がるので、買取金額も下がってしまいます。キズや修復暦もできればないほうが理想です。

走行距離も少ない方がプラス査定になり、過走行になるとマイナス査定になります。
数百キロ程度では、大きな増減は出ません。概ね5万キロまでは3千キロごと、5年5万キロを超えると5千キロ~1万キロ単位で査定評価が変わる目安となります。

概要

ジュークは日産が開発したコンパクトSUVです。
もともとは欧州や北米で販売することを目的に開発された海外戦略車で、日本向け車種とは一味違うフロントマスクなどは海外市場を意識してデザインされたものです。

日本車の中でもSUVでは小型の部類に入り、小回りが利く操作性と軽めの車体重量が特徴。
これが日本車より一回り大きい車が主力の海外市場では他のメーカーと差別化を図る上で大きな武器になりました。

空気抵抗や生産効率を優先して凹凸が無い卵型の車が多い日本市場では個性的なデザインがウケてSUV市場で人気車種になっています。

スポンサーリンク

メニュー