クルドラ

アウディQ7の厳選おすすめオプションは?プレミアムSUVなら外せないのはコレ!

最終更新日 2021/9/16

クルマ業界現在圧倒的な強さを見せているSUVですが、最近では特にコンパクトSUVへの人気が集中しています。

特に国産メーカーの動きにそれが顕著ですが、その分ミディアムからラージクラスSUV輸入プレミアムブランドの品揃えが豊富市場を牽引します。アストンマーチンランボルギーニなど少し前では考えられなかったメーカーハイエンドSUVを投入しています。

お馴染みジャーマン御三家でいえばメルセデスベンツGLSBMWX7、そしてアウディQ7がそれぞれのメーカーを代表するSUVモデル頂点になります。各モデルとも起源まで辿ると様々車歴はありますが、今の三つの車種を横並びで見ればアウディQ7がこのクラスの草分け的存在と言えます。


今回のクルドラではアウディQ7を実際に購入しようとした際、気になるオプションについて、厳選したおすすめ品をご紹介していきます!

アウディQ7のプロフィール

初代Q72005年のフランクフルトモーターショーで正式発表され、2006年からは日本への導入もスタート。ちなみに初代Q7のエクステリアは日本人デザイナーによるものでした。ジャンルとしてはBMW X5先行していましたが、スポーティでスタイリッシュ、それでいて7人乗り3列シートを擁するQ7は、時代を先取りしたSUVとしてグローバルな人気を博しました。

2016年にフルモデルチェンジした2代目Q7のハイライトは、アルミ素材を多用して初代から300kg以上の大幅な軽量化を達成したこと。その効果で燃費26%も改善されました。素材だけでなくボディ自体のディメンションも全長・全幅ともに若干スリム化され、よりシャープなデザインになっています。

2020年にはその2代目ビッグマイナーを実施、エクステリアは最新アウディSUVラインの特徴であるマッシブなオクタゴン(八角形)・シングルフレームグリルを採用、より力強い印象となりました。リヤセクションにはフラットな左右リヤライトをつなげる印象的なアルミニウムストリップを配置。リヤライトのグラフィックとともに、水平基調デザインがさらに進化しています。

引用:https://www.webcg.net/

インテリアも刷新され、新たに12.3インチディスプレイアウディバーチャルコックピットを装備。インパネ中央には上下二段に配される大型タッチスクリーンを備え、上段はインフォテインメントカーナビ、下段はエアコンなど操作用になっています。

乗車定員5名を標準とし、メーカーオプション7人乗り3列シート仕様も用意されます。

Q7のグレードはどうなっている?

Q7マイナー後グレード構成2.0ℓ直4ターボモデルがカタログ落ちし、3.0ℓV6エンジン48V電源のマイルドハイブリッドを組み合わせたモデルだけとなりました。
グレードはベーシック55TFSIクワトロ55TFSIクワトロSライン2種類です。

Sラインはその名のとおりスポーティな仕立てになっていて20インチアルミ専用のバンパーレザーシートパドルシフトヘッドアップディスプレイなどが標準な他、電子制御エアサスペンションも奢られます。

なお、2.0ℓ直4ターボモデルはカタログ落ちしていますが、マイチェンのタイミングで「45 Sラインリミテッド」が310台限定車として設定されています。最高出力252PS、最大トルク370Nmを発揮する高効率2.0ℓターボが欲しい方は、在庫限りなので早めのご検討が必要です。

満足度の高いメーカーオプションは?

フランス車イタリア車だと日本国内販売モデルはメーカーオプション設定はあまりないのが普通ですが、ジャーマンブランドについてはどのメーカーのモデルも豊富に用意しています。さらに言えばオーダーメイドプログラムまであり、世界で1台しかないオリジナルモデルを造ることさえ可能です。

アウディQ7については選択できるメーカーオプションは以下のとおりとなります。

これらの中からポイントになるオプションをピックアップしてご紹介しましょう。

ミニバンに負けない3列シート仕様なら

7シーターパッケージQ73列シートで使いたい方の必須オプションです。これを選択しておけば、1人乗りから7人乗りまで乗車スタイルに合わせて自在にシートレイアウトすることができます。電動格納式サードシートは、大人が十分に腰を落ち着けることのできるゆとり確保されています。

併せてこのパッケージには運転席助手席後部座席左右から個別に温度風量をコントロールできる4ゾーンオートマチックエアコン35:30:35三分割可倒式二列目シート、半ドアを防止するパワードアクロージングも備わります。

4ゾーンオートマチックエアコンディショナーは、単なる後席用エアコンと考えてはいけません。

タッチ式A/Cコントロールパネルにより、後部座席左右温度設定風量個別に調整可能なのはもちろん、乗員認識機能により効率的に温度ゾーンを自動調整してくれます。また、エアクオリティセンサーと太陽光に応じた調節機能を用いた自動内気循環、埃や臭いを取り除くアレルゲン除去フィルター車内空気清浄化まで行う優れものです。

引用:https://www.gqjapan.jp/

プレミアムな光を放つライトパッケージ

プレミアムパッケージは簡単に言えば、マトリクスLEDレーザーライトによるヘッドライトグレードアップがメインになります。

ヘッドライトは現行アウディモデルの重要アイコンの一つといえますが、HDマトリクスLEDヘッドライトロービーム用LEDライトと、ひとつのユニットに多数のLEDが組み込まれたハイビーム用ヘッドライトが組み合わされた革新のライト対向車先行車を検知すると、その部分だけハイビームLED消灯または減光させて、周囲に迷惑をかけることなく常時ハイビーム走行が可能になります。

アウディレーザーライトは⾞速約70km/hからLEDハイビーム補完し、照射距離をおよそ2倍に伸ばしてドライバー安全性利便性を⾼める機能。

ヘッドライト造形同様、エクステリアを引き締めるプライバシーガラスがセットなのも嬉しいパッケージです。

操安性と利便性を兼ねたハイテク足回り装備

このパッケージSラインでしか選べないオプションになりますが、二つ足回り系のアイテムが加わります。まず一つめは、平坦でない不整地走行において車体のロール低減させる電子制御アクティブスタビライザーが備わり、スポーツ走行時は特にコーナリングにおいて過剰なロール制御してくれます。

引用:https://xtech.nikkei.com/

もう一つはアウディ版4WS(全輪操舵)であるオールホイールステアリング。これはコーナリング時にリヤタイヤが最大5度ステアする機能です。低速では後輪が前輪と逆位相になることで、旋回半径を最大40cm減らすことが可能、また高速走行時安定感を重視して同位相にステアするように設定されています。

わかってはいるけど巨体Q7。このパッケージがあれば取り回しが気になる方の懸念もかなり払拭されるはずです。

電制式エアサスは高級車の代名詞

高級車の代名詞的なアダプティブエアサスは、ベーシック55TFSI用オプション。無段階に変化する連続可変ダンピングシステム4輪すべてに備えた電子制御式エアサスで、どのような路面にも適切な地上高と安定したトラクションを確保してくれます。特に不整地を走る機会もありそうなSUVになら尚更役立つ場面も多いかも知れません。

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

また、走行場面だけでなく例えばリア側を低くして車高を下げ、ラゲッジルームへの荷物の積み込みを容易にすることもできます。

Sラインにはこれが標準装備となっていますが、Sライン用はより固めのセッティングを採用していて車高15mmローダウン化されるスポーツ仕様になっています。

採光と換気に優れる大型グラスルーフ

こちらもプレミアムSUVならぜひともおすすめしたいオプションです。特にSUVってルーフが広大ですし、室内の頭上空間にも余裕があるためサンルーフ装着による圧迫感もあまりありません。
Q7のそれは2セクションから成る広い開口部を持ったガラスサンルーフです。簡単な操作でサンルーフを開けると車内に新鮮な空気が取り込め、サンルーフが開いている間は内蔵されたウィンドディフレクターにより風切り音を軽減してくれます。

引用:https://neomotor.sport.es/

また、グロスブラックに覆われるルーフのデザインはQ7のエクステリアをよりシャープに際立たせます。

スポンサーリンク

おすすめディーラーオプションをチェック

輸入車はわりとディーラーオプション純正アクセサリーはシンプルなメーカーもありますが、アウディ車種別に20Pを超えるアクセサリーカタログが用意されています。

アクセサリーのラインナップはわりとベーシックな展開ですが、近頃の国産車カタログによく見られる派手目なエアロパーツドレスアップキットの類いは一切ありません。

もっともアウディQ7にしてもそのルックスは、これはこれでもう完成形であり、スポイラーエアロ等を付けてゴテゴテと飾りたいというニーズがあるとも思えないですが。

但し、マッドガードまでないとは意外です。小石の跳ね上げ等から、ボディを守る機能性アイテムなので大抵のクルマには設定があるものですけどね。ちなみにマッドガードアウディ全モデルで設定がないようです。美学でしょうか?

少ないエクステリア用品でおすすめはコレ

純正アクセサリーで用意のあるエクステリア系パーツは、アルミホイールエアバルブキャップカーボンミラーハウジングランニングボードのみです。

アルミホイールQ755TFSIクワトロ用19インチ55TFSIクワトロSライン用20インチが標準装着されていて、メーカーオプションではどちらにも21インチアルミ選択できます。ディーラーオプションで用意がある19及び21インチは、19インチウィンタータイヤ用とされています。21インチメーカーオプションとはデザインが異なりますので、お好みならどうぞとも言えますが価格は4本で62万円

標準状態からの交換ならプラスしてタイヤ代も掛かりますので、メーカーオプション21インチアルミより2倍から3倍コストが必要となり、コスパはイマイチかも知れません。

むしろルックスを引き締めるなら、ランニングボードおすすめステンレス製ステップが、機能性とともにサイドスタイルにアクセントを加え、Q7SUV感が引き立ちます。

実用品でも絵になる高品質ルーフボックス

SUV感ならラグジュアリーSUVの頂点に立つQ7には、スキー&ラゲッジボックスもよく似合います。ボディサイズによってはラゲッジボックスが大きく映り、悪目立ちするクルマもありますが、フルサイズSUVQ7は違和感なく収まります。

Q7らしいプレミアムを感じさせるのはボックスサイドのアウディマーク「フォーシルバーリングス」がステッカーではなく、立体エンブレムになっていることや、ボックスサイズに合わせた専用バッグ3種類も用意しているところです。それらルーフボックス専用バッグはボックス内に収めた際、しっかりと固定できる機能もあります。

SUVらしくラゲッジアイテムは充実

Q7ラゲッジスペース5人乗り仕様で通常時890リットル7人乗り3列シート仕様でもサードシートを格納すれば770リットル容量を確保。もちろんセカンドシートまで倒せば、ミニバンにも匹敵する容量使い勝手を実現します。

そんなラゲッジルームをさらに有効に使えるアイテムは豊富です。中でもラゲッジパーティショングリルセンターパーティションを利用すれば、荷室をより効率的に使えます。特に重宝するのはペット同乗させる機会のある方でしょう。

室内荷室をキッチリと仕切れるので、愛犬を乗せてその上で荷物のスペースも独立させられるのは便利です。

ちなみに愛犬はラゲッジではなくシートに座らせたいという方には、安全に配慮したドッグハーネスやシート保護のためのペットプロテクトカバー純正アクセサリーで用意されています。

アウディユーザーなら純正ドラレコがおすすめ

今やドライブレコーダーマイカーをお持ちの方なら必需品になってきました。カーショップなどでも多くの種類のドラレコが売られていますが、Q7なら純正おすすめです。このドラレコはどちらかのOEM製品かと思いましたが、少なくともパッケージングは純アウディ謹製のようです。
アウディユニバーサルトラフィックレコーダーは専用のアプリを使用し、スマートフォン上でスムーズに操作が可能です。

走行中だけでなく、レーダー感知による駐車監視機能も搭載しており、万一のアクシデントも自動的に記録。GPSによる自車位置検知機能も備え、機能とデザインを両立させたスタイリッシュアウディ専用設計ドライブレコーダーです。スマホの専用アプリで操作や画像確認をするため本体モニターがない分、コンパクトに出来ていてバックミラー裏に隠れるから運転視界の邪魔になりません。

機能はもちろん、こういったデザインの良さや製品の2年保証も付いているところが純正アクセサリーならではですね。

アウディこだわりのチャイルドシート

アウディ純正ならではと言えば、チャイルドシートもかなりの拘りが感じられます。ドラレコと同じく単なるOEM製品ではなく、アウディすべてのモデルにおいて継続的な安全テストが実施されていて、欧州安全規格にも適合しています。

アウディらしさを感じるのは、インテリアの質感に馴染むよう優れたデザイン性も重視されている点。しっかりアウディロゴ刺繍入りで、年齢に合わせた3タイプはどれも”高品質”でイイもの感が伝わります。シート生地は厳しい品質基準に基づき専用開発されていますから、肌にやさしく通気性に優れお子さん快適に包み込んでくれます。

アウディゲッコーの由来を知っていますか?

アクセサリーカタログの最後の方には、アウディゲッコーをモチーフにしたエンブレムフィルムフロントガラスサンシェードゲッコーフレグランスマスコットなどが揃っています。いずれもワンポイント車内を飾るのがアウディオーナーの粋でしょうか。

ところでこのゲッコー、見ての通りヤモリのことですが、なぜヤモリアウディシンボルになっているかご存知でしょうか。

厳密に言うと「アウディの」と言うより「クワトロ(四輪駆動システム)シンボルなのです。

1980年代に登場したアウディ初四輪駆動システムを搭載したモデルがアウディクワトロというモデル名でした。このクルマは世界初フルタイム4WDシステムだったのです。その後ラリー等での活躍からクワトロという名称アウディブランドイメージとして定着。Q7もそうですが、今ではカタログモデル4WD車は全てクワトロと呼ばれます。

引用:https://garagedreams.net/

4つのタイヤを路面状況に合わせて駆動させるそのシステムを、地面4つの足でピタリと吸い付くヤモリに例えて設定されたマークなのです。

ということで既に40年以上の歴史を持つゲッコーマーク。”クワトロ乗り”の方ならぜひワンポイントで選んでみて下さい。

引用:https://audiwp.blog.fc2.com/

以上、アウディQ7おすすめオプションのご紹介でした。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>アウディQ7の値引き相場レポート!

Q7を安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
スポンサーリンク

メニュー