クルドラ

残価設定型クレジットで車を買うと得なの?デメリットも解説!

車を買う際の残価設定ローンとは?


残価設定ローンは、自動車の3年後または5年後の査定額を予め差引いて、分割払いしていく方法です。

簡単に言えば、自動車の下取り額が差し引かれた残額を分割支払いすることとなり、毎月の支払額が抑えられるというものです。

その他にも、車検費用やメンテナンス費用などもすべて含まれるため、利用者自身が手出しする費用がガソリン代や任意保険料といったことになります。

ただし、ちょっとしたカラクリもあり、金利が車体価格やサービス費用全般に含まれるため、3年後や5年後の残価が差し引かれた金額に利息が発生するのではなく、自動車全般に掛かる利息が請求されます。

それだとしても、自動車を一括購入し、高い支払をするよりも低額で抑えられるのは、現在のライフスタイルに合った購入方法と言えます。

残クレのデメリットは?

残価設定クレジットで自動車を購入すると、月々の支払やメンテナンスや車検費用面でメリットがあります。

しかし、デメリットとして一番挙げられるのが、契約期間を過ぎ自動車をディラーから引き取る際、総支払額が高額になることがあります。

その他に、契約期間でディラーが引き取る場合、走行距離や車体の状態(外装の傷や汚れ、車内の汚れ状況)などで追加費用が発生してしまいます。

意外に気付き難いのが車体の下側であり、気付かない内に傷が付いていたり、融雪剤による腐食などが目立つと大幅減額の対象です。

さらに、通常の自動車購入と異なり、支払った金額分の財産が無いため、新車を購入する際の下取り金が頭金に補填できないという問題もあります。

残クレは2重に金利がかかる?

自動車を残価設定型クレジットで購入する際、2重に金利が掛かるといったことが騒がれますが、これは支払った金額に金利が発生しているだけと考えていることに拠るものです。

しっかりと残価にも金利がしっかりと掛けられており、支払額と支払う必要の無い金額で利息が生じてしまいます。

実は、通常購入では200万円の自動車と同様に金利自体は総額に掛けられており、途中でディラーに返してもそれまで支払った金額に200万円分の利息がちゃっかりと請求されてしまいます。

スポンサーリンク

本来であれば、100万円しか支払っていないのに200万円分の利息が発生している訳ですから、毎月の支払に大きな無駄が生じます。

結果、残価が残っている自動車を最終的に購入してしまうと、残価設定クレジット以外のローン購入よりも割高になります。

残クレは通常のローンよりも金利が高い

残価設定ローンの金利は、銀行が提供するマイカーローンより最大3%から最低1%ほど高い傾向にあります。

高いといっても、金利4%前後なのでマイカーローンを提供していない銀行から融資を受けて自動車を購入する際、多目的ローンやカードローンを利用することになります。

このような場合、多目的ローンは7~10%、カードローンでも9~15%となり、残価設定ローンよりも高くなります。

また、ディラーローンでも信販会社系では金利4~8%と高く、残価設定ローンの比較を銀行のマイカーローンと比較すると若干高めという程度です。

残価設定ローンの金利は高いと感じることはありますが、自動車取得に利用できるローンの金利と比べれば、まだまだ上があります。

まずは、銀行のマイカーローンから検討し、次に残価設定ローンというのが今の金融事情に合っています。

残クレで得をするパターンとは?

自動車を残価設定クレジットでも、お得になることがあります。

まず、自動車の総支払額は最終的に購入すると高くなりますが、簡単に言えば毎月に支払額が抑えられるなら、3年または5年後でディラーに返すことです。

特におすすめなのは、3年毎の乗り換えであり、自動車の維持に掛かる費用全体を考慮することです。

車体購入価格自体に目を向けがちですが、新車購入から次の車検まで3年、それ以降は2年毎に車検となり費用が発生します。

ディラーに所有権があり、車検費用やメンテナンス費用も組み込まれているため、定期的に乗り換えれば維持費が抑えられます。

そして、注目したいのが自動車保険料であり、新車割引を適用することです。

意外に見落としがちですが、新車割引が適用されたり、新しい安全装置が搭載されることで保険料を抑えられるという面があります。

それ以外にも日常的に発生するガソリン代ですが、燃費の良い自動車に乗り換えるだけで出費を抑えることにも繋がります。

スポンサーリンク

<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら >>https://kaitori.carview.co.jp/