クルドラ

人気のミニバン!トヨタ、ヴォクシー

voxy

ヴォクシー

 2014年1月20日に現在の3代目となったトヨタの5ナンバーサイズミニバンです。兄弟車にノアとエスクァイアがあり、顔つきや後姿や内装で味付けが変えられています。その3車種の中でも最も売れているのがこのヴォクシーです。

特徴

 ヴォクシーの特徴としては、他のライバル車種と比べて、外見がややいかつく、スポーティーな印象です。インテリアはトヨタらしい内装で、シンプルながらも飽きがこなさそうです。ちょっとヤンチャなパパ受けする車かもしれません。衝突回避支援機能としては、トヨタセーフティセンスCがありますが、ミリ波レーダーではなく、レーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせのため、対歩行者は認識しないようです。安全面では一歩他社に後れをとっている印象です。

燃費

 カタログ上の燃費としては、ガソリン車のモデルではJC08モードで16.0km/Lです。市街地の実燃費は1Lあたり12km前後辺りでしょうか。しかし、ヴォクシーには先代プリウスのシステムをそのまま積んだハイブリッドモデルがあります。そちらのほうは、JC08モードで23.8km/L走ります。実燃費でいっても、18~20km/Lくらい走るので、ガソリン車のほぼ1.5倍燃費が良いです。安全面で後れをとってはいるものの、他社にないこのハイブリッドシステムのおかげで、ヴォクシーは現在、その他のライバルより販売台数が多いのです。バッテリーは5~7年ほどで、2~3万円ほどの補機バッテリーを一度交換すれば良いくらいで、あとはメインのハイブリッドバッテリーは交換の必要はないようです。

スポンサーリンク

走り

 走りとしては、2Lのガソリンエンジンは力不足などはなく、ストレスなく加速をしてくれます。またハイブリッドのエンジンも、1.8Lプラスハイブリッドのモーターの力が加わりますので、アクセルを強く踏めば、2.4Lクラスのパワーでモリモリ加速をしていってくれます。燃費も加速も両方欲しいという方にはうってつけかもしれません。
voxyinteria

乗り心地

 静粛性や乗り心地、そして走行安定性も、このクラスの車は他社を含めて、良く出来ているので、不満は感じないと思います。特に低床になっているため、車の横揺れが少なく同乗者の車酔いは少ないかもしれません。この辺りはステップワゴンも同様です。3列目のシートは跳ね上げ式ですが、セレナ程は分厚くないため、若干乗り心地は劣るかもしれません。その分、3列目の足元には余裕があり、大人が乗っても、窮屈感は少ないと言えます。

装備

 装備面では、やはり自動ブレーキのシステムが他社より劣るのが痛いです。車線逸脱の警告も、他社のようにハンドル制御はありません。それと、セレナやステップワゴンにあるような上から見下ろすような視点のカメラは設定でありません。そういう面では、あまり女性受けしない車かもしれません。

中古車の相場

 ヴォクシーの中古車の相場も、セレナやステップワゴン同様、ものすごく高いです。5年落ちのモデルでも、180~190万円前後で売られていることが多いようです。やはりそのくらいの中古車を買おうと思ったたら、新車の車両本体価格くらいにはなることが多いようです。
 下取りや買取も、ヴォクシーはかなり高いです。その中でも特に高いのは、エアロモデルのZSといったところでしょうか。ライバル車でもいえることですが、この5ナンバーサイズミニバンでは、お子さんなどが飲み物をこぼしたりしても目立たないように、シートや内装が黒のタイプが人気です。そしてそれに該当するのがほぼエアロ調のスポーツタイプなのです。ボディーカラーも黒や白系が人気で高値がつきやすいです。
 参考までに、現在の3代目は、2014年1月20日以降のモデルで、2代目は2007年6月~2013年12月の間、また初代モデルは2001年11月~2007年6月までとなります。モデルチェンジの前後で、中古車相場にしても買取相場にしても大きく変わりますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

メニュー