クルドラ

ヘビースモーカーだけど、車の臭いは査定にマイナス?

車を売却する際、愛煙家にとって気になるのは査定額への影響ですよね。車の中で喫煙している場合、本人はあまり気にならないかもしれませんが、他の人からするとかなりタバコの臭いがするはずです。売却前の数日とか数カ月とか車内禁煙にすることで金額に影響するのか?など、実際の下取り査定への影響はどれくらいあるのでしょうか。

喫煙車は下取り査定ではマイナスになるのか?

基本的には臭いが極端に残っている場合、査定額はマイナスになります。ただし、臭いの度合いやヤニ汚れ具合などによって変わってくるため、どのくらい価格に影響するのかどうかは何とも言い切れません。一般的には、5万円程度の金額が変わってくると言われています。

車種による違いは?

喫煙車の査定価値については、該当の車種によっても違いがあります。例えば、高級車の場合は、車本来の価値が高いため、臭いや汚れによって失う車の価値も当然大きくなってきますので、その分減額は大きくなります。また、人気のある車種も同様で、人気があるため台数が世の中に豊富にあり、わざわざ喫煙車を選ばなくても他に良質な車が出回っています。そのため、「喫煙車の中古車が売れにくい=そもそもの買取価格が低くなる」となります。

スポンサーリンク

喫煙車でも査定額を下げない方法は?

査定額を少しでも下げないようにするためにはどうすればよいでしょうか?喫煙だけでなく過度な消臭剤の使用も含め、タバコを吸う場合は窓を開けて換気をする、エアコンの吸気を外気循環にする、灰皿に長期間吸い殻を入れっぱなしにしない、などの日々の努力が必要となります。つまり少しでも臭いが染みつかないような工夫をすることで、車を売却する際の査定金額を下げないことにつながってきます。また、喫煙しない同乗者に対する受動喫煙を防ぐためにも、可能であればできるだけ車の外で喫煙をする習慣をつけてみてはどうでしょうか。

常日頃からの対策が必要

このように、タバコの臭いが極度に残っている場合は査定額に影響することがあります。愛煙家でも車の売却を考える場合は、タバコを吸う時には窓を開けたり、エアコンを外気循環にして吸うなどの、常日頃からの対策が必要となります。また、臭いではありませんが、シートにタバコの焦げ跡ができてしまった場合も、残念ながら、内装の評価点が下がってしまい、査定はマイナス評価となります。臭いだけでなく焦げや汚れなども含めて最大限の注意を払いましょう。

スポンサーリンク

メニュー