クルドラ

【危険度S級】車の運転中のスマホ【罰則は?】

運転中のスマホ操作、危険ですよね。
少し前は運転中にポケモンGOをしていて事故を起こしてしまったニュースで大騒ぎになりました。
今回は運転中にスマホをいじる行為がどこまでダメなのか、罰則はどうなっているのか?詳しく見ていきたいと思います。

まずはどれくらい危険かをわかってもらうためのPR動画を入手しましたので是非ご覧ください。

あまりにも悲惨な事故のシーンですよね。私もこれを観て、運転中にスマホをいじることは絶対にしないと誓いました。

運転中の携帯電話使用は全て違法なのか?


道路交通法では、運転中に携帯電話を手に保持する行為や画面を注視する行為を禁止しています。

手に持つ行為は片手運転となり自動車がふらつくなど危険な動作になると判断されており、咄嗟の動作も難しくなります。

画面を注視する行為は、運転に必要な視覚的判断を損なうという見解になります。

「使用」という行為が何を行うかにも寄りますが、メールを打つ又は時間を見る、通話をするという行為は全て道路交通法違反となります。しかし、携帯からカーオーディオに音楽を飛ばし聴くという行為も「携帯使用」という意味では同じですが、先述の行為が無ければ違反とはなりません。

もちろん、運転中に選曲などの行為を行った場合は一瞬であっても違法となります。

携帯電話使用違反の定義、違反行為の範囲とは?

道路交通法で定める違反の定義は、
 ①通話等の目的で手に持つ行為。
 ②画面を注視する行為。
以上2点を禁止行為としています。しかし、除外項目も存在し、「救護又は公共の安全維持の為の通話」は除外となります。
 除外行為の例としては、「高速道路を走行中に落下物を発見し警察又は道路管理者へ通報した」「人身事故が目の前で発生し、やむおえず走行中に通報した」などがあります。これは、第一条件として当該車両が安全且つ他の車両の迷惑にならない場所に停止することにあります。高速道路等で緊急時以外に路側帯への停車等は禁止されています。なるべく駐車スペースでの通報が良いとはされていますが、警察官の裁量により免除と判断されることが大半となります。

スポンサーリンク

信号待ちでスマホをいじるのもダメなの?


道路交通法では駐停車中の使用は禁止されていません。しかし、信号待ちで携帯を操作中に信号が変わり前走車が発進したことに気づかず発進が送れ後続車に迷惑を掛ける行為は違反となります。運転手は円滑に走行する義務を負っています。この場合、走行妨害等で違反とされても仕方ありません。

信号待ちという定義が法律上は存在しませんので、法律で良しとされていても警察官や弁護士によっては携帯電話を使用するには相応しくないと判断されるケースも多くあります。

各都道府県によって条例で禁止しているところもありますので、全国一律問題無いという判断ではありません。

カーナビの操作も違反?


画面を注視する行為で違反となります。純正カーナビは停車しないと操作出来ないような設定になっています。昔はパーキングブレーキで判断しており、配線加工で解除する車両が増えた為、今は車のスピードメーターをコントロールしている車速センサーから停車中か走行中かの信号を拾って判断しています。

これにより、原則的には解除出来ないシステムになっています。カーナビを操作する又はテレビやDVDを見ることは全て違反となりますので注意が必要です。停車中に操作するよう心がける必要があります。

携帯電話使用等違反の罰金はいくら?

Referee showing a red card on white background


道路交通法第71条5項の5では、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金という反則金では無く罰金刑となります。平成11年に施行された当時は、該当行為により事故を起こした場合に刑事罰となっておりましたが、平成16年から事故を起こさなくても、この行為自体が事故を誘発しかねない行為という観点から当該行為自体が刑事罰対象となりました。

罰金刑は反則金制度と違い、裁判所での略式裁判を経て刑事罰となります。罰金刑を受けることにより懲役刑を免除する制度ですので、罰金を支払わない場合は懲役刑となります。

まとめ

クルマを運転する人は、同乗者の運命も一緒に載せています。「ほんの少しなら」という油断から取り返しのつかないことになりかねませんので、運転中の「ながらスマホ」は絶対にやめてくださいね。

スポンサーリンク

メニュー