クルドラ

アウディA3シリーズのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

アウディを購入するとき、悩ましいのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

今回はそんなあなたのために、アウディで本当に必要なオプション、できればつけておきたいオプションを詳しく見ていきたいと思います。

アウディA3で必須のオプション

アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシスト(¥130,000)

アウディA3シリーズにはセーフティパッケージがオプションとして用意されており、必須装備と言えるでしょう。

車線維持機能のアウディアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストは高速道路などでの渋滞した状況で約65km/hまでの走行時のステアリング操作をアシストする機能でレーダークルーズコントロールに相当する装備です。

後方からの 接近車両を知らせる機能のサイドアシスト、車両後方にいる車をレーダーで検知してモニターに知らせるリヤクロストラフィックアシスト、衝突に備えて、前席乗員のシートベルトの緩みをなくすプレセンスベーシック、ハイビームアシストがセットオプションとなります。
価格は税込みで13万円となります。

このセーフティパッケージはデラックスオートマチックエアコンディショナー、アドバンストキー、アウディパーキングシステム、リヤビューカメラからなるコンビニエンスパッケージの装備が必須となるので注意が必要です。(価格は税込み28万円となりますがグレードによってはデラックスオートマチックエアコンディショナーが最初から装備されているため、21万円となります。)

できればつけておきたいオプション

LEDライトパッケージ(¥160,000)


できれば装備したいオプションとして、LED ヘッドライト、LEDリヤダイナミックターンインディケーター、インテリア照明のライティングパッケージからなるLEDライトパッケージがあります。

スポンサーリンク

LEDライトでアウディ車らしい外観が強まり、安全面にも貢献します。
価格は16万円(税込み)となりますがグレードによってはライティングパッケージが標準装備で14万円となります。

ラグジュアリーパッケージ(¥270,000)

LEDパッケージを内包し、さらにバーチャルコックピット、3スポーク革巻ステアリングホイール、マルチファンクションパドルシフトフラットボトム、フロントに電動調整機能の付いたパーシャルレザーシートが装備できるラグジュアリーパッケージも27万円で用意されています。

高額ではありますが価値のあるオプションで出来れば装備したいところです。

これらはバーチャルコックピットや3スポーク革巻ステアリングホイール、マルチファンクションパドルシフトフラットボトム飲みの装備がグレードによっては可能です。

ナビゲーションパッケージ

カーナビの用意されるナビゲーションパッケージも出来れば装備したいオプションのひとつです。

S line パッケージというスポーツバンパーやスポーツサスペンション、エンブレム、専用内装がラグジュアリーパッケージにプラスされたオプションもあり、32万円となりますラグジュアリーパッケージを装着するのであればスポーツ性を考慮して選択肢に入れても良いでしょう。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とはいえ無制限にお金を使えるわけではありませんよね。そこで大切になってくるのが

値引き額を把握すること
愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないこと

です。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>アウディA3シリーズの値引き相場は?評価、評判をチェック!

スポンサーリンク

メニュー