クルドラ

買って後悔しないために知っておきたい、エクストレイルの不満点、欠点のまとめ

ぶっちゃけエクストレイルはこれだけ人気のある車ですし、不満点も他のクルマと比べて少ないのは間違いありません。

雑誌やネット上にも良いことばかり書かれています。

しかし、購入した人みんなが大満足か?

と言われれば、そうではないでしょう。

最近はステマも多いですし、車雑誌や大手のWEBサイトは自動車メーカーがスポンサーですから悪く書けるはずがありません。

なにが本当の情報なのかを見分けるのがとても難しくなっています。

「思っていたのと違った」

「期待してたのにガッカリ」 

といったことにならないようにしたいですよね。

実は管理人は車関係の仕事をしていますので、エクストレイルに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、現場の「生の声」を元に

車雑誌やWEBサイトにはけっして載るのないエクストレイル購入者の不満点、欠点をまとめました。

購入する前に確認していただけるとお役に立てるのではないかと思います。

当サイトは管理人の趣味で運営していますので、真実を包み隠さず書いていきますね。

インテリアに関する不満

収納スペースが少ない

収納スペースの少なさはエクストレイルのユーザーの多くが感じているようです。

「運転席回りの収納スペースが少ない」
「ドリンクが置きにくい」
「小物入れが少ない」

などの口コミの他にも

荷台も狭い

「荷台が狭い」

という口コミも多いです。

ベビーカーを乗せたらいっぱいになる程度のスペースしかなく、小さなお子さんが居る家庭やアウトドアで荷物をがっちり積みたい方は不便を感じるでしょう。

 

シートがフルフラットにならなくなった

旧型エクストレイルではフルフラットにできたのですが、それができなくなったことで不満の声もあがっています。

後部座席のシートを倒してもフルフラットにならず、車中泊をする際に少しの段差が気になってしまうのが不便です。」

また、「パッと見は高級感があるように感じるがだんだんと安っぽさが目に付くようになる」

のような、なんだか悲しくなるような口コミもありました。

インテリアへの好意的な意見

逆にインテリアに関して好意的な意見としては

「シートが防水仕様になっている」

「雪国なのでシートヒーターが標準装備なのはうれしい」

「シート素材は高級感があって非常に良いと思う」

などがありました。

加速&エンジン音に不満

「アクセルを踏み込んだ時のモッサリとした加速感」

「安っぽいエンジン音」

「2リッターエンジンでは非力」

と加速とエンジン音に関する不満の口コミが多数ありました。

 

1.5トン超の車体重量に、4気筒2.0エンジンが非力すぎて期待していたほどの加速を得られずに不満な方が多いです。

2.5Lエンジン並みのパワーが売りらしいですが、やはり2Lなので非力さは否めずうるさいです。

信号待ちからの発進、高速道での追い越しや登坂路では、特に不満を感じる場合があるでしょう。

エクストレイルにはハイパワーのガソリンエンジンがないのが欠点と言えます。

乗り心地

乗り心地は、固いと感じている人が多いです。

路面の継ぎ目や凹凸を感じやすく、もう少し柔らかくてもいいという意見が多いです。

ロードノイズが大きい

ロードノイズに関して不満な口コミでは、

「高速では助手席との会話も聞こえづらい」

「乗り心地はやや固め。凹凸を拾うのでフラットな乗り心地とは言えない」

「高速ではかなり大きいロードノイズになる」

などSUVですのである程度のロードノイズは仕方ないにしてもどこまで許容できるかは購入前に考えておくようにしたいですね。

安全装備のほとんどがメーカーオプション

エクストレイルにはオプション設定になっている安全装備が多いです。

■新型エクストレイルに標準装備されている安全装備機能
・インテリジェント オートライトシステム
・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・LDW(車線逸脱警報)
・運転席/助手席エアバッグ

■メーカーオプション設定になっている安全装備機能
・ハイビームアシスト
・インテリジェント ルームミラー
・インテリジェント パーキングアシスト
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・運転席/助手席サイドエアバッグ
・カーテンエアバッグ

スポンサーリンク

カーテンエアバッグや運転席や助手席のサイドエアバッグは今後はヨーロッパに倣って義務化される可能性も高いですし、メーカーが率先して標準装備にしていってほしいところでした。

ちなみに、メーカーオプション設定になっている安全機能を全部装備すると、50万円弱かかります。

競合他社と比べて価格が安いのがエクストレイルのメリットではあるのですが、安全装備を一通り付けるとむしろ高くなるデメリットが浮き彫りになってしまっています。

オプションがセットパッケージになっている

「セットオプションが多く要らないものを省けない」と不満の口コミがあります。

余計なものはいらないので、自分の欲しいものだけをチョイスできる形にしてもらいたいですよね。

状況によっては燃費が悪い


基本的には燃費は良いとされるエクストレイルですが、下記のような条件の時に燃費が悪化します。

・冬場

・市街地(ガソリン車)

・エアコン(ハイブリッド車)

ガソリン車はパワー不足

「エンジンが非力で、もっさり感がある」
「レスポンスが悪い」

ハイブリッドはモーターの短さと悪さが欠点

ハイブリッドエンジンの欠点は、モーター絡みのものに不満が集中していました。

「ほとんどモーター走行しないので、燃費がガソリン車と変わらない」

といった意見もありました。

燃費が一緒なら価格が高いぶんだけハイブリッド車は損してしまいますよね。

少数派の意見だけど、気になる欠点

少数意見として下記のようなものもあったのでご紹介します。

「ルームランプが暗い」

「スイッチ類周辺が安っぽい」

「感触がイマイチな合皮」

「ナビ位置が低すぎて運転中に見づらい」

「車体が大きいので駐車がたいへん」

良い口コミ

肯定的な口コミには以下のようなものがありました。
「釣りにでかけるので防水シートはありがたい」

「シンプルで、機能的かつシートの質感が良い」

「標準装備のシートヒーターが購入の決め手」

「すべてのグレードに、予防安全装置の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)とが搭載されている」

ここまでエクストレイルの欠点を中心にみてきましたが、総合的に見れば良いクルマであることは間違いありません。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>エクストレイルの値引き相場は?評価、評判をチェック!

エクストレイルを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


エクストレイルの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

メニュー