クルドラ

ローンの残っている車を売ることは出来るの?

車をローンで購入したことがある方ならわかると思いますが、一旦ローンを組むと、そのローンを完済しなければ、車を手放せないような感覚になります。支払いが住んでいないのに、まだ完全に自分のものになっていないものを勝手に売却できるはずがないと思い込んでしまうのですね。そうです。車に関していえば、ローンの支払いがまだ残っていたとしても、車を売却することはできるのです。

まずはその仕組みについて解説していきましょう。車を新車ディーラーなどでローンで購入した場合、所有権というものがほぼ必ずディーラーまたはクレジット会社の名前でつけられることになります。ローンの支払いが終わるまでは、あくまで車の所有者は、販売会社やクレジット会社ということですね。

車の車検証を見ると、所有者欄と使用者欄にわかれていると思います。現金で購入し、なおかつあなたが印鑑証明と実印を用意したのなら、所有者欄も使用者欄も、あなた名義の車検証となると思います。しかし、ローンを利用した場合、所有権をディーラーやクレジット会社が持つために、印鑑証明や実印を、ディーラーやクレジット会社が用意します。そのため、あなたは車の購入の際、車の登録のために住民票1通だけを準備してくださいと言われたはずです。車というのは、実印と印鑑証明を準備した人または法人を、所有者欄に設定することができます。ローンを利用する際は、車を勝手に売却させないために、その所有者欄に、購入者の名前ではなく、ディーラーなどを設定するのです。

ここで車を勝手に手放せないように所有権をつけたのに、どうやって車を売却できるの?と思った方、鋭いです。普通に考えると、車を手放せないように思えるローンなのですが、実は大手買取店などが行っているローン完済サービスを利用すれば、先にローンの支払いを終わらせなくとも、所有権を解除することができるのです。つまりローンの残債が残ったままでも、車を売却することができるのですね。

大手買取店では、ローン中の車の買取なんて日常茶飯事です。各会社毎の所有権解除書類や方法をよく理解していて、必要な書類なども的確に知らせてくれるので、手間もさほどかかりません。有名どころでいえば、ガリバーやカーチスなどの大手は、必ずといっていいほど、ローン完済サービスを利用しています。

これはわかりやすく説明すると、もしあなたの売ろうとしている車の買取金額が100万円だったとして、まだローンの未払い分である残債が60万円あったとして、買取金額の中から60万円を、その所有権を持った会社に払い所有権を解除し、残りの40万円を、差し引きの買取金額として、あなたに提供するサービスです。もし、これが逆の場合、つまり車の買取金額が60万円で、ローンの残債が100万円だった場合、車を売ることは可能でしょうか? これは買取店がローン完済サービスを利用時に、自ら差額を建て替えることによって可能となります。そしてその差額を、売り手に一括または分割払いで負担してもらうことで買取を成立させるのです。だから、ローンの残りが多いとしても、月々の負担が大きくて支払いが困難な場合や、環境が変わり、どうしても車を買い替えたい場合は、安心して売却を申し込んでみて下さい。大手の買取会社は、そんな時でも快く買い取ってくれるはずですから。

スポンサーリンク

所有権解除の手続きに必要な書類

● 自動車車検証
● 印鑑登録証明書(※発行から3ヶ月以内のもの)
● 委任状(※販売店より受け取って下さい)
● 自動車納税証明書(※住所と氏名に間違いないか確認)
● 実印

所有権解除の方法

1.全額返済してしまう

 所有解除の最も簡単な方法は、ローンの残りを一括返済してしまうことです。これはローンの支払い開始後、どのタイミングでも行うことはできます。ローン会社やディーラーに完済を確認後、所有権解除=譲渡証発行の依頼をしましょう。もちろんこちらで準備しなければならない書類はありますが、それが終われば、晴れて新しい車検証の所有者欄には、あなたの名前が記載されます。

 その他にも、住宅ローンの借り換えのように、他金融機関でローンを組み、その分で一括するという手もありますが、特別金利が低いという理由がないようなら、そこまでする必要はないでしょう。実際に、ローンが終わっても、ほとんどの方が車検証の所有権をそのままにしているといいます。その場合、その車の売却時に、所有権解除に必要な書類を用意することになります。車検を継続して受ける際も、任意保険をかける際も、車検証の使用者であるあなたの名前を使えるので、特にそのままでも問題はないようです。

2.相談して承諾を得る

 車のローンの残債が残っていたとしても、売却などでそれ以上の価値が証明出来れば、所有権解除を認めてくれる場合があります。つまりローンの完済が約束された場合に限りということですね。そのためには、ローン会社やディーラーデスクなどのフリーダイヤルなどで、直接相談をしてみましょう。

ローン残債サービス

【車の売却価格がローンの残額より多い場合】

 車の残債があり、それが買取店で査定した買取価格より少ない場合、あなたの代わりに買取店がその残債を一括で支払ってくれ、査定価格よりその残債を差し引いた金額を、あなたは買取価格として受け取ることができます。基本的には、車や車検証、そして所有権解除の書類があれば、簡単に売却することができます。

【ローンの残額が車の売却価格より多い場合】

 一見不可に見える上記のケースでも、一旦買取店が、ローンの残額分をローン会社に一括返済するので、所有権解除は行われます。ただし、査定金額と、ローンの残債との差額分に関しては、あなたは現金での一括払い、または、買取店が用意するローンの利用、もしくはあなた自身が新たな金融機関から借り入れをして現金を作り、買取会社に支払わなければなりません。しかし、そうすればローンが残った車を、売却することはできるのです。

手続き代行サービス

 所有権解除を自分で行おうとした場合、集める書類の複雑さや手続き自体の難しさに、途中で投げ出したくなる人が多いと思います。特に何度も転勤を繰り返している方などは、必要書類を集めるだけでも大変です。しかし、大手の買取店などでは、それらの手続きを代行してくれる所謂「手続き代行サービス」を手数料など不要で実施ししてくれていたりします。もちろん、住所の繋がり書類などは基本的には個人で準備するのが原則ではありますが、それを取るためにどうすればいいのか、郵送などで簡単に取れるようにアドバイスもしてくれるはずです。色々難しく考えなくても、大手の買取店などを利用すれば、車は簡単に売却することができるのです。

スポンサーリンク

メニュー