クルドラ

ヴィッツのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

ヴィッツを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにマッチしているのか、オススメグレードはどれか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>ヴィッツ値引き

>>ヴィッツおすすめオプション

HYBRID U/ HYBRID U“Sportyパッケージ”の特徴


Uはハイブリッド車で、エクステリアはフロントバンパーとロアグリルとヘッドランプとフォグランプカバーのデザインを変更しています。

ワイドとローのスタイルを強調していて、ダイナミックさと低重心感をアピールしています。オプションとして、Bi-BeamLEDヘッドランプを設定しています。

U“Sportyパッケージ”の走行性能は、新構造になったショックアブソーバーを採用しています。

ボディ各部のスポット溶接増し打ち等によって、ボディ剛性の強化してインストルメントパネル周りのブレースの板厚をアップしています。

U/U“Sportyパッケージ”の特徴


Uグレードではフロントフォグランプが標準装備されていたが、Fでは装備されていないです。

少しの機能の違いがあるが、見た目では大きな違いはないです。

外装とエクステリアからはUグレードとFグレードを見分ける事は、難しいです。

標準装備されているヘッドライトは、プロジェクター式のハロゲンヘッドライトを採用しています。

トヨタセーフティセンスCは、オプション設定委なっています。その分価格の安さが魅力的だが、安全装備を装着するとUグレードとの価格差が小さくなってしまいます。

HYBRID Fの特徴


特別仕様車はFグレードをベースにして、トータルコーディネートにこだわって内外装が作られています。

内装色はブラックとベージュの2種類から選択出来て、シフトレバーベゼルやオーディオクラスターパネル等にピンクベージュ塗装をしています。

ベージュではシフトレバーベゼルやステアリングベゼル等に、ピアノブラック塗装が施されてます。

両タイプ共に内装色と同色であるシルフィードシート表皮を採用していて、外板色は特別設定色の全6色を設定して、外板色と同色であるカラードフロントグリルや内装色に合わせた専用リヤエンブレムも採用されています。

F“Mパッケージ”は法人需要やレンタカー需要等を対象にしていて、価格は安いが一般のユーザーが選ぶグレードではないです。

スポンサーリンク

F/F“SMART STOPパッケージ”/ F“Mパッケージ”の特徴


内装は落ち着いた赤で、女性向きのカラーになっています。幅広い年代に受け入れられるカラーで、シートのデザインもマルサラカラーを採用しています。

ベースがブラックでシックで落ち着いた雰囲気のあるシートで、上品さがある魅力的なグレードです。スマートキーはオプション設定になっていて、標準装備されているのは刺し込んで回すタイプのキーです。

ハンドルはウレタン製なので、雰囲気とマッチしないです。

フルオートエアコンが採用されているので、インパネの見た目やデザイン性を考慮すると格段に良いです。

HYBRID Jewelaの特徴


HYBRIDJewelaは見た目等にこだわる人には、オススメの1台です。内装色等にこだわって作られているので、他のグレードと比べると他にない色を採用していたりします。

上品さもあり、大人の雰囲気が醸し出されています。

Jewela/ Jewela“SMART STOPパッケージ”の特徴


jewelaは女性向けにドレスアップしたグレードで、内装色がピンクっぽい感じのバーガンディーという色が選ぶ事ができます。

この色はあまりないので、特別なグレードです。価格はUグレードと比べると、安価なので選びやすいです。

Jewela“SMARTSTOPパッケージ”は、同時期に登場した新型トヨタのパッソと比べると中途半端です。

大量クールドEGR等の低燃費技術は採用されていなくて、圧縮比もパッソの11.5に比べて11.0に下がっています。

平坦な道では問題ないが、坂道では動力性能が不足しているのが気になります。

おすすめはどのグレードか

オススメのグレードはハイブリッド車では、HYBRIDUです。

スポーティーな走りをしたい人には、HYBRIDU“Sportyパッケージ”がオススメです。運転が好きな人には、ダイナミックな走りができます。

女性にはF/F“SMARTSTOPパッケージ”が、女性らしい内装色になっていて年齢に関係なく乗れます。

上品であるので、大人の雰囲気を醸し出す事ができます。

見た目にこだわる人は、Jewela“SMARTSTOPパッケージ”にすると特徴的なデザインになっています。

ヴィッツを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


ヴィッツの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー