クルドラ

ekスポーツを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

ekスポーツは2006年から2012年まで二代目モデルが販売されており。現在はekカスタムに引き継がれています。

この車は軽のトールワゴンで元となるekワゴンにスポーティーなデザインや装備を施したものとなっており5速MTと4速ATの変速機が基本でした。
FFが基本で4WDも設定されています。

後席ドアがパワースライドドアになっているグレードが用意されたことも特徴となっています。

初代モデルも同様にekワゴンをスポーティーにしたものですがパワースライドドアの設定はありませんでした。

買い取り相場は?

ekスポーツは現在販売されていない車で2012年モデルが最後のモデルとなっています。
そのため年式の最も新しい2011年モデルのXSグレードで44万円程度の買取価格となっており、次に高いグレードは2012年モデルのRやRSで43万円程度の買取となっています。

2012年のXグレードは36万円程度になります。

販売台数が全体から見て初期モデルが最も多く走行距離も長くなっているモデル全体をまとめた平均買取価格は25万円、平均走行距離は7.7万キロとなっています。
先代モデルは年式が古く査定がつけば十分というレベルのようです。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

ボディカラーで有利なのはブラック系、メタラックのグレー系、シルバー系、パープル系 ホワイトパールなどとなっています。
極端に不利な色というはないようです。

グレードはスイングドアの上級グレードであるRグレードやスライドドアを採用しているXSとRSが有利なようです。
どのグレードでも4WDでは査定が若干良くなります。

フロントシートがレカロシートになっている特別仕様車レカロレディションも査定にはやや有利ですが年式的な厳しさがあります。
オプションはカーナビがやや有利というところでしょう。

先代モデルはグレード問わず厳しい模様です。

スポンサーリンク

ekスポーツを高く売るコツ

ekスポーツを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、愛車を売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のekスポーツの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー