クルドラ

MT車は絶滅する?根強い人気を誇る理由とは

MTが根強い人気を誇る理由


車の免許を取ったばかりのドライバーの中でも元々車を運転する事に夢をみていた人やモータースポーツが好きな人にとっては、MT車の良さはAT車で味わうことが難しい事が最大の理由になります。

元々排気量の大きな車の場合には近年のAT車の技術向上からMT車との差が少なくなっている傾向はあるものの、加速時のギア変速の楽しみや速度を下げる時のエンジンブレーキなどの感覚はMTでしか味わう事ができないというのが本音だといえます。

確かにスポーツカータイプの車の中にもAT車は存在しますが、やはり車が好きな人からみれば、音や感覚に関してはAT車よりもMT車の方が勝っているという評価になる傾向があります。

その他の理由として言われている事は、AT車を運転していると眠くなってしまうという人やフットブレーキに頼る傾向があるので感覚的にあまり心地よくないという評価をする人もいます。これらの事は直接的にMT車の人気の証明という事にはつながりにくい面もありますが、操作性や挙動という意味合いでとられば人気という言葉を用いる事も可能だといって問題はないといえます。

やはり多い?ATのメリット


AT車の最大のメリットは運転操作が容易だという点になります。特に坂道や渋滞時などでのクラッチ操作がなくなる事で、坂で下がってしまったり、エンジンストールという現象からの回避を望める点は安全性という意味でもメリットになります。

以前はMT車の方がAT車に比べると燃費の面で優っているというケースもあったようですが、現在のAT車は充分な技術向上により、多くの方向性から燃費の良い車を完成させています。操作の仕方によってはむしろMT車の方が燃費が悪くなる事も考えられますので、燃費面を考えるのであれば、無理にMT車を購入しなくても良いといえます。

道路の渋滞や個々の運転技術の向上を考えるのであれば、確かに教習所でMT車を運転できるようになっている事で、実際に道路に出た時にAT車の運転操作がMT車に比べるとかなり簡易化されている事で運転にゆとりが持てるというような考え方も可能にはなりますが、基本的にAT車でも同じように安全に気を配る事で走行面だけでなく、精神的にも、運転技術の向上にもつながるといえます。

先進安全・予防安全装備との相性がいいのはAT


特殊なケースや考え方を除けば、基本的にAT車の方が様々な点で優れていると考えて問題はないです。

雪道などでの走行は状況によってはAT車よりもMT車の方が安全に走行できるケースも考えらますが、現状のAT車の場合には、雪道で基本となるタイヤの性能の向上やチェーンの取りつけの簡易性などから考えても充分にAT車で対応が可能になりますし、操作性の上でもかなり運転技術が高いドライバーであれば、MT車の特性を活かした回避方法なども利用できます。

しかし、一般的なドライバーの場合にはかえって事故の危険性などにもつながる事から、多くの場面で考えてもAT車の方が様々な面において安全な運転が可能になる可能性が高いといえます。

MT車は絶滅するのか?

近年のAT車の技術向上を考えるとMT車の活躍の場面は限られる傾向になる事は否めませんが、車種によってはやはりMT車の方が良いというケースもあります。

スポンサーリンク

特に大型トラックなどにみられる事になりますが、低速ギアを使う事が多い場面も多い事や営業的に企業で使用をしている場合には購入経費なども考えると現状ではMT車の存在は必要だと考えらます。

車の運転が本当に好きな人の中には、MT車以外は運転をしたくないというような人も存在しますし、AT車のようにあまりにも簡単に運転が可能になってしまう事が、現在の自動車の増加による渋滞や事故の発生も完全に否定をする事はできないことからも、MT車が完全になくなることは難しいといえます。

MT車好きの口コミ

「車を動かしている」という感覚がAT車よりも強い

34歳 愛知県 走りやゴローさん
カーレースを見て車好きになったのでMT車に興味を持ち、実際に乗ってみると「車を動かしている」という感覚がAT車よりも強いことがMT車を選ぶ理由です。

AT車はエンジンの出力をトルクコンバータで無駄にしている感がありますが、MT車にはクラッチ直結で伝達ロスなく地面に出力が伝わっているという感覚があって、アクセル操作にダイレクトに反応するフィーリングが楽しいと思います。

このダイレクト感はATやCVTではまず味わえません。

速度、エンジン回転数、アクセル開度、交通状態を考えながら最適なギヤを選んで走行しなければならないという部分も面倒で疲れるものではありますが、それを難なく行うことで「乗りこなしている」という達成感もあります。

近頃のAT・CVT車は制御が精密化して性能が良くなり、昔は圧倒的だったMT車の燃費アドバンテージが消えつつあります。

しかし車を選ぶ理由は燃費だけではないので、「乗っていて楽しい」と強く感じるためにMT車を選ぶのも間違っていないと思います。

慣れてしまえばMTもATも同じように乗れますし、何よりMTだと車両価格が低く設定されている車が多い、という利点がありがたいところです。

スポーツカーでATを乗るのは、オシャレ感、スポーツカーでMT車に乗ると、1速でどこまで引っ張る事が早い加速に繋がるか

41歳 奈良県 鹿太郎さん
MT車を選ぶのは、スポーツカーを購入する時です。
セダンタイプでも、MT車に乗ると加速感を少しは感じますが、運転動作の面倒くさい所を考えると、セダンタイプではAT車にします。

逆にスポーツカーでATを乗るのは、オシャレ感でスポーツカーに乗っている感を感じます。
スポーツカーでMT車に乗ると、1速でどこまで引っ張る事が早い加速に繋がるかが、とてもたまらない感覚があります。

2速に入れるタイミングで、早かったり遅かったりすると、初速から目的スピードに到達する時間が大分変わる為、そのギアチェンジを楽しむ所は、MT車ならではのメリットだと思います。

加速と減速がMT車の醍醐味だと思います。
減速では、微妙な減速をギアダウンによりできたり、強いエンジンブレーキをかけるのもMT車でないと難しいかなと思います。

MT車は運転が面倒に思われがちだけど、慣れるとドライバーの意思で操作できることが多く、融通が利く

58歳 福岡県 DDGGさん

車を購入する際、MT車が選ばれる理由としてAT車に比べ、車体価格が安くなることや燃費が良くなることです。MT車の場合、ミッション構造が機械的になっているため、AT車に比べ10万円程安くなるケースがあります。

また、燃費の面ではギア比を道路状況に合わせて任意に選択でき、燃費向上を図ることも可能です。特に、車体が加速状態にあり、惰性で進む場合はニュートラルにギアを入れることで、エンジン回転数が下がりより燃費のよい走行が可能です。また、緩い坂道であれば、ニュートラル走行でガソリン消費を削減できます。

さらに、エンジンブレーキを適切に選択できるため、スピードコントロールが行い易く、安全運転にも直結します。
MT車は運転が面倒に思われますが、慣れるとAT車と変わりなく運転ができる上、ドライバーの意思で操作できることが多く、融通が利くというのが特徴です。

また、AT車の場合、ミッションの破損で走行が出来なくなるものの、MT車であればセカンドギアで走行が可能であり、トラブル発生時も対策方法があります。

スポンサーリンク

<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら