クルドラ

ミラジーノを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

燃費が約20㎞/l前後で小回りが利いて視界が広い軽自動車です。車内は思った以上に広く感じます。運転席と後部座席との間が広いので、体格の良い大人が乗ってもゆったりとくつろぐことができます。

クラシックな感じの外装で、メッキパーツがおしゃれで錆びにくく長持ちします。見た目に輝きがプラスされるので、いつまでも新車を乗っている感覚で乗ることができます。若者から高齢者まで幅広く人気があります。遠くから見ても自分の車を見つけやすく、大型駐車場などで便利です。ミラジーノは、おしゃれでかわいく運転機能が備わった車です。

買い取り相場は?

買い取り相場は、軽自動車の中では高めです。

実家のミラジーノは、10年乗ったもので29万円でした。車検と定期点検はきちんと行い、事故なしでした。オートロックの調子が悪かったことと、タイヤ交換をするかどうか迷ってそのままの状態で、買取することになりました。

ミラジーノは、車の状態にもよりますが10年ほど乗ったものでも、50万円以上の査定額になることも珍しくありません。反対に、0円と値が付かないときもあります。
平均的に、10年ほど乗って20から30万円の査定額になっています。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

グレードは、2006年9月発売モデルで、ベーシックのL、上級装備のプレミアムX、内外装が専用デザイン装備のミニライト(MINILITE)の3グレードがあります。プレミアムXが査定額が高めです。

カラーは、豊富に揃っています。その中でも、売る際には人気の色の方が査定額がアップします。傾向は、緑、赤、赤紫、赤茶、桃、青が高くなります。メッキパーツが映える色です。ミラジーノは見た目のかわいさにこだわって購入する方が多いためです。

一般的な白、真珠などはミラジーノは人気がなく査定額は低めです。

査定額がアップするオプションは、クラシックな外装に合わせて内装をレトロに変えることです。

高く売るために自分でできること

売る前には、掃除をすることです。ミラジーノはかわいいので、軽の中でも高い金額で買取してもらえます。車をきれいにすることで、まだまだ乗れるということが証明できれば、高く買ってくれます。

車内での喫煙経験がないこと、動物を乗せていないなどプラス面を出すことも大切です。

将来売ることを考えて乗る場合は、定期点検を受けることや、タイヤの溝をこまめにチェックしてタイヤ交換することも必要です。バッテリー交換を行って快適な運転をしておくなどすることも、査定額アップにつながります。

スポンサーリンク

ミラジーノを高く売るコツ

ミラジーノを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、ミラジーノを売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のミラジーノの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー