クルドラ

ホンダ ステップワゴン

stepwgn

ステップワゴン

 2015年4月に5台目が登場したホンダの5ナンバーサイズミニバンです。新型になり、排気量が1.5Lのターボモデルのみに変わり、低排気量ながら力強い加速と燃費の両立を実現しました。またバックドアに、わくわくゲートを採用し、上だけではなく、横にも開閉できるドアがついたため、後ろから3列目に乗り込んだり、狭い駐車場でも、後ろを軽く開けて荷物を詰めたりと、非常に便利になりました。

特徴

 ステップワゴンの特徴としては、カッコいいというイメージがありますが、外装にしても、内装にしても、シンプルで男らしさを感じるものとなっています。もっとカッコいいほうがいいという方には、スパーダというグレードが用意されています。安全面では、ホンダセンシングと呼ばれる衝突回避支援機能の設定があり、ミリ波レーダーと単眼カメラ式のため、前方の車だけでなく歩行者も認識し、万が一の時には、自動でブレーキをかけてくれます。

燃費

 カタログ上の燃費としては、1番良いモデルではJC08モードで17.0km/Lですが、ホンダセンシングがつくモデルでは16.0~16.2km/Lになるということです。排気量こそ1.5Lではありますが、ターボ車ということもあり、走る場所によって、燃費は大きくばらつきそうです。現状ハイブリッドシステムがないのがマイナスポイントですが、アコードやオデッセイに搭載されたハイブリッドシステムもあれば、フィットやフリードに搭載されたハイブリッドシステムもあります。今後の追加に期待です。

スポンサーリンク

走り

 走りとしては、1.5Lターボエンジンが、ターボラグを感じさせないほどストレスなく加速します。普通に走る分には、恐らくその他ライバル車の2Lエンジンと変わりない加速をしてくれますので、1.5Lだから敬遠しようと思われている方はご安心下さい。全開加速をしたら1番速いです。ただそれでも燃費や環境重視の設定のため、昔のドッカンターボのようなモリモリくる加速はなく、あくまでマイルドな味付けです。
 静粛性や乗り心地や走行安定性もだいぶ良くなってきました。乗り心地もだいぶ柔らかくなった印象です。ただサードシートが床下格納タイプのため、3列目のシートの厚みが薄く、長時間のドライブでは疲れやすいかもしれません。その分、格納時の荷室のスペースは、他のライバル車と比較にならないほど広いです。また低床のため、乗り降りはしやすく、室内の高さもあり、本当に広々としています。それプラスでわくわくゲートですので、使い勝手は抜群です。
interia2spada_1

装備

 装備面では、セレナにあるようなマルチビューカメラシステムがメーカーオプションで設定があり、それがない車には、助手席左前のピラー下部に、左前方の視界を確認できる補助ミラーが標準でつくために、非常に親切な作りになっています。もちろん衝突回避支援機能のホンダセンシングも設定がありますので、人気は出るはずなのですが、やはりハイブリッドを心待ちにしている人が多いようです。
stepwgn1

中古車の相場

セレナ同様、国内でも需要の高い5ナンバーサイズミニバンのため、中古車の価格はかなり高いです。やはり5年落ちでも、150~180万円の価格で販売され、10年落ちでも、まだ50万円前後で取引されています。
 ステップワゴンも下取りや買取金額は非常に高いです。その中でもエアロタイプであるスパーダの相場が高いと言えます。やはり新車でも売れ筋のタイプが、中古車でも需要が高いようです。
 参考までに現在の5代目は、2015年4月24月以降のモデルで、4代目は、2009年10月~2015年4月の間、3代目は2005年5月~2009年10月の間のモデルです。購入しようとしている車または売却しようとしている車の年式が、フルモデルチェンジの時期の前後だったりすると、その前後で大きく金額が変わりますので注意が必要です。

スポンサーリンク

メニュー