クルドラ

ベンツAクラスを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

A170はおにぎりのようなフォルムをしたボディ。
排気量は大きくなく女性向けの車です。

発売前はテスト走行でそのおにぎりのようなフォルムで背が高く横転したと話題でした。そこから改良され横転しないように幅を広げよりおにぎり化したのは言うまでもないです。

特徴としてはCVTミッションで原付のようにショックのない加速性能で女性が運転するのは非常に簡易で取り回しもよく安価なメルセデスの車両で人気を博していました。

背も高いので居住性も良くトランクスペースなども女性のお買い物車としては最適なデザインでした。目立つ故障もなく10年近く経った今でも手放されない方もいるようです。

買い取り相場は?

A170オーナー ryoutaさんの口コミ
1000円〜200000円でした。
後に出たW176A1801.6Lのターボへフルモデルチェンジを気に価格が急下落してしまいました。

このフルモデルはメルセデスの大成功とも言えるフルモデルチェンジで1年程は受注しないと手元に届かないほど本国からの供給が追いつかなかったそうです。

そのW176の人気で前型のA170は大きな値崩れをしてしまい。上記の相場価格になってしまったようです。

難点だったのが街乗りが多く消耗部品が多かったのでブレーキパッド・ディスクローターなど交換部品も込みするとこの車は50000円ですねと言われました。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

A170エディション10とA170エレガンスという2つのグレードもしくは後期モデルのA180が相場では高かったそうです。

カラーは通常色の白や黒より少し色目の変わった色が中古買取業者さんの人気が高くなぜかといえば可愛いおにぎり型の車な為お客様層も変わった車に乗りたい方が多かったそうで赤などがカラーとしては査定額が上がったそうです。

女性のお買い物車、女性層メインターゲットの車両と営業マンから聞いていて変わったメーカーオプションはなかったと思います。ナビやバックカメラが標準ではなかったので後付けのルームミラー型バックモニターや後付けナビを付けていたので相場よりも査定額を出していただきました。

高く売るために自分でできること

日々のメンテナンスで車の状態を良くしておく事です。

スポンサーリンク

輸入車はどうしても維持費にお金がかかりますが、日本の四季折々の環境ではどうしても不具合やストップアンドゴーを繰り返さなければいけない道路なんかでは消耗品も増えます。ただ中々誰もが新車で買える車ではないので状態が良くて走行距離なども短ければその分査定額に反映していただけたのかと思います。

査定いただいた車ではどうしても保証後の消耗品の交換を怠りタイヤの溝なども車検ギリギリのラインで乗っておりタイヤの残り溝や低コストでの商品化ができないことで査定額が理想には届きませんでした。

消耗品の交換は安全に乗るためにもしっかりと行うべきでした。

ベンツAクラスを高く売るコツ

ベンツAクラスを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、愛車を売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のベンツAクラスの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー