クルドラ

オッティを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

21年式オッティライダーに乗っていました。軽自動車の割に車内は広く、エンジン音に軽自動車特有の甲高さが無く重々しい音が乗ってて心地良く、何よりパワーがあります。

その前にミニバンに乗っていましたが、乗用と比べても遜色ない軽さがありました。
小回りも効き狭い道を難なく走り、ライダーは足回りも良く悪路を走ってもビクともしない丈夫な車です。

実際10万キロ以上乗りましたが故障は一切無し!かなり優秀です。
燃費はチョイ乗りで9キロ、遠出で15キロとまぁいいところです。
手放しはしましたが、正直もう一度乗りたい大好きな車でした。

買い取り相場は?

距離数が低くく、車体も美品なら私の乗っていたクラスの買取相場は約20万。オッティの買取に関しては、その年式・グレード・走行距離がダイレクトに反映する為、同じ車両でも場合によっては30〜40万程の開きがあります。

10年落ちになると買取価格5万なんて言うのも珍しく無く、5年前のオッティが最高グレード・走行距離2万キロ・美品・修理無しでようやく40万〜60万のようです。使用年式割る10が本来の平均買取価格というところでしょうか?

私の車は12万キロでしたが状態やグレードも良かったので15万で買取していただきました。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

その時々により流行りの色があるので一概には言えませんが、カラーで言うならブラック系の色が良いと思います。これは買取していただいた方も言っており、オッティを探している方が求めるのはブラック系なんだそうです。

オプションでは純正のカーナビがあった方が査定はかなり上がります。私のオッティにはカーナビが無かったので、あればまだ買取価格は上がると言われました。

ライト等をあえて純正から交換して、明るいもの見えやすいものに変えるのも効果的です。
グレードはターボがあるか無いかでかなり変わると思います。

FFよりも4WD、スポーティーさを求める人なら需要があるでしょうからグレードは1番上のクラスが良いです。

高く売るために自分でできること

とにかくキレイに大事に乗る事です。

極力悪い道は避け、細かい砂による小さな傷を増やさないように洗車は欠かさず、車内もクリーナーでしっかり磨きまるで自分の部屋のように扱う事です。タバコなんて論外!タバコ臭のこびり付いた車は絶対高くなんて売れませんから。

エンジンオイルのこまめな交換は不可欠。ターボ車は特に必要ですね。
足回りの洗浄も大事です。専用クリーナーでキレイになるので、休日の度に吹きかけるとサビも出にくくキレイな状態を保てます。

スポンサーリンク

後はアルミホイールですね。これもピカピカなら査定は少し上がりますので、ホイールクリーナーでしっかり磨いた方が良いです。車は良いのにホイールがサビついてたら買取る方の印象も下がりますし。

まるで我が子のように扱う、それが高く売るための何よりの秘訣です。

オッティを高く売るコツ

オッティを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、オッティを売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のオッティの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー