クルドラ

事故車や修復歴のある場合でも下取りしてもらえるか?

新車を購入する際の下取り査定/車買取店での査定をお願いする際、気になる点としては自分の車がいくらくらいになるかということもありますが、それ以前に事故歴や改造歴・修復歴があるのに下取りしてもらえるのか?ということがあげられます。実際に、事故をして修理した車は買い取ってもらえるのか、故障したままの状態で買い取ってもらえるのかなど、下取りへの影響を見ていきましょう。

事故車とは?事故車でも下取りしてもらえるのか?

結論から言うと、事故車でも下取りしてもらうことは可能です。
事故の程度によって条件は変わってくると思いますが、基本的に通常の交通事故や自損事故なのによってぶつけた傷があっても下取りしてもらえます。もちろん無事故の車と比較すると査定金額は下がり、程度によっては半分以下になることもあります。バンパー交換くらいであればまだ軽いですが、フロントのボンネットまでへこんだりした事故などでは中のフレームにまで修理が及んでいる場合があります。ここまでの事故歴があると査定金額は大きく下がることになります。

スポンサーリンク

修復歴とは?どの程度の修理が査定に影響するのか?

中古車雑誌や販売店のインターネットのホームページなどで売り出されている車を見た際、「修復歴有り」と書かれている車を見かけます。この場合の修復歴とは、車の骨格にまで影響するような修理であり、ボディのへこみや擦り傷、フェンダー交換やバンパー交換などの軽度な修理だけでは修復歴とはみなされません。
逆に言うと、車を下取り査定する時や買取店へ売却する際の査定時に、へこみや擦り傷が多少あったとしても事故車とは扱われないため価格に影響することはあまりありません。販売店や買取専門店側も買い取った車を売り出す前に多少の修理や整備を行うことが当たり前であるため、それも含めた査定額を算出します。よって、日常乗っている状況下で、「縁石に乗り上げてボディの下を擦った」とか「飛び石でボンネットに凹みがある」とか「自損事故でバンパーを交換したことがある」などのことがあったとしても、普通に乗っていれば有り得るレベルであるため通常の査定と考えて問題ないと言えます。

修理・整備して売り物になることが重要

いずれにしても、まずは買取店や販売店へ車を持っていき、査定してもらうことが大切です。店側の都合から見れば、事故歴があろうとも、修理歴があろうとも、故障した状態のままであろうとも、要は、“買取した後にきちんと修理・整備して売り物になること”が一番重要となります。法律的に大丈夫か?という点についても、“車検“という制度があることから、車検が通る整備状態にさえできれば良く、その状態まで車を修理することができるのであれば問題は無いと言えます。また、事故車を専門に扱う業者もあります。日本車は品質が高いため、海外に出れば事故車であっても重宝されるようです。

スポンサーリンク

メニュー