クルドラ

バモスを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

バモスは軽のワンボックスカーで後席はスライドドアとなっています。他メーカーの同様のモデルが1999年に新規格軽自動車になってから1~2回のフルモデルチェンジを行ったのに対し、バモスは2017年時点まで改良を続けて販売されています。エンジンは45馬力で変速機は3AT、4WDは4ATとなります。

エンジンは後席下のミッドシップ配置で、後輪駆動が基本となります。
背が高く広い室内が特徴で、後席の格納などシートアレンジも可能で荷室も広く取られています。

かつては64馬力のターボエンジン車の設定もありました。

買い取り相場は?

2016年のGグレード4WDで105万円という査定データがあり、中古車雑誌系による、8.9万kmという平均走行距離の中古車査定データでは38.6万円という平均価格になっています。

現在バモスはGグレードのみの単一グレードとなっています。
バモスは販売期間が15年を越えているため、平均データに関しては年式は比較的平均化されていると思われます。

2010年モデルのLターボローダウングレードでは60む万円程度の査定となっており、当時のグレードとしては有利な部類と言えるでしょう。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

現在販売されているモデルであればGグレードのみの選択肢となっており、4ナンバーではないバモスかバモスホビオが有利で、色はシルバーやパールホワイト、ブラックなどが有利となります。

4WDは変速機が4速ATになることも含めて査定に有利です。
過去のモデルではLグレードがやや有利でターボエンジン搭載グレードやローダウン系グレードも有利となります。

特別仕様車などもありましたが2010年頃と2002年という年代から、あまり有利とはいえないでしょう。
オプションはカーナビが査定にプラスになる可能性があります。

高く売るために自分でできること

バモスは登場から2017年時点で18年ものロングセラー車となっており、少なくともフロントデザインの変更を受けた後期型ではないと査定面で厳しく、初期モデルであれば価格がつけば十分という視点で考えたほうが良いでしょう。

2017年度中にフルモデルチェンジの噂はないですが、いつフルモデルチェンジのがあってもおかしくない年数が経っていることもあり、モデルチェンジ後には査定がやや不利になるため、すぐに買い換える予定がない場合でも高額査定のためには情報に気を配ったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

フルモデルチェンジが行われた後であれば好きなタイミングで売却してかまわないでしょう。

バモスを高く売るコツ

バモスを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、愛車を売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のバモスの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー