クルドラ

N BOXを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

ホンダが誇る人気ナンバー1の軽自動車です。
若い人から高齢者まで人気があり、弱点の少ない車です。

ホンダ車の場合、センタータンクレイアウトシステムを採用しているので、後ろの席がとても広いです。
また、後部座席は前方に倒すことができ、フラットになります。

安全性能も高く、燃料タンクが通常は後部座席の下にあるのですが、Nシリーズの場合、薄く車体の下全体にあります。
そのため、何処から追突されてもタンクに当たりにくい作りになっています。

よくダイハツのタントと競合することが多いです。

買い取り相場は?

NBOXのノーマルタイプで80万円から130万円です。
人気のモデルではありますがらカスタムの方が需要があります。

初期モデルから販売台数はものすごく伸びている車なので、フルモデルチェンジのタイミングで査定額は大幅に変わることが予想されます。
中古市場も欲しいとはおもいますが、あまり多くなってしまうとかえってキャパオーバーになっていきます。

買取を考えているのならばすぐに行動した方が良いでしょう。
金額は走行距離、内外装の傷、年式で大幅に変わるので、注意が必要です。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

ターボモデル、4WDは基本査定は高いです。
安全装備、両側スライドドアも欲しいです。

色はブラック、ホワイトは査定にプラスになります。
ナビはホンダの軽自動車の場合はディーラーオプションしか付けられないため、ギャザズになります。現行のナビには、インターナビが必ずついているのでプラスになります。

また、音楽録音機能がついているとさらに良いでしょう。

NBOXは販売当初に比べると、色のバリエーションが増えています。
色を選ぶ際は、今後の査定のことも考えて選んだ方が良いです。

高く売るために自分でできること

高く売るためには、一括査定を必ずすることです。
買取業社にお願いすれば、NBOXであればディーラーより良い価格が出ます。

ただ、買取業社と交渉するに当たっては、ディーラー査定が基準になるので査定もしっかり行いましょう。
点検や洗車の時にお願いするのもアリです。

査定をお願いする際は、必ず洗車をしましょう。
細かい傷はコンパウンドで磨いて無くしましょう。

スポンサーリンク

大きい傷などはタッチペンや板金修理などはやらない方が良いです。
かえって高くなってしまうので、そこは無視で大丈夫です。

N BOXを高く売るコツ

N BOXを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、愛車を売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!なんてことはザラにあるんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のN BOXの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー