クルドラ

アイドリングストップの効果、デメリットまとめ

アイドリングストップとは

アイドリングとは、自動車やオートバイがエンジンが掛かっている状態で状態で停止していることを言いますが、走行していなくてもエンジンは作動しているため、排気ガスが排出されます。

アイドリングストップは停車中にエンジンを停止させることで、燃費向上や排気ガス排出抑制、燃料代抑制につながると言われています。

ただ運転者が運転中にその都度エンジンを停止することは難しいので、停止した際にエンジンが停止し、発進の際に自動で始動する自動アイドリングストップ機能がついた車種が増加しています。

アイドリングストップのメリット


アイドリングストップのメリットとしては、燃費の向上及び排気ガス排出削減につながるということです。

エンジンを再始動に要する燃料と5秒間エンジンを停止することで節約される燃料の量は同一で、5秒以上停止する場合はアイドリングストップした方が有利であり、その目安は10分間のアイドリングストップで約0.15Lから0.2Lが削減されると言われます。

また、排気ガスについては、同じく10分間のアイドリングストップを行うと約70gから100gの排出削減につながると言われます。

アイドリングストップのデメリット

アイドリングストップのデメリットとして、特に自動アイドリングストップ機能の付いた車種を購入する場合、改良されたエンジンスターターやエンジンを頻繁に停止、再始動をするためにバッテリーを頻繁に使用することから、バッテリーを大型化しなければならず、そのため車両本体価格が高くなります。

またエンジンの頻繁な停止、再始動によりバッテリー以外の装備品の劣化が早く進行します。

また、アイドリングストップによりエンジン停止中はエアコンが作動しないため、特に夏場においては過酷な車内環境になることがあげられます。

アイドリングストップ機能はキャンセルできる?

アイドリングストップ機能が付いた車種については、特に変更しない限りアイドリングストップがされますが、自動アイドリングストップ機能をキャンセル・解除できる機能も付いています。

スポンサーリンク

その方法は運転席にある自動アイドリングストップ機能をオフにするボタンを押すことです。

ただし、エンジンを切ってしまい再始動すると自動アイドリング機能が再びオンとなってしまいます。

それを防止するために、アイドリングストップキャンセルキットを使用するとオフ状態を記憶するので、エンジン始動の際にボタンを押すという手間からは解放されます。

アイドリングストップのキャンセル機能を自作する方法

アイドリングストップが搭載されている自動車の場合、停車の都度、エンジンが止まるのが煩わしくなり、純正装備のスイッチでキャンセルして走行しているケースがあります。

しかし、純正スイッチでのアイドリングストップのキャンセル機能はエンジンを切る度にスイッチを入れる必要があり、後付けのキャンセラーを利用するか自作するという方法を利用するしかありません。

後付けのキャンセラーキットは、メーカーによりピンキリであり、5千円前後で買えるものから1万円以上のものなど幅が広くなりますが、自作なら1000円以下で導入できることもあります。

自作は難しいということもありますが、電子工作が好きな人なら簡単にキャンセラーを作ることができ、回路図面もインターネット上で検索することが可能です。

自作をすれば、車種によっては300円程度で制作することも可能ですが、より手軽にアイドリングストップをキャンセルする方法として、エンジンスタートと同時に純正スイッチがONの状態になる方法です。

この方法なら複雑な回路は不要で、リレーをスイッチ部に取り付けるだけです。
つまり、エンジンが回っている状態ではリレーに電気が供給され、スイッチがONという信号をコンピュータ側に認識させることも可能です。

これならリレー1個と配線のコネクタ程度で済みお得であり、元に戻すことも容易です。
電子工作が好きで、アイドリングストップが嫌という方は自己責任にはなりますが、試してみるのも良いと思います。

まとめ

アイドリングストップ機能は、燃費向上と排気ガス排出の抑制につながるということですが、自分の運転の方法や道路状況等によってアイドリングストップによって節約された燃料以上に消費してしまうというケースもありえます。

またアイドリングストップ機能の付いた車種を購入する場は車両価格が高くなり、また頻繁なエンジンほ始動・停止によって装備品(特にバッテリー)の劣化が早くコスト的な面もあります。

アイドリングストップ機能をオフにするということも可能ですが、自己の運転方法を含めて総合的な判断が必要です。

スポンサーリンク

メニュー