クルドラ

日産新型セレナのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

セレナを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

ハイウェイスター プロパイロットエディションの特徴



ハイウェイスタープロパイロットエディションは3ナンバー登録になることが特徴で、「G」はより装備が追加されます。同一車線自動運転技術のプロパイロットが装備されることが最大の特徴といえます。

踏み間違い衝突防止アシスト、進入禁止標識検知、フロント&バックソナーもプロパイロットとセットで装備されます。3ナンバーの幅となっていますが室内空間は5ナンバーのタイプと同等となります。

エンジン周りはセレナと共通になっており、燃費の数値も同等です。ハンズフリーオートスライドドアなどの装備が可能です。

Sの特徴



セレナSはシリーズで最も本体価格の安いグレードで、アイドリングストップ及びスマートシンプルハイブリッドは装備されないため、セレナシリーズでは最も燃費の劣る一台となっています。

最廉価グレードですがエマージェンシーブレーキと車線逸脱警報は標準装備されます。ワンタッチオートスライドドアは助手席側に装備されます。

プロパイロットを覗いたその他の先進安全装備はセットオプション設定されますがインテリジェントパーキングアシストと前席のSRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステムは装備することができません。サイズは5ナンバーに収まるものとなります。

Xの特徴



セレナXはアイドリングストップ及びスマートシンプルハイブリッドが装備されるタイプでは最も低価格なタイプとなります。ワンタッチオートスライドドアは助手席側、両席、非装備がオプションで選択することができますエマージェンシーブレーキと車線逸脱警報は標準装備されます。

プロパイロットも装備可能で、その他先進安全装備はセットオプションで装備されます。インテリジェントパーキングアシストと前席のSRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステムが装備可能となります。サイズは5ナンバーに収まるものとなります。

スポンサーリンク

Gの特徴


セレナのGグレードはハイウェイスターではないセレナの中では最も高価格の上級グレードで、LEDヘッドランプなどが標準装備になります。両側ワンタッチオートスライドドアが標準装備で他のスライドドアを選ぶことはできず、サードシートのドアスイッチなども標準装備されます。

プロパイロットも装備可能で、その他先進安全装備はセットオプションで装備されます。インテリジェントパーキングアシストと前席のSRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステムが装備可能となります。15インチアルミホイールが標準装備され、サイズは5ナンバーに収まるものとなります。

ハイウェイスターの特徴


セレナハイウェイスターは専用バンパーなどを装備している関係で3ナンバーとなりスタイルも迫力あるものとなっています。スライドドアはより高機能なハンズフリーオートスライドドアが助手席側または両側に装備することができます。(非装備も可能)

走行メカニズムや装備できる先進安全装備などはXなどとほぼ同等で、プロパイロットも装備可能です。サスペンションなどは専用のものとなります色はツートンカラーを含めた12色から選ぶことができます。価格はXグレードより高く、Gグレードより安くなっています。

ライダーの特徴



ライダーはセレナのXグレードをベースにビレットグリル、専用テールフィニッシャーの装備や前後バンパーが専用のものとなっているスタイル重視のグレードで、専用のアルミホイールも用意されます。
全長や全幅がセレナシリーズでは最も大きくなっており、3ナンバー車となります。色はツートンも選べますが全6色となっています。

同一車線自動運転技術のプロパイロットも装備可能です。室内は専用のステッチのシートが装備でき、内装も専用のステッチが施されていますが、室内空間の数値などは他のグレードと同等です。

プロパイロットエディションとハイウェイスターの違い

プロパイロットエディションはハイウェイスターに同一車線自動運転技術のプロパイロットを装備したグレードと言ってよく、エンジン周りのメカニズムや車体サイズや内装などはほぼ同一です。ただしホイールは16インチのものが標準装備となっています。

踏み間違い衝突防止アシスト、進入禁止標識検知、フロント&バックソナーの先進安全装備もプロパイロットエディションには標準装備されます。ハンズフリーオートスライドドアなどハイウェイスターに装備可能なものはプロパイロットエディションにすべて装備されます。

おすすめはどのグレードか

プロパイロットエディションは装備面とスタイルの面では最もおすすめな一台といえます。スタイルが好みであれば高価格にはなりますがライダーのプロパイロット装備車も選択肢としては良いでしょう。運転のしやすさで5ナンバーにこだわるならばXグレードまたはGグレードにプロパイロット装備可能するのも良いでしょう。

プロパイロットが不要という方はハイウェイスター、Xグレードをベースにスライドドアの利便性を考えた設定にするのがおすすめです。Sグレードは低価格ですがアイドリングストップシステムが無いことなどおすすめできるポイントが弱めです。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/