クルドラ

N-WGNカスタムを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

N-WGNカスタムは軽自動車で初めて衝突安全性能五つ星評価を貰ったバイトワゴン車です。

ボディーは衝突時に破損しやすくできており、F1の車に置いては、事故を起こした時、車の部品が運転者を傷つけないよう、破損しやすくできています。その原理を応用して人間の保護を最優先させた作りになっています。また、カスタムグレードにおいては、ノーマルより外観、内装に力を入れており、スポーティーでクールなデザインになっています。

最近になり、ツートンカラーも発売され、さらにバリエーションが増えていきました。

買い取り相場は?

買取相場は90万から150万円と幅が広いです。
N-WGNを購入しているユーザーは圧倒的にカスタムが多く、中古車の人気もカスタムの方が多いです。

ディーラー査定においても人気の車種のため、比較的高めに出ることが多いです。

しかし、買取業者の方が価格は高いです。車を引き渡すのが早いのと、ディーラーに価格で負けてしまうと存在価値が全くなくなってしまうので、無理な提示額も多いです。

ディーラーでは、基本価格とホンダオートオークションの価格があるので、営業担当に突っ込んでみても面白いと思います。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

オプションで人気なのはターボ、安心パッケージ、ナビ装着用スペシャルパッケージ、純正ナビです。
ターボに関しては査定額に大きく影響します。

また、安全装置におきましても、高齢化が進んでおり、どんどん需要が高まっています。
メーカーオプションの時点で決まってしまうので、購入の初期からグレードについては気をつけた方が良いです。

ボディーカラーは黒、白が圧倒的に人気です。

高く売るために自分でできること

査定をアップするためには、査定をする前に洗車をすることです。
コンパウンドで小さいキズを取っておくと良いでしょう。

高く売るためには始めにディーラーで査定します。
そこで目安の査定額が出るのでそれを元に買取業者の交渉として使いましょう。

買取業者もディーラーの査定を基準にし、自社である場合の価格として適正であるかその場で判断します。
ブッキングしても構わないので、複数業者を呼び、一括で査定することをオススメします。

ディーラー査定の時期によってはメーカーから支援があるため、もしかすると時期によっては買取とりお得なことも有ります。
基本は買取業者が高い印象なので自分の設定金額を提示できなければ売らないと伝えるくらい強気でいいと思います。

スポンサーリンク

N-WGNカスタムを高く売るコツ

N-WGNカスタムを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、N-WGNカスタムを売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のN-WGNカスタムの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー